赤ちゃんのお風呂デビューはいつから? 湯船の入れ方や注意点まとめ

赤ちゃんのお風呂デビューはいつから? 湯船の入れ方や注意点まとめ

Bu facebook
Bu twitter
生まれたばかりの赤ちゃんは、ベビーバスでの沐浴。その時期を過ぎると、いよいよお風呂デビューです。でもどのように湯船に入れたらいいのか、石けんやボディソープはどうしたらいいのか迷うママも多いはず。今回は、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るときのポイントをまとめました。
赤ちゃんの沐浴や入浴の目的は?

赤ちゃんは新陳代謝が活発。汗もいっぱいかくし、おしっこやうんちの回数も多いものです。そのままにすると、あせもになったり、おむつかぶれになってしまうことも。沐浴や入浴は、これらのトラブルを防ぐため、皮膚を清潔に保つという目的があります。

特に汗をかきやすい夏などは、1日に1回だけとは限らず、数回沐浴や入浴をさせてもいいでしょう。生後1ヶ月くらいまでは、抵抗力が弱く、細菌に感染しやすいため、ベビーバスで沐浴を行います。1ヶ月検診を過ぎ、医師から大人と一緒の入浴に許可が出たら、いよいよお風呂デビューです。

まずは準備をきちんとしておこう
浴室での入浴は沐浴とは雰囲気も異なり、赤ちゃんも慣れていません。赤ちゃんがストレスを感じることなく、スムーズに入浴できるようにするためには、前もっての準備も大切です。

入浴に適した時間は?
入浴というと「夜」というイメージがありますが、必ずしも夜でなくても構いません。沐浴と同様、赤ちゃんの機嫌のよい時間がいいでしょう。避けたいのは、授乳直後。入浴の刺激によって、飲んだミルクを吐いてしまうことがあります。また、眠い時もぐずりやすいので避けた方が無難です。首が座っていないときに湯船でくずられると、ママも焦ってしまいますよね。

バスタオルや着替えなどを用意しておく
お風呂から上がったらすぐに赤ちゃんに洋服を着させてあげられるよう、前もって赤ちゃんの着替え、おむつなどを用意しておきましょう。手早く着せるには、下着や服はあらかじめ袖を通してセットしておくのがポイントです。ママも裸のままお世話すると湯冷めしてしまうので、脱衣所にサッとはおれるバスローブなどがあると便利ですね。また、赤ちゃんの着替えをさせるお部屋も、温めておきましょう。入浴後の水分補給のために、白湯の用意をしておけば万全です。

お湯の温度はどのくらい?
赤ちゃんの肌はとても繊細なもの。大人にとってのお風呂の適温は赤ちゃんには熱過ぎるため、「ちょっとぬるいかな?」と感じる37〜40℃くらいがベストです。お風呂の温度を測ることができる温度計もベビー用品店で販売されているので、利用してみてはいかがでしょうか。温度計がない場合、手先よりも熱に対する感受性が高いひじで湯温を確かめます。大きな湯船ではお湯の上の方が熱くなっているので、よくかき混ぜてから確認しましょう。

清潔な一番湯が望ましい
赤ちゃんの抵抗力はとても弱いので、お風呂のお湯も清潔に気を配りましょう。大人のお風呂では、追い炊きをして2日目も同じお湯を使うこともありますが、赤ちゃんが入浴する際はお風呂のお湯を取り替えます。清潔な一番湯で入浴させるようにしましょう。

赤ちゃんの入浴のさせ方

赤ちゃんは首が座らない状態だし、もぞもぞ動くし、どうやって洗って湯船につからせればいいの?と迷ううママも多いでしょう。ここではスムーズに赤ちゃんを入浴させるポイントを紹介します。

まずはママが最初に体を洗っておく
ママが一人で赤ちゃんを入浴させる場合、まず最初にママが体を洗います。赤ちゃんは洗面所(脱衣所)でスタンバイ。座布団やバスタオル、クーハンなどに赤ちゃんを置いて、すぐに脱がせられるようにしておきます。赤ちゃんの様子をチェックするために、お風呂場の扉を開けて様子を見ながら体を洗いましょう。時々、声をかけてあげると、赤ちゃんも安心しますね。

まず最初はお尻を洗って
ママが体を洗い終わったら、いよいよ赤ちゃんの入浴です。洗面所(脱衣所)に待機していた赤ちゃんの衣服を脱がせ、ママのひざの上などに乗せます。赤ちゃん入浴用のマットなども販売されているので、それを利用してもいいですね。

まず最初に洗う場所はお尻や性器です。ウンチなどがこびりついていることもあるため、しっかりと洗いましょう。汚れを洗い流したら、湯船につかり身体を温めます。

赤ちゃんを湯船に入れる
湯船につかるときに心がけたいのが、時間をかけすぎないこと。しっかり温まることは大切ですが、入浴は赤ちゃんにとって体力を使うことなので、あまり長い時間お風呂につかるのは避けます。ママと一緒といえど、大きな湯船での入浴にびっくりしてしまう赤ちゃんもいるでしょう。沐浴布や大きめのガーゼなどを赤ちゃんのお腹にかけてあげると、赤ちゃんは安心しますよ。

赤ちゃんの身体を洗う
身体が温まり、皮膚の汚れが浮き上がってきたら赤ちゃんの身体を洗います。特に気をつけたい部分は、ぎゅっと握りしめてホコリなどがたまりやすい手のひらや足。指の間もきれいに洗います。ひざの裏、首、太もものひだ、わきの下、耳の後ろなども、汚れやホコリがたまりやすい場所です。洗っている間は、赤ちゃんの頭から背中にかけてしっかり抱きかかえましょう。身体を洗い終わったら、もう一度湯船につかって温まります。
お風呂から上がったら
お風呂から上がったら、バスタオルで赤ちゃんの水分をやさしく拭き取ります。バスタオル、座布団、クーハンなどの上に乗せ、その間にすばやくママはバスローブなどをはおりましょう。

次に、あらかじめ温めておいた部屋に移動し、用意しておいたおむつを付けます。そしてすぐに下着や服を着せましょう。大切なことは、湯冷めをしないようにすばやく水分を乾かすこと。特に寒い冬の時期は、脱衣所の気温にも気を配りたいものです。着替え終わって赤ちゃんが落ち着いたら、ママもバスローブからパジャマなどに着替えます。

こんな時はどうしたら…

入浴は基本的に毎日したほうがよいものですが、赤ちゃんの体調によっては「お風呂に入れてもいいの?」と悩むこともあるでしょう。赤ちゃんの入浴シーンでありがちなトラブルについて対処法を紹介します。

体の具合が悪いとき
入浴は赤ちゃんにとって体力を使うもの。熱があったり、具合が悪いときはお風呂は控えましょう。汚れはお湯で濡らしたタオルやガーゼなどでふき取ればOK。下痢がひどいときは、赤ちゃんのおしりを洗い流せる「おしりシャワー」などのグッズを利用してもいいでしょう。

赤ちゃんが泣き止まない
お風呂で赤ちゃんが泣いてしまう原因は「大きなお風呂にびっくりした」、「お湯の温度が熱すぎた」、「お風呂場が寒すぎる」などさまざまです。赤ちゃんの不安や不満を取り除くことができるように、必要に応じておしゃぶりをくわえさせたり、お気に入りのおもちゃを用意したりしましょう。ママが焦ってオロオロしてしまうと、赤ちゃんは余計に泣いてしまうことも。どうしても泣き止まないときは「今日は入りたくない気分なのね」と割り切る気持ちの余裕も大切です。
入浴の時間に赤ちゃんが寝てしまった
湯船にお湯を張り、着替えを用意したというのに、赤ちゃんが寝てしまった……というのもよくあること。入浴させなければと無理に起こすとぐずってしまうこともあります。機嫌が悪くなるとお風呂で大泣きしたり、身体を洗っている最中に暴れ出すことも。せっかく用意をしたのに、と思う気持ちもわかりますが、タイミングをずらして再チャレンジした方が、ぐずりも少なくスムーズに入浴できるかもしれません。
赤ちゃんが浴槽でウンチ!
お湯の中でリラックスしているうちに、ウンチをしてしまう赤ちゃんもいます。それを避けるためには、排便のタイミングを避けて入浴させること。おなかをマッサージするなどして、ウンチを出してから入浴するのもいいですね。

突然、お湯の上にウンチが浮かぶとママだってびっくりしてしまいますよね。驚いてママが動揺すると、赤ちゃんも泣きだしてしまうこともあります。できるだけ冷静に湯船から上がり、お尻をしっかり洗って、シャワーなどでかけ湯をしてお風呂から上がりましょう。

赤ちゃんが楽しく入浴するために

お風呂が大好きな赤ちゃんもいれば、苦手な赤ちゃんもいます。また、お風呂が好きだったのに、熱すぎるお湯や顔に水がかかったなどの経験から、お風呂嫌いになってしまう赤ちゃんも。赤ちゃんが楽しく入浴する方法はあるのでしょうか?

便利グッズを利用しよう
ベビー用品店には、お風呂用の便利グッズが多く販売されています。ママが体を洗っている間、赤ちゃんを待たせることができるバスチェアやバスマット、空気が入っていて、湯船の上で赤ちゃんを浮かべることができる浮き輪状のアイテムなど。脱衣場で待つのがイヤな赤ちゃんは、こうしたグッズを使うのもいいですね。

お風呂用のおもちゃも用意しておく
手の動きが活発になってきたら、お風呂でも使えるおもちゃを準備するのもおすすめです。ぷかぷか浮かぶ人形のほか、カシャカシャ音が鳴るおもちゃや、水でくるくる回転するおもちゃなど、さまざまなアイテムが販売されています。ただし、おもちゃはメンテナンスをしっかりしないと、カビが生えてしまうことも。赤ちゃんが口に入れる可能性も高いので、清潔に使用できるように心がけましょう。

入浴剤や石けんは使える?
石けんやシャンプーが目に入り、赤ちゃんに大泣きされたという経験を持つママも少なくないはず。赤ちゃんを洗うときに、石けんだとつるつる洗って怖いというママもいます。

今は、赤ちゃん用に目にしみにくいベビーシャンプーやソープが販売されているので、それを利用してもいいでしょう。つるつる滑るのが不安な場合、すすぎ不要の沐浴料を使うという方法もあります。赤ちゃんを抱っこしながら、石けんやボディソープを泡立てるのが苦手なのであれば、泡タイプのボディソープを利用するのがおすすめです。

入浴剤はベビー用のものも販売されていますが、一般的な入浴剤の中にも赤ちゃんから使えるものも多くあります。皮膚の状態が安定する生後3ヶ月以上であれば使い始めてもいいでしょう。ただし、メンソールを含んだクール系は刺激が強いので避けた方が無難です。

まとめ
赤ちゃんとの入浴は慣れるまでドキドキ。でもママがリラックスして取り組むことと、準備をしっかりしておくことによって、赤ちゃんもお風呂を楽しめるようになります。便利なお風呂グッズなども活用して、親子で楽しいお風呂タイムを過ごしてくださいね。

関連リンク
【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは? | マイナビウーマン
1歳からの読み聞かせ絵本、おすすめ10選 | マイナビウーマン
0歳からの読み聞かせ絵本、おすすめ10選 | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup