失敗を極端に恐れるのはなぜ?長男を変えた言葉とその後の成長

失敗を極端に恐れるのはなぜ?長男を変えた言葉とその後の成長

Bu facebook
Bu twitter

些細な失敗ですぐ泣き崩れ、人と遊ぶことを楽しめない長男

失敗を極端に恐れるのはなぜ?長男を変えた言葉とその後の成長の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038018558

テストで間違ったり競争で負けたりし、悔しい思いをすることは誰にでも1度はあると思います。
でも、間違うことや負けることを極端に恐れ、思い通りにならないと泣いてパニックになる子どももいます。

こうした子どもたちは、どれだけ励ましても気持ちの切り替えが難しいようです。我が家の長男も切り替えの苦手な子どもでした。

子どもが好きで教員になった私は、
「自分に子どもができたら、いっぱい遊んであげよう!テレビより、外遊びやみんなで遊ぶことの楽しさを教えてあげよう!」
と思っていました。

…ですが、長男の子育てで、それがどうにも上手くいかないことに気づいたのです。

小さい頃から、自分の気に入った遊びに1人黙々と没頭することの多かった長男。それでも諦めず、カルタやすごろくなど彼の好きなキャラクターものを揃え、遊びに誘っていました。

でも、ちょっと自分が不利になったり失敗したりすると、とたんに「もうだめだ~、負けちゃった~!!」と大泣きするのです。

「まだわからないよ、勝てるかもしれないよ!」と励ましたり、「負けても楽しめばいいんだよ」と諭したりしても、一向に聞き入れてくれません。

だんだん私も、彼の機嫌を損ねないよう気を遣いながら遊び相手をすることに疲れてしまいました。次第に、テレビに子守りをお願いすることが増え、理想の子育てとはかけ離れた現実に対し、罪悪感とイライラが募り、辛い日々が続きました。

なぜこんなにも失敗を恐れるの?気になって通級の先生に相談したところ…

失敗を極端に恐れるのはなぜ?長男を変えた言葉とその後の成長の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132112124

息子が小学校にあがると、勉強の面でも失敗による苦手意識が目立つようになりました。

テストで100点がとれなかった、平仮名が上手く書けなった…そのうち、問題を1問間違えただけで「もうだめだ~、ぼくはダメなヤツなんだ~!」と大泣きしてパニックを起こすようになりました。

そんな彼にイライラし、疲れ果てていた私は通級の先生に相談してみたのです。すると先生に、

それは『白黒思考』の特性ですね。発達障害のお子さんには多いんですよ!

と言われたのです。

4. 悉無律思考(しつむりつしこう)
別名、白黒思考といいます。物事を白か黒で判断し、グレーゾーンを認めない気質です。

(LITALICO発達ナビ「適応障害とは?ストレスで心身の不調を感じていませんか?タイプ、原因、治療法、重症化予防法を解説」より)

https://h-navi.jp/column/article/35025867

長男が失敗を恐れる姿を、「わがまま」「ネガティブな性格」のせいと考え、つまりは自分の子育てに問題あると思っていた私。
先生の言葉を聞いて「失敗を極端に恐れるのは発達障害の特性の1つなんだ!」と知ることができ、正直ホッとしたのでした。

それと同時に、努力ではどうしようもない特性に振り回され、1番辛いのは長男自身なのではないか…と、改めてそのことに思い至ったのです。

先生からは、
「ものごとには 白と黒だけではない、グレーもあるんだよ!ということを知ることが大切なんです。」

とアドバイスされました。

先生のアドバイスを元に、最初に変えたのは私の態度。次に取り組んだのは…

失敗を極端に恐れるのはなぜ?長男を変えた言葉とその後の成長の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038009158

特性が理由だとわかった私は、早速長男への接し方を変えることにしました。
まず、1回失敗すると「もうだめだ!」と考える長男に、「失敗しても大丈夫」ということを繰り返し伝えていきました。

以前は、飲み物をこぼしたり何かをなくしたりするなど、ちょっとした失敗を目にすると、私もついつい「ムカッ!」とした態度を出していました。

それを反省し、長男が失敗しても「怒らず、慌てず」を心がけることにしたのです。

「大丈夫!こういうときは拭けばいいんだよ。」と一緒に後始末をし、探し物を一緒に見つけた後は「ほらあった!探せば見つかるね。今度は、どうしたら探さずに済むかな?」と解決策を考えさせます。

「失敗は、してもいいんだよ。失敗すれば、次から失敗しないように活かすことができるから、むしろ失敗は成長するために必要なんだよ!」ということを、生活面でも勉強面でも、繰り返し繰り返し伝えていったのです。

根気よく声かけを続けてきた3年間。その後の長男の変化

失敗を極端に恐れるのはなぜ?長男を変えた言葉とその後の成長の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28208001608

3年ほど経った現在、長男は失敗をしても泣かなくなりました。
自分でできるときは自分で後始末をし、できないと思った時は「お母さんゴメンね、○○なんだけど手伝って。」と言えるようになったのです。

また、「友達が遊んでいてこんなズルをした、あいつは悪い奴だ。」などの白黒思考を話してくれた時は、気持ちを受け止めた上で、
「その子もすごく勝ちたかったんだね。でも前に、その子に助けてもらったことがあるって言ってたじゃない?」と 別の見方があることを示します。

「遊んでるときは、1回ぐらいズルされても『ずっるー!』とか言うぐらいで流してあげなよ。」
「あんまりズルばかり続けて周りの子も迷惑するときは、みんなで言うとか、先生に相談するとかすればいいよね。」と、具体的な解決策を伝えました。

失敗を極端に恐れるのはなぜ?長男を変えた言葉とその後の成長の画像

出典 : https://h-navi.jp/column/article/35025833

1番の悩みだった「勝負の勝ち負けにこだわる」については、「負けるのイヤだからやらない」という気持ちも尊重しつつ、少しずつ慣らしていくことにしました。

夫の発案で、「大人+子どものペアになってゲームをする」というのを試してみたところ、自分1人の責任ではないので気がラクになるようです。

もし形勢が悪いときには、ちょっと離脱させると気持ちをコントロールしやすいようです。気持ちが落ち着くと、「お父さんがペアになってくれるならトランプする!」と言えるようになりました。

すごろくやボードゲームなど、見た目ですぐ負けがわかってしまうゲームより、トランプやUNOなど、最後まで勝敗がわからない遊びのほうが合っているようです。

特にUNOは、「スキップ」や「ドロー4」などで形勢が次々に変わることで盛り上がりやすいんです!私たち周りが楽しんでいると、長男も一緒になってキャーキャー言って楽しんでいました。

悔しさは無くならない。それでも気持ちを引きずらなくなったのは、魔法の言葉があったから

失敗を極端に恐れるのはなぜ?長男を変えた言葉とその後の成長の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=30700000077

このような経験を重ねていくうちに、「負けても経過を楽しむことができる」ということがわかり始めてきたように思います。それでもやっぱり、負けると悔しがるし失敗すると落ち込んでしまう長男。

そんな彼に、魔法の言葉を教えました。それが「まあいっか!」です。

負けて悔しい、落ち込む様子をストレートに周りに見せたら、周りも嫌な気持ちに巻き込んでしまいます。だから、本心ではなくても「まあいっか!」と言ってごらん、気持ちを切り替えられるように持っていってごらん、と繰り返し教えたのです。

正直、彼の「まあいっか!」は、今でも腹立ち紛れに言っているのが口調で伝わってきます。それでも、言葉にすることで、思考が切り替えられていくようです。

少しずつ、本当に少しずつですが以前に比べたら自分で「まあいっか」と切り替えられるようになってきたように思います。

「白黒思考」で捉え方を狭めるのは、自分自身が1番辛いですし、悪い方に自分を追い込んでしまいがちです。その思考を叱ったり否定したりしても、本人にはどうしようもないこと。

世の中には、白か黒かでは決められない「グレー」の部分がいっぱいあること、だから完璧でなくてもいいこと、それらのことを根気強く伝えてきたことで、今の長男の生活は以前よりも肩の力が抜けてラクになってきたように思います。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup