夏場の赤ちゃん連れは危険もいっぱい…!日焼け、虫よけ対策グッズの選び方って?

夏場の赤ちゃん連れは危険もいっぱい…!日焼け、虫よけ対策グッズの選び方って?

Bu facebook
Bu twitter

だんだんと日差しが気になるこの季節。赤ちゃんとの外出も、熱中症や虫刺されなど、気になることがたくさん…。でも、お出かけは赤ちゃんにとってもいい刺激になるし、できれば家にこもっていたくないですよね。

今回は、暑い季節に赤ちゃん連れで外出する際に押さえておきたいポイント、また、赤ちゃんに塗る日焼け止めや虫よけの選び方についてご紹介します。

夏の赤ちゃん連れで注意したいのはこの3つ!

赤ちゃんの日よけ・虫よけ対策

Photo/Subbotina Anna/Shutterstock

赤ちゃんが外出していいのは、1ヶ月検診で医師からOKが出てから。大体生後2ヶ月くらいの頃から徐々に外の空気に慣れさせてあげるのがよいといわれています。でも、夏の暑い時期は、赤ちゃんにとって危険なこともたくさん…。

お出かけの際は、以下の3つのポイントに注意しましょう!

その1.赤ちゃんが当たる『紫外線』は大人よりも強い!?出かける時間も工夫しよう

ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、コンクリートからの照り返しを受けるので、受ける紫外線も大人より強いといわれています。また、夏の強い紫外線は、まだまだ肌が薄くて敏感な赤ちゃんにとっては刺激が強すぎるので、ケアが必要。

小さな赤ちゃん連れの外出は、できるだけ紫外線の少ない朝方や夕方の間に済ませるようにして、赤ちゃんに優しい低刺激なタイプの日焼け止めを塗ってあげるようにしましょう。

その2.赤ちゃんは『熱中症』になりやすい!水分補給や衣服にも注意を

気を付けたいのが熱中症。まだまだ大人と比べて体温調節が未熟な赤ちゃんは、汗もたくさんかきます。気づいたら汗びっしょりになっていた…なんてことにならないよう、こまめにガーゼなどで汗を拭きとり、水分補給をしてあげてください。

外出時はなるべく日陰で過ごすようにするといいですね。

また、赤ちゃんが直接日光にあたる環境にいる場合は、特に要注意! 必ず帽子で頭を守ってあげるようにしましょう。抱っこ紐のなかは暑いので、保冷剤をタオルでくるんで首元にあててあげるなどの工夫もしてあげてくださいね。

その3.水ぶくれになってしまうことも…『虫刺され対策』も必須

夏場は虫も多いですよね。赤ちゃんは虫に刺されると大きく腫れたり、水ぶくれになったりすることもあります。特に夕方は虫が多く発生するので、虫よけのスプレーをベビーカーや衣類にかけたり、赤ちゃんにも使える虫よけクリームを塗ってあげましょう。

赤ちゃんも使える日焼け止めや虫よけ…選ぶ際のポイントって?

赤ちゃんの日よけ・虫よけ対策

Photo/Kaspars Grinvalds/shutterstock

夏場の外出時に持ち歩きたいのが、『日焼け止めグッズ』と『虫よけグッズ』。赤ちゃんが使っても大丈夫なものとはどのようなものなのでしょうか? 選ぶ際のポイントも押さえておきましょう!

大人用は使わない

日焼け止めも虫よけも、大人用のものは赤ちゃんには刺激が強すぎるのでNG。特に、大人用の虫よけに含まれる『ディート』という成分は、副作用を引き起こすおそれがあるため、日本でも乳幼児の使用に注意が促されています。赤ちゃんには絶対に使わないようにしましょう。

使用できる月齢をチェック

商品には、“赤ちゃんが使ってもOK”と記載されているものを選ぶと安心です。また、生後何ヶ月から使えるのかもチェックしてくださいね。

『低刺激』と書かれているものを

赤ちゃんが直接肌につけるものなので、できるだけ刺激の弱い『低刺激』なものを選ぶのもポイントです。

日焼け止めのSPFは…

日焼け止めは、日常生活では、SPF15~20、PA++、海や山ではSPF20~40、PA++~+++のものを選ぶと◎。用途に合わせて選ぶようにしましょう。

必ずパッチテストをしてから

日焼け止めや虫よけを使う際は、顔に塗る前に、体に少し塗ってみて、肌が赤くならないかを確認してから使用するようにしましょう。

それぞれのクリームを塗る順番は…

塗り薬や、日焼け止め、虫よけなど塗るものがたくさんある場合は、“塗り薬→日焼け止め→虫よけ”の順番で使うようにしましょう。

日焼けも虫よけもこれ1本でOK♪マリエン薬局の『蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ』がおすすめ!

赤ちゃんの日よけ・虫よけ対策

Photo/Dasha Petrenko/Shutterstock

いくら赤ちゃん用の商品だからといって、日焼け止めに虫よけに…とたくさんのクリームを重ね塗りするのには少し抵抗がある方もいるのではないでしょうか。

そんなママの声に応えて作られたのが、ドイツマリエン薬局の『蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ』。

肌に優しい日焼け止めクリームと虫よけの成分が配合されている上に、虫に刺されてしまったときの『かゆみ止め』成分まで配合されていて、まさに一石三鳥! これ1つを塗るだけでいいなら、毎日忙しいママにとっても時短になってうれしいですね。

天然成分100%なので新生児の赤ちゃんから使えるのもポイント! 1歳未満の赤ちゃんは体に使用することができます。

パラベン、ディートなどの防腐剤はもちろん、殺虫成分や合成着色料、合成香料をまったく使っていないので、万が一口に入ってしまっても安心です。

赤ちゃんだけでなく、アレルギー性皮膚炎の方や敏感肌の方など、肌の弱い方も使えるので、家族全員で使うこともできますね。

天然由来のクリームは、その分効果が薄れてしまうのでは?と心配な方もいるかと思いますが、このクリームは、シトロネラやローズゼラニウムなど、蚊よけ効果の高い精油をうまくブレンドしているので、虫よけ効果も抜群!

肌にダメージを与えない紫外線反射成分もしっかり配合されているので、日焼け対策もしっかりしてくれるんです。

日焼け止めはSPF20でウォータープルーフなので、毎日の日焼け対策にもアウトドアにも使えます。

これ1本をかばんの中に入れておくだけで、夏のお出かけ先でのトラブルを防ぐことができるんです!

新生児から使える『蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ』をプレゼント♪

今回はマリエン薬局の『蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ』を抽選で3名様にプレゼントいたします!

蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ

蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ
(左)35ml 2,980円 (右)80ml  5,780円

詳細はこちらから

※応募期間:2017年5 月22日(月)~2017年6月25日(日)
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

応募する

応募には会員登録が必要です。

赤ちゃんとのお出かけに活用して、夏の楽しい思い出をたくさん作ってくださいね♪

公式サイト/ドイツ・マリエン薬局「蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ」

Top Photo/Roberto Binetti/Shutterstock
参照/
日本小児皮膚科学会「子どもの紫外線対策について」
イクシル「赤ちゃんとの夏のおでかけ、これだけは気をつけて!」
こそだてハック「赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?正しい塗り方や落とし方は?」
Aging Style「子どもにも使える? 安全なの? 蚊よけや虫よけ剤に含まれる「ディート」とは」

関連コラム

妊婦さんは特に注意!蚊が運ぶ感染症とその対策法
紫外線、浴びすぎてるかも!?子どもの日焼け止め事情と対策
ベビーもママも使える虫よけスプレー『エルバビーバ』が優秀
そろそろ本気で紫外線対策を!2016年の新作日焼け止め4選
“3秒で泣き止んで3分で寝る”は本当だった!話題の『まぁるい抱っこ』とは?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup