都会でもできる!春の自然遊びアイデア6選

都会でもできる!春の自然遊びアイデア6選

Bu facebook
Bu twitter
都会でもできる自然遊び 春

春はお外遊びがますます楽しくなる季節です。ぜひ親子で自然遊びをしてみませんか?

「近くに自然なんてないわ」というパパやママもご心配なく!

都会の中の公園でも、春を感じられる自然遊びのアイデアはいろいろあるのです。今回はそのおすすめの自然遊びアイデアをご紹介しましょう。

近所に咲いているお花でOK!春の草花でしおりを作ろう!

春の草花と言えば、ナズナ、オオイヌノフグリ、姫踊子草、カラスノエンドウなどいろいろな種類がありますよね。

都会では、比較的簡単に見つけることができるさくらやタンポポも春を代表する花です。

このような草花を摘んできて、押し花にしてみましょう!作り方はとても簡単なので3歳くらいから挑戦できますよ。

まず草花を凹凸のないティッシュペーパーやキッチンペーパーなどで挟み、それを本などの間に挟み、上から重しを乗せておきます。

湿気のない場所で4~5日放置すると押し花が完成です!ラミネート加工を施してしおりなどにするのも楽しいですね。自分で作った草花のしおりは、きっと子供たちの宝物になることでしょう。

ひらひらと舞い落ちるサクラの花びらをキャッチ!

ひらひらとゆっくり舞い降りてくるサクラの花びらを、手や帽子、ビニール袋などを使ってキャッチするゲームも楽しいですよ。

パパやママと協力して、ハンカチの両端をもち、落ちてくるサクラの花びらをキャッチしてもよいでしょう。

「おしい!もうちょっとだったね」「すごい!サクラをつかまえるのが上手ね!」など声をかけてあげれば子供もやる気になってくれますよ。

子供の想像力をかきたてる葉っぱスタンプ

緑色の葉っぱが多い春ならではの遊びをご紹介します。

その名も「葉っぱスタンプ」です!葉っぱのきれいな葉脈の模様を画用紙にスタンプで写し取ってみましょう。

用意するもの

  • 葉っぱ(乾燥していないもの)
  • 画用紙
  • 厚紙
  • 木工用ボンド
  • 絵の具
  • 雑巾

まず、公園などで拾ってきた葉の裏側の汚れを濡らして絞った雑巾でしっかりふき取ります。

小さい葉や細い葉は葉脈のない面に木工用ボンドを付けて、厚紙に貼り付けておきます。

このとき、厚紙の端は、手に持ちやすいように少し折り返しておきましょう。

(大きい葉っぱはそのまま使ってOK)

次に葉っぱ全体に絵の具をつけましょう。絵の具の水分が多すぎると、葉脈の模様がでにくいので上手に調整しましょうね。

絵の具をつけた葉っぱを画用紙にスタンプのように押し付けて、裏側からしっかりこすります。

きれいな葉っぱだけでなく、穴のあいた葉っぱもスタンプにすると面白そうです。

子供と「この形は何に似ているかな」「この葉っぱは何色にしよう」などとたくさんお話しながら楽しみましょう。

ナズナをつかってぺんぺん太鼓を作ろう!

春の植物『ナズナ』を使って『ぺんぺん太鼓』をつくってみましょう。こちらもとっても簡単ですよ。

まずナズナの小さな葉の部分の根本を、茎に添って、そっと下にひっぱります。

ちょうど茎の皮を少しむくような感覚です。

こうすると葉っぱが半分とれかかって、下にぶらさがっているような状態になります。その状態のナズナを親指と人差し指で挟み、くるくると回すようにしてみると小さく「ぺんぺん」とかわいい音がなる楽器の出来上がりです。

カラスノエンドウで草笛つくりにチャレンジ!

道端でも見つけることができる「カラスノエンドウ」を使って草笛を作りましょう。

まずよく実のつまった太めのカラスノエンドウを探して、ヘタから取ります。

カラスノエンドウを割って、中の豆を全部出してしまいましょう。

内側の綿をきれいにとったら、ヘタのほうを1cmくらい切ってしまいます。

これでカラスノエンドウの笛ができあがり。

カラスノエンドウのカットした部分が口の先からでるように、奥深く口の中に入れます。

そして歯をたてることなく、唇でしっかり押さえ、吹いてみましょう。

詳しい作り方はこちら

絵本と組み合わせると、自然遊びへの興味も倍増!

春の草花が載っている絵本を読んだあとで、自然探しに出かけると、子供たちの興味も倍増します。

なかでもおすすめなのが、絵本「はっぱ はらっぱら はっぱっぱ」。(福音館書店/作・多田多恵子/絵・齋藤正光)です。一枚の葉っぱとのふれあいから生まれる発見がいっぱいの素敵な絵本です。

この絵本を読み聞かせたあと、外遊びにいけば、きっと子供達は葉っぱを探したり、びりびりと破いてみたり、葉っぱを使ってさまざまな遊びを創造していくことでしょう。

春は自然と遊ぶのに、最高のシーズンです。自然の中で遊ぶことで子供たちの感性はたくさんの刺激を受けます。サクラの開花とともに、ぜひ外に飛び出して親子で自然遊びを楽しんでみませんか?

▼関連記事 自然と触れあわないと心が育たない!?子供とキャンプを楽しもう!

PHOTO/Alexander Milgunov/Shutterstock 参照/ HOICLUE「ぺたぺた葉っぱスタンプ」 保育のお仕事「春を見つけにいこう!3月の外遊びで子どもと探せる季節のしるし」 ベネッセ教育情報サイト「遊びのヒント」 wakutuku「ぺんぺん草(ナズナ)のぺんぺん太鼓」 東海大学付属本田記念幼稚園「園長と草遊び その1 ピーピー笛」

関連コラム

子供を交通事故から守る!起きやすい交通事故の傾向と注意ポイント
小学校入学前から始めよう!性教育のためのおすすめ絵本6選
「ツナ缶」開けたら5分で完成!脳が喜ぶ朝食6選
紙の絵本とは違う効果も!?デジタル絵本の魅力とは

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup