贈与税の支払い。クレジットカードで便利に払いたいな!

贈与税の支払い。クレジットカードで便利に払いたいな!

Bu facebook
Bu twitter

昨年、ついに念願のマイホームを購入!購入にあたって、両親から多額の援助をしてもらったんだけど、相続税の住宅贈与の特例の枠すらも超えてしまって……贈与税を支払わなければいけなくなったの。この贈与税をクレジットカードで支払えたらとても便利なんだけど、支払えるのかな?

■クレジットカードで納税ってできるの?

「税金をクレジットカードで支払えたらな……」「どうせ納税するなら、ポイントが貯まるカード払いが良いな……」

そんな風に考えたことはありませんか?実は、贈与税のような税金でも、2017年1月4日からネット経由のクレジットカード支払いが可能になりました!ここで気になるのが、使用できるクレジットカードの種類ではないでしょうか。普段利用しているカードが対象外だとショックですよね。筆者も、カード払いで民間の生命保険契約をしたところ、利用しているカードが対象外だったという残念な経験があります。
しかし、今回はご安心ください!VISAやMasterCard、JCBはもちろん、アメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブといった、5大国際カードの全てで支払いが可能です。ということは、上記のいずれかがついているセゾンカードなどもOKということです。基本的には、どんなクレジットカードでも利用できるということですね!

また、贈与税がカードで支払えるということは、もちろん相続税もOKということです。なお、法人税や消費税、酒税といった多くの税金も対象となっています。よって、自営業(フリーランス)の方にとっては、特に便利になったといえるでしょう。ここでポイントになるのが、今回の対象は「国税」という国に支払う税金であるということです。国税には、原則として、納税義務者が最終負担者と一致する直接税(所得税、法人税、贈与税、相続税)と、納税義務者が必ずしも最終負担者とならず、サービスなどを通じて転嫁される間接税(消費税、酒税、登録免許税など)があります。

ちなみに、住民税や固定資産税は、国税ではなく「地方税」といいます。地方税に関しては、クレジットカード払いができるか否かは、お住まいの市区町村次第となります。とはいえ、筆者のような会社員は、地方税でも住民税に関しては給与天引きなので、あまりクレジットカードでの支払い可否は関係ありません。一方、毎年個人で納付している固定資産税は、ぜひともクレジットカードで支払いたいものですが、残念ながら筆者の住む市区町村ではクレジットカード払いは対応していませんでした……。このように、地方税はみなさんのお住まいの市区町村によって対応が異なりますので、気になる方は確認してみてくださいね。

■クレジットカード払いのメリット

クレジットカード払いをすると、そのクレジットカード会社の独自のポイントが貯まるということが最大のメリットです。納税する金額が高ければ、その分付与されるポイントも多くなります。せっかく納税するなら、クレジットカード払いでポイントやマイルを貯めたいですよね!クレジットカードをお持ちではない方は、これを機会にクレジットカードを作ることを検討しても良いかもしれません。クレジットカードによっては、「新規でお申込みすると、初年度無料、月末までに××万円以上ショッピングで利用すると、○○ポイントプレゼント!」等といった入会キャンペーンをやっていることもあります。
例)
セゾン・アメリカン・エキスプレスカード 特別ご入会キャンペーン

■クレジットカード払いのデメリットとは?

どうせ納税するなら、クレジットカード払いでポイントやマイルを貯めたいですよね。逆に、国税をクレジットカード払いに関して、何かデメリットはあるのでしょうか?

実は、クレジットカード払いの場合、納税者が決済手数料を負担する必要があります。国税庁長官指定の国税のクレジットカード納付専用サイトがあります。ここからクレジットカードで納税をした場合、以下の決済手数料(税込)が発生します。

(出典元:国税クレジットカードお支払サイト

仮に、10,000円の納税でポイント還元率が1%だった場合、ポイントが10,000円×1%=100円分、手数料が82円なので、カード払いのほうがお得ですよね。逆に、納税額が少ない場合は要注意です!もし、納税額が2,000円しかなかったとしても82円の手数料が発生するのに対し、ポイントの還元率が1%の場合、2,000×1%=20円分のポイントしかつきません。このように、納税額が少額の場合は、クレジットカードのポイントを考えても、損が出てしまいますのでご注意ください。

いかがでしたでしょうか?筆者のように、会社員の方は「国税」をご自身で納税するという機会はそれほどないかもしれませんが、自営業者の方はうまく活用して、お得に納税してみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup