【医師監修】卵アレルギーは治らない? 原因と検査方法、向き合い方

【医師監修】卵アレルギーは治らない? 原因と検査方法、向き合い方

Bu facebook
Bu twitter
赤ちゃんの皮膚に発疹があり、かゆがっていたりすると「もしかしてアレルギー?」と心配になるママも多いことでしょう。食事を摂ったあとに症状が現れる場合、それは「食物アレルギー」かもしれません。今回は食物アレルギーの中でも特に多いと言われている「卵アレルギー」についてまとめました。







この記事の監修ドクター

おひさまこどもクリニック 金髙太一先生

十条駅すぐ。小児科専門医。3児の父。感染症、アレルギーが得意です。HPも自信作です、ご覧下さい。
http://ohisamakodomo.com/
アレルギーって何?

そもそも、アレルギーとはどういったことを指すのでしょうか? よく聞く言葉ではありますが、「実際、どういった仕組みで発症するのかわからない」という人も多いかもしれませんね。ここでは、アレルギーの原因について解説します。

アレルギーの原因とは
私たちの体には、細菌などの異物が入ってきたときに体内に「抗体」がつくられ、異物を撃退しようとする免疫システムが備わっています。

ウイルスなどの異物から身体を守るため、免疫は体にとってとても大切な反応です。しかし、アレルギー体質の人はその反応がうまくコントロールされず、異物でないものまで「異物」ととらえて、過剰な反応をしてしまいます。異物と反応してしまうのは人それぞれ。花粉・ダニ・ハウスダスト・食物・薬物などさまざまで、そのアレルギーの原因となる物質を「アレルゲン」と言います。

アレルギー症状も人それぞれ異なり、皮膚に起こる場合は「アトピー性皮膚炎」や「じんましん」に。鼻で起こると「アレルギー性鼻炎」になります。スギ花粉やヒノキ花粉、ブタクサ花粉などがアレルゲンの場合は「花粉症」となります。

食物アレルギーとは
食べ物は私たちの生命活動を維持するために欠かせないもの。そのため、通常は異物として認識しないようにする仕組みが働き、身体に吸収することができます。しかし、免疫反応の仕組みに問題がおきたり、消化や吸収機能が未熟であった場合、食べ物を「異物」として認識してしまうことがあります。このアレルギー反応のことを「食物アレルギー」と言います。

食物アレルギーは、さまざまな食材がアレルゲンであることがわかっています。特に卵、牛乳、小麦の割合が多いとのこと。その他、サバやイカなどの魚介類、バナナやキウイフルーツなどのフルーツ、大豆、ピーナッツ、ソバなどさまざまな食物が対象となります。中にはアレルゲンは1種類だけではなく、複数のアレルゲン食品をもつ人もいます。

卵アレルギーとは?

鶏卵は家庭料理のほかにも、外食先や市販の食品、お菓子などにもよく使われる食材です。卵アレルギーとは、その卵がアレルゲンとなるアレルギー症状のこと。どういった症状が出るのでしょうか?

食物アレルギーの原因物質で多い「卵アレルギー」
乳児期の食物アレルギーの多くは、鶏卵が原因となって発症します。主なアレルゲンは卵白に含まれるタンパク成分で、卵黄よりも卵白の方がアレルギー症状をきたすことが多いです。卵アレルギーの症状はさまざま。肌にかゆみや赤み、じんましんがでる皮膚症状のほか、呼吸が苦しくなったり、鼻水や鼻づまりなどをひきおこすこともあります。そのほか、下痢や嘔吐、血便、腹痛などが出ることもあります。

卵を摂取してから、アレルギー反応が出るまでには個人差があります。軽い症状の場合は、数分から数時間後にじんましんが出る程度で済みますが、重症になると呼吸困難やショックになることもあります。
料理別 アレルギー反応の強さ
卵アレルギーは、料理の方法によってアレルギー反応の出方が変わります。卵のアレルゲンは加熱によって大きく変化するためです。加熱した卵白が一般的にはもっともアレルギー反応を起こしやすいです。

アレルギー症状は、生や半熟など加熱が不十分であるものに対して出やすく、卵を食材として使った食品の方が出にくい傾向にあります。

<症状が出やすい料理>

・生卵や生卵に近いもの……生卵、メレンゲ、マヨネーズ

・半熟卵……オムレツ、親子丼など丼料理、半熟の目玉焼きやゆで卵、たこ焼き、お好み焼き

<症状がやや出にくい料理>

・加熱した卵……卵焼き、茶碗蒸し、炒り卵、カスタードプリン、かきたま汁、

・卵が入っている料理……天ぷらやフライなどの衣、ハンバーグなど

・卵を使った菓子……クッキー、ケーキ、ドーナツなど

・卵をつなぎに使ったもの……ウィンナー、ちくわ、かまぼこ

アレルギーを起こす力の強いタンパクは、水に溶けやすいという性質を持っています。そのため、かきたま汁も、卵を食べずにスープだけを飲んだとしても、アレルギーを起こす可能性が高くなります。

また、鶏卵ではありませんが、「ウズラの卵」にも注意が必要です。卵アレルギーの約半数はウズラの卵にも反応すると言われています。

卵アレルギーは治らない?
卵アレルギーになった場合、「このままずっと卵を食べることができないの?」と心配になるママもいることでしょう。しかし卵アレルギーの症状が多いのは、新生児から小学校に入学する前くらいの幼児です。その理由は、消化器の発達が未熟なため、アレルゲンが腸の粘膜を通過しやすく、卵白に異常に反応してしまうためと考えられています。

しかし、成長するにつれ、消化器官は発達してきます。幼児期から小学生くらいから、様子を見ながら少しずつ卵を摂取させられ、卵アレルギーが治ったというケースも多いようです。

卵アレルギーの検査方法

卵アレルギーかもしれないと思ったら、医療機関でアレルギー検査を受けましょう。アレルゲンが特定でき、どの程度の卵の量で反応するのかわかれば、その後の対応もしやすくなります。

どこで受けることができる?
アレルギー検査は小児科のほか皮膚科、アレルギー科で受けることができます。ただし、検査を行っていない病院もあるので、一度確認しておいたほうがいいでしょう。定期健診で小児科を訪れた際に、アレルギー検査について聞いてもいいかもしれません。検査を受けられる年齢ですが、明確な基準は定められていません。低月齢からでも希望すれば受けることができますが、医師によって異なるので事前に確認しておきましょう。症状が出る前から検査をする必要はないと考えられます、検査を希望しても必要性が低ければ断られることもあるでしょう。

検査方法
一般的には、血液検査でアレルギー体質であるかどうかを調べます。そのほか、原因と思われるアレルギー物質を皮膚に付け、針で皮膚表面を軽くつついて、その後の反応を調べるプリックテストや、アレルギー物質を皮膚内に針で入れる皮内テスト、アレルゲンを皮膚に張り付けるパッチテストもあります。

卵アレルギーの予防・対策方法

家庭の中でも外出先でも、卵を使用した料理やお菓子などはいっぱい。卵アレルギーだと判明したら、どのように予防をしたらよいのでしょうか。離乳食の進め方などとともに解説します。

離乳食の進め方
卵アレルギーであってもなくても、最初に離乳食で卵を食べさせるときは、少量から始めましょう。卵黄のアレルゲン性は卵白ほど高くなく、加熱によってアレルゲン性を低下させることができます。そのため、固くゆでた卵黄を少量、おかゆなどに混ぜて食べさせてみます。大丈夫そうなら、量を少しずつ増やしてみましょう。ある程度、大丈夫そうだと感じたら、次は卵白に進みます。卵白もよく加熱したものを少しだけ、おかゆなどに混ぜ、様子を見ながら量を増やしていきます。

食べているときに口の周りが赤くなったり、じんましんが出るようならすぐに食べさせるのをやめます。また、摂取後の体調の変化にも注意しましょう。症状が出るまで時間差があるので、摂取して半日〜数日後でも、じんましんや発疹が出た場合、アレルギーを起こしている可能性があります。

市販の商品を摂取するときは気を付けて
市販されている食品やお菓子の中には、原材料や加工の過程で卵が使われているものが多数あります。必ず食品表示を確かめましょう。代表的なものはパンやクッキー、ホットケーキ、天ぷら粉、ふりかけ、パスタなどです。

また、食品を製造する際に、原材料として使用していないのに、卵などが意図せずごく少量、最終加工食品に混入してしまう場合があります。そのような場合、原材料欄には「卵」の表示はされておらず、パッケージの裏に「本品は卵、乳、小麦を含む商品と共通の設備で製造しています」などと明記されています。

除去指導とは?
アレルギーであるからといって、アレルゲン物質を含む食材を全く使用しない食品だけを摂取するというのは、料理の作り手であるママにとってもかなりの負担となります。食物アレルギーにおいては、アレルゲンを含んでいても、食べられる範囲まで摂取を行う必要最低限の除去指導が大切となります。「食べられる範囲」は、必ず医師と相談して決めましょう。
卵がたべられるようになる!? 
卵アレルギーは、適切な肌のケアと無理のない摂取により、改善する可能性が高いと言われています。少しずつ症状がでない量を摂取させ、増量していき、たとえば卵焼きなどの加熱した卵を1個食べても症状が出ず、加熱卵を食事から取り除く必要がない状態に持っていくことができます。必ず専門医師の管理のもとで行います。少量ずつ増やせばいいから、と自己判断はせず、医師の指示に従いましょう。

まとめ
卵アレルギーの場合、乳児期にアレルギーと診断されても、成長するに従い、アレルギー反応が出にくくなるようです。また、適切な指導を受ければ食べられるようになる可能性が高いというのは勇気づけられる情報ですね。医師と相談しつつ、ママも赤ちゃんもストレスなく食事を楽しめるといいですね。

関連リンク
【医師監修】妊娠3ヶ月はつわりがピークに! 心身ともに辛い時期の過ごし方 | マイナビウーマン
【医師監修】葉酸を効果的に摂取する4つの秘訣とは? 産後・授乳中も大切な理由 | マイナビウーマン
【医師監修】破水したらまず何をすべき? 破水の見極め方・対処法 | マイナビウーマン
赤ちゃんの皮膚に発疹があり、かゆがっていたりすると「もしかしてアレルギー?」と心配になるママも多いことでしょう。食事を摂ったあとに症状が現れる場合、それは「食物アレルギー」かもしれません。今回は食物…
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup