肌や環境にやさしい 「重曹」と「クエン酸」のお掃除テク5選

肌や環境にやさしい 「重曹」と「クエン酸」のお掃除テク5選

Bu facebook
Bu twitter
いまやナチュラル洗剤の定番といえる「重曹」「クエン酸」。ドラッグストアやスーパーで手軽に買えることもあり、家庭に常備している人も多いのではないでしょうか。


どちらも作用がおだやかな分、肌や環境への負担が少ないのが特徴。弱アルカリ性の重曹はこげつきの除去や消臭に、酸性のクエン酸は水あかの除去や除菌にと、水まわりの掃除に大活躍します。

そこで、とくに簡単で実用性が高い5つのテクニックをご紹介します。

■1. 「重曹」をクレンザー代わりに使って、鍋の焦げ落とし!

水に溶けにくい重曹の性質を生かして、料理中にこびりついてしまった汚れや焦げを落としましょう。鍋や魚焼きグリルの焦げつきは、重曹を振りかけた後にタワシなどで磨くとみるみる落ちていきます。汚れがひどい場合は、重曹入りの熱湯に浸けおきをしてからこすり洗いをすると効果的です。



■2. 水あか&くすみ取りには、「クエン酸」スプレー

まずは水100mlに対して小さじ1杯程度のクエン酸を加え、スプレー容器に入れた「クエン酸スプレー」を作りましょう。洗面所やお風呂の鏡に吹きかけて布でふき取ると、うろこ状の頑固な水あか汚れやくすみを除去できます。

カルシウムやミネラル分が白く付着した蛇口部分には、「クエン酸パック」がおすすめ。薄い布をかぶせてクエン酸スプレーをし、30分ほど放置した後にこすり洗いをするだけでOKです。


いずれの方法でも、仕上げはしっかりと水洗いをして拭き取ることが肝心。白残りを防ぎ、ピカピカの状態をキープできます。
 
  

■3.「重曹」+「クエン酸」の合わせ技で、冷蔵庫が清潔に!
キレイに見えても、冷蔵庫の中には食品のカスや調味料の汚れがいっぱい! 年に数回は、パーツを分解して掃除をするよう心がけましょう。


汚れは重曹でこすり落とし、庫内はクエン酸スプレーで抗菌すると◎。ついでに、庫内にある食品の賞味期限を見直して整理すると、日々のお手入れがしやすくなります。


■4. トイレ掃除にも「重曹」+「クエン酸」が活躍

便器の黄ばんだ部分はクエン酸で1時間ほどパックし、汚れを取ってから水拭きをしましょう。内側についた黒ずみやカビには重曹を振りかけ、ブラシを使ってよく磨くとキレイになります。

また、つい忘れがちなのがタンク内部の掃除。月に数回、タンク内に1/2カップの重曹を加えてひと晩浸けおいた後で水を1回流すと、カビや汚れを防げます。ただし、重曹の量が多すぎると詰まりの原因になるので注意。溶け具合を確認しながら、少しずつ足していきましょう

■5. 排水溝のぬめりを一気に取り去る! 「発泡洗浄」

お風呂やキッチンの排水口のぬめりが気になる時は、「発泡洗浄」が効果てきめん! 汚れた部分に重曹をたっぷり振った後、小さじ4杯程度のクエン酸を水500mlと混ぜてから流し入れます。十分に発泡したら、水ですすぐだけ。ふだんの掃除ではなかなか取れなかったぬめりが、あっという間に消え去ります。


ほかにも、重曹は靴箱やクローゼットなどのにおい取りに、クエン酸スプレーは子どものおもちゃの除菌にと、幅広く活用できます。

まずはかわいい容器に詰め替えて、キッチンやリビングなど手に届きやすい場所に置くのがおすすめ。ふだんの掃除が楽しくなり、大掃除の負担も軽くなりますよ。
 
取材協力:「ナチュラル洗剤でちょこっとピカピカ掃除!」(世界文化社)
重曹やクエン酸だけでなく、過炭酸ナトリウム、セスキ炭酸ソーダを使ったナチュラルな掃除術を紹介。汚れに合った洗剤の使い分けや、場所別のお掃除法に加えて、日常の生活の中でちょっとしたタイミングにお掃除する「ちょこっとお掃除」のテクニックも紹介。
「ナチュラル洗剤でちょこっとピカピカ掃除!」

 
 
(まちとこ編集部)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup