「 生き方は人それぞれでいい」不登校の息子が、幸せをかみしめる瞬間

「 生き方は人それぞれでいい」不登校の息子が、幸せをかみしめる瞬間

Bu facebook
Bu twitter

学校に行かない息子についイライラ…思い切ってこう宣言!

「 生き方は人それぞれでいい」不登校の息子が、幸せをかみしめる瞬間の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10233000073

我が家の息子が不登校になり、約1年半になります。

学校に行かなくなったばかりのころは、その事実を受け入れることができたものの、

「好きなことばかりやって過ごしている」
「勉強させなきゃ…学校に行ってる子たちより遅れちゃう」
「進路は?受験はどうなるの?!」

などなどやはり不安だらけでした。

一方で息子のほうはというと、合わない環境で過ごすストレスから解放され、悠々と生活しています。そんな息子を見るとどうしてもイライラしてしまうこともありました。

そんな我が家がその後どうしたのかと言うと…私はある日息子に、

「もう勉強もやらなくてもいい!ネットやパソコン使用、ゲームの制限もぜーんぶもう無し!とにかく好きな事を好きなだけやっていい!ただ、ご飯はちゃんと食べて、少しは眠ること。あと、私やパパ、他の身近な人の誘いにはとりあえず乗って外へ出てみること!」

と選手宣誓の如く、ハッキリと宣言したのです。

理由の1つは、家事や他の仕事の合間に、息子の勉強やその答え合せをしたり、「これだけ勉強したから〇分パソコンやっていいよ」と時間を計測したり、終了時間を告げては「まだやりたい」「もうおしまい」を押し問答を繰り返したり…そんなやり取りに疲れてしまったこと。

そして2つ目の理由は、息子を思いっきり自由にさせる不安より、「こうすると息子はどう変化するのか?」という好奇心とワクワク感の方が私の中で勝っていたことです。

「息子本人のペースに賭けてみよう」という気持ちが私の中で生まれたのでした。

宣言のあと、息子の生活に変化が…

「 生き方は人それぞれでいい」不登校の息子が、幸せをかみしめる瞬間の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11071000482

そんな生活を始めると、息子は私や主治医が驚くほど落ち着きました。かなり酷かった噛み癖も癇癪もいつの間にかほぼ消えたのです。

大げさかもしれませんが、やっと「本来の息子に戻った」という気がしました。

フリースクールに週に2日通うようになり、自分より年齢が上の高校生たちと大好な音楽の勉強に打ち込んでいます。

他の習いごとでも、いろいろな年齢の友だちが増えたようでとても楽しそうです。Skypeなどでコミュニケーションをとることも多いのですが、息子なりに考えなかなか上手く出来ているようです。

案の定、ゲームには長時間没頭していましたが…

「いくら大好きなゲームでも長時間続けるのは飽きることもあるし、それなりにキツイことだ」ということも身をもって体験したようです。周りに言われなくても、本人なりに気分転換や別のことを間に入れる工夫もできるようになりました。

私にとっても、息子が「いくら周りが説明したところで、本人が納得しないとほとんどのことは聞かないタイプ」ということを再確認できた出来事でした。

また、息子は日々興味があることに対して、途中で投げ出すことなく自分一人で長時間パソコンに向かい黙々と解決・達成しようと没頭しています。その姿を見て、息子の学び方が基礎から積み上げていくタイプではなく、最終的な目標や目的に惹かれてこそ、そこから掘り下げていくタイプなのだと気づかされました。

好きなことに対する熱量を目の当たりにし、私は「息子にとっての学びとは一体なんなんだろう」ということを深く考えさせられたのです。

みんなとは違う一歩を踏み出すのは怖い。だからこそ嬉しかった、息子の一言

「 生き方は人それぞれでいい」不登校の息子が、幸せをかみしめる瞬間の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272003083

こんな選択をしてみたものの、私自身は、ごく一般的に「学校へ行く」という経験しかしていません。それ以外の選択など考えたこともありませんでした。

やはり最初は、「学校へ行かない、しかも好きに過ごすなんて本当に許されることなのか?」「あちこちから批判されるのでは…」と、世間の一般的なレールから一歩踏み外すのが怖かったです。

それでも息子の不登校を受け入れた今、息子にとっての幸せとは?経験すべき試練とは?乗り越えるべきものとは?と純粋に考えた時、今の方向以外考えられなくなっていました。

先日息子がこんなことを言いました。

「あー、俺、変人で良かったー!」

自分がいかに幸せなのかを噛み締めるように言ったのです。

話を聞くと、周りの友達の愚痴や悩みを知り、自分のような生き方やそれを認める私のような親は珍しいと感じたようでした。

さらに息子は、「自分と同じような境遇の友だちが、奇異な目で見られないためにはどうすればいいのか?」「自分が大人になってから、自分たちのような選択が当たり前になるためにできることは何か?」ということまで考え始めたようです。とても頼もしく思えました。

息子にとっての幸せを考え抜いた選択。親がこれから出来ることはなんだろう

「 生き方は人それぞれでいい」不登校の息子が、幸せをかみしめる瞬間の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10186002792

もちろん進路や就職など、心配なことはまだまだあります。しかしその分、息子の今の生活を大事にしつつとれる進路には何があるのか考え、動いています。

本人とも、「自分自身の強みは何か?」「これからどう生きたいか?」また「君の選んだ道は自由な分、厳しさもあるから正直選択肢はこれとこれだけになりそうだよ。そういう事も頭に入れて置いてね」など、具体的に日々話し合っています。

息子の様子を見ていると、今は「何とかなるかも」と思えるようにもなってきました。

今でも息子のこの生活に、苦言をいただくことも少なからずあります。それもまた正論でもあることはよく分かっていますし、以前の私だってそう思ったと思います。

ですが今は、そんな声は聞こえないふりをして、振り払って目の前の息子を支えるべく自分に喝を入れて踏ん張っています。

周りからの声に心身を消耗するのも事実です。もっともっと味方になってくれる方や、説得力のある後ろ盾がどうしても欲しくなってしまいます。

そんな中で私にできることは、

・息子のような生き方も「あり」なんだと、「一大人として」認め続けること
・「生き方は人それぞれで当たり前」という世の中に一歩近づけるための一員になること

なのかなという気がしています。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup