母子ともに危険だった出産、産後うつ…それでも2人目がほしいと思った理由<投稿コンテストNo.22>

母子ともに危険だった出産、産後うつ…それでも2人目がほしいと思った理由<投稿コンテストNo.22>

Bu facebook
Bu twitter

医師からの衝撃のひと言

「このままだと、お母さんも赤ちゃんも2人とも死ぬよ」

そう言われたとき、私はよく理解できず他人ごとのように茫然としていました。

おそらく、隣にいた主人も同じだったと思います。

現在2児(年子)の母の私は、妊娠9ヵ月で「早期胎盤剥離」という診断を受け、緊急帝王切開で長男を出産しました。

その経験談と、それでももう1人産みたいと思えた気持ちの変化について書いていきます。

下腹部の鈍い痛み

母子ともに危険だった出産、産後うつ…それでも2人目がほしいと思った理由<投稿コンテストNo.22>の画像

出典 : Upload By コノビー記事投稿コンテスト

出産予定日1ヵ月前。

午前中のみ職場に出勤し、来月に迫った出産に向けて色々な雑用を済ましていた土曜の夕方、下腹部に鈍い痛みを感じました。

よくある妊娠中のマイナートラブルだと思った私は、深刻にとらえていませんでした。

というのも、前日に妊婦健診で「順調です」と言われたばかりだったからです。

それまでの妊娠経過も特に問題はなく、私はタカをくくっていたのだと思います。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup