食中毒対策に…キレイなキッチンをづくりのポイント

食中毒対策に…キレイなキッチンをづくりのポイント

Bu facebook
Bu twitter
今の時期が一番危険!
梅雨から初夏にかけてのこの時期は、一年で一番食中毒が発生しやすい時期でもあります。湿度が高くじめじめとした気候が続くこの軸はは、普段以上に食中毒に気をつけないといけません。

今回は、湿度や温度が高くなる時期に役立つ、細菌の繁殖を未然に防ぐポイントをまとめてみました。

Elli o 43178

今日から出来る、食中毒対策4つ
1.台拭きを除菌スプレーする
ふきんを使う場合、そのふきんが汚れていくとそのまま他の場所にも感染が広がります。特に注意したいポイントのひとつですね
2.台ふきんから使い捨て除菌ティッシュに変える
最近は除菌タイプのキッチン用ウエットティッシュが多く販売されています。大判タイプなら折り目の範囲を使い分けることで、一気に調理後のあらゆる箇所を除菌拭き出来ます。
3.高熱乾燥で食器や調理器具を除菌する。
洗い終わった食器や調理器具の生乾き状態には、十分注意が必要です。食器乾燥機の高温機能で一気に除菌乾燥までしましょう。
4.生ものは冷蔵庫へ

Nordwood themes 179243
梅雨の時期は、フルーツはなるべく冷蔵庫で保管しましょう。痛みが早いフルーツは、飾っておくとあっという間に色褪せていきます。
5.白米の保管場所は冷蔵庫に

Photo0000 1182r
もちろん精米後の白米は、冷蔵庫に保管するのがベストです。
6.キッチン周辺には、何も置かない
案外危険なのが、対人感染によるウィルスにも気をつけて。子どもの幼稚園やママ友との交流のなかで、少しでも体調が悪い人には近づかないようにしましょう。子どもを通じて感染したママがお料理すると、そのまま家族に感染が広がる場合があります。気をつけましょう!
キレイなキッチン廻りが基本です。なるべく物は置かず、食品も冷蔵庫に保管し、除菌を防ぐよう、小さな心がけが必要です。家族に安心してもらう食事を提供したいですね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup