実はあなたも貧困女子かも?その特徴と貧困女子にならないための備えとは

実はあなたも貧困女子かも?その特徴と貧困女子にならないための備えとは

Bu facebook
Bu twitter


最近増えつつある「貧困女子」、あなたはご存知ですか?所得が低く毎月カツカツな生活を送っている女性のことです。
今回はそんな貧困女子についてのお話です。

■貧困女子とは?

貧困女子とは、さまざまな理由により、生活が困窮状態にある女性のことです。具体的には低価格のアパートやシェアハウスに住み、それでも固定費を支払ったら残りは食費のみのため、欲しいものも買えずに日々の生活を送っている……そんな方を指します。
主な理由は、非正規雇用のため低賃金であることに起因しているようです。年収でみてみると、100万円~200万円の一人暮らしの女性が当てはまるかと思います。なかなか良い就職先に出会えず、思うような収入を得られないことが原因の一つなのではないでしょうか。なかには、日雇いやバイトのかけ持ちなど、忙しく働くことで無理がたたり、体を壊して仕事ができなくなってしまう……といった悪循環になってしまっている方もいるようです。

■あなたも貧困女子予備軍?その特徴とは

まず、上記のような方は貧困女子の真っただ中といえるでしょう……。よって、生活保護なども視野に入れ、収入を上げるために何ができるのか?を考えてみてくださいね。しかし、なかには低所得でなくても、毎月カツカツな生活を送っている方もいます。「えっ!?どういうこと?」と思われた方と、「ドキっ!」とされた方がいるのではないでしょうか。それほど低所得でなくても、ちょっと生活が苦しいわ……と心当たりのある皆さまは、「金銭感覚崩壊型貧困女子」の皆さまです!大きな原因は浪費癖によるもので、収入に対して、見合っていない浪費をしてしまっているのです。つまり、交際費や娯楽費を、決められた金額内ではなく、使いたいだけ使ってしまっている……そんな方は要注意です!では、具体的にどんな方が「金銭感覚崩壊型貧困女子」になりがちなのでしょうか?
以下のチェック項目を確認してみてくださいね。


□収入が少ない(年収100万円~250万円程度)
□家計簿をつけていない
□収入に見合った家賃ではない
□毎月の支出から余った金額を貯金に回そうとしている
□クレジットカードを常にリボ払いで利用している
□外食や飲み会が多い
□趣味にお金をかけすぎている


いかがでしたでしょうか?
チェックがつけばつくほど、「金銭感覚崩壊型貧困女子」ですので、今すぐ改善を検討したほうが良いでしょう。

■貧困女子にならないためにはどうしたら良いの?


では、貧困女子にならないためには、どうすれば良いのでしょうか?以下で、ちょっとした改善策を3つご紹介いたします。

1.自分の支出を把握する
自分が毎月「どのようなことに、いくらくらい使っているのか」を把握することが重要です。そうすることで、何に使いすぎているのかを把握することができ、節制につなげることができます。

2.収入に対する支出の割合を決める
事前に決められた金額以上は使わないようにすることで、無駄遣いを防ぐことにつながります。まずは、居住費=30%、貯金額=20%、固定費=15%、食費・交際費=25%以上の割合を目安に、月々の使用金額を設定してみましょう。

3. 貯金分は先に分けておく
余った金額を貯金に回そうと思っていると、余剰があるから……とついつい手を出してしまいがちですよね。これでは無駄遣いのもとになってしまいますので、貯金するべきお金は先に分けておきましょう。こうすることで、仮に手元のお金を全て使ってしまたとしても、毎月必ず貯金ができるようになりますので、着実にお金を貯めることができるようになります。

上記3つを行なっても、それでもなお生活費が足りないわ……という方は、転職や副業などで、今よりも収入を増やすことを視野にいれても良いかもしれませんね。とはいえ、まずは貯金体質になるためのベース作りが重要です。ブランドのバッグやお化粧品なども魅力的で素敵ですが、自分の収入に見合っていないものですとお財布が赤字になり、ブランド品以外はプチプラ……なんてことになってしまいますよね。これでは、せっかくのブランド品が浮いてしまい、宝の持ち腐れです!

貧困女子にならないよう、お財布にも心にも余裕のある、素敵な「貯金体質女子」を目指していきましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup