歯磨きは格闘技?【コソダテフルな毎日 第26話】

歯磨きは格闘技?【コソダテフルな毎日 第26話】

Bu facebook
Bu twitter
こんにちは! コソダテフルな毎日のちゅいママです。小3長男、年長次男、年少三男の三兄弟の母です。

お子さんの歯磨き事情、どんな感じですか?

歯磨きは格闘技【コソダテフルな毎日 第26話】

喜んで磨いてくれてますか? 嫌がってませんか?

この間、歯医者さんに行ったら隣の席のお母さんが先生に相談されている内容が耳に入ってきました。

歯磨きは格闘技【コソダテフルな毎日 第26話】

どうやら、この方のお子さんは歯磨きが嫌いらしく、その一方でいとこ(ということはこの方からしたら姪っ子か甥っ子にあたる)はものすごく歯磨き好きで喜んで磨くそうな。

どうして歯磨きを嫌がるんだろう…どうしたら好きになってくれるんだろう…と悩まれてる様子でした。

うん! 分かります!

我が子ができないこと、好きじゃないことを身近な他の子が喜んでやってのけたりすると、比べちゃいけないとは分かっていつつもどこか落ち込んでしまうんですよね。


私、この方、全く知りもしないし、どんな顔かもわからないけど(カーテンで仕切られてるので)思わず出て行って励ましてあげたくなりました。

大丈夫…っ!

我が家の子どもたちも相当な歯磨き嫌いで苦労しました! 決してあなたのお子さんだけじゃないです!


実は私自身が虫歯だらけで苦労してるので(奥歯が全部銀歯な上に、その銀歯でさえも銀歯の下が虫歯になっていってしまってます…もうどないせーっちゅーねん)子どもたちの歯はなんとしても虫歯にさせたくないんです。

ですので、歯が生え始めた頃から歯固め用のブラシを持たせてはガジガジとかじらせていました。

毎回3食磨くのは面倒なので、お昼寝の前と夜寝る前だけはしっかりと。

物心つく前から歯を磨くことが当たり前だと思わせておけば、歯磨き嫌いになんてならないだろうと思っていました。

ですけど、一筋縄で行かないのが子育てですね~。人間ですから。

長男が2歳になる手前(1歳8ヶ月頃だったかな?)

突然、

歯磨きは格闘技【コソダテフルな毎日 第26話】

強烈な歯磨きイヤイヤ期に突入してしまいました。

それまでさほど手のかからなかった長男が急に豹変してしまい、すっかり面食らって驚きました。

どうすれば楽しく歯磨きしてくれるようになるかと考えた結果、とりあえず金で解決することにしました(え!)


3種類の子ども用の歯磨き粉を買ってきて、

歯磨きは格闘技【コソダテフルな毎日 第26話】

今日はどれにする~~? と一緒に選ぶことにしたんですね。

そしたらこれが長男の気質にピタッ! とはまったようで、歯磨きのために腰をあげるという段階はクリアできるようになりました。(一件落着)

でも、歯磨きが好きかと聞かれれば全然好きじゃないと思います。磨けと言われるから渋々磨いてるだけで。

ただ、「好きになってほしい」というところまで求めてしまうのは、子どもにとってもかなりハードルが高いと思うんですよね。

大人だって歯磨きが好きな人もいれば「めんどくさいなぁ」と思う人もいるわけで、最終的に「めんどくさいけれど磨かないといけなから磨く」というところに持っていければそれでいいと思ってます。

そう思うようになったのも、次男がきっかけです。

長男の時には私も「好きになってほしい」と歯磨きバーをしてみたり、パペットを使って歯磨きごっこをしてみたり、色々と趣向を凝らしました。

が、

次男にはどれも通用しませんでした。

歯磨き粉も、パペットも、シールも、説得も、洗脳も、どれもダメ。無意味。

結果、毎晩、これ。


歯磨きは格闘技【コソダテフルな毎日 第26話】

強行突破のデットヒート!

腕を太ももの下に敷き、足で体をおさえ、内腿で顔を固定。泣き叫ぶのもおかまいなしにとにかく磨きます。

泣くわ泣くわ…まぁ~~すごい! 大騒ぎです。いったいこの家では今、何が行われてるんだろうかと思われるほど。

でも、

歯磨きは格闘技【コソダテフルな毎日 第26話】

歯医者さんで虫歯治療を受けさせることを考えたら、一日数分泣かれることぐらいどうってことありません。

次男が歯医者さんで虫歯の治療をおとなしく受けるだなんて、とてもじゃないけどできそうにありませんでしたから。

それに、前記のお母さんが歯医者さんに相談されてるときにも、歯医者さんも同じようなことを答えてらっしゃいました。

「虫歯治療をさせることを考えたら、泣いてもわめいても毎日の歯磨きを頑張ったほうが結果的に楽です」って。

3人の子どもの歯磨きをしてきて思いますが、結論から言って、歯磨き嫌いの子は何をしても嫌いです。

あとは心を無にしてひたすら磨くのみ。

長男は物で釣り、次男は断固拒否、三男はさほど嫌がったことがありません。

何が違かったのかは誰にもわかりません(笑)


ただ、強行突破するものの、ちょっと不安なんですよね。

嫌がる息子を捕まえて、羽交い締めにして歯を磨く毎日。

歯磨きは格闘技【コソダテフルな毎日 第26話】

トラウマになったり、親子関係にヒビが入ったりしないかな?って。

あとは、「これ、一体いつまで続くんだろう…」って。

磨く側からしてもこの時間、苦痛なんです。泣かれるのはやっぱり辛いですからね。

次男はこの期間が長くて、赤ちゃんの頃から3歳ぐらいまで毎晩毎晩暴れまわっていました。先が見えなくてげんなりした時もありましたが、

今となっては、

驚くほどすんなりと歯磨きをしてくれるようになりました!

いやぁ~あの次男でさえも(こら)成長するんですね~。

あの頃はいつまで続くの? なんて思ってましたが、

歯磨きは格闘技【コソダテフルな毎日 第26話】

大人になっても泣きながら歯磨きしてる人なんてどこにもいません!

うちの子たちも泣きながら歯磨きを続けた結果、「歯は磨くものなんだ」と諦め(?)がついたようです。

(今もまだ仕上げ磨きは続けていますよ)

日々歯ブラシ激戦を繰り広げておられるお母さんたち! いつか必ず諦めてくれるときがきます!

それまで、お子様の大事な歯を守るべく鋼の心でプロレスに励みましょう!

ファイトオーですー!

(力尽くで大人が子どもの歯磨きをすると口内を傷つける恐れもありますので、力加減に注意しましょう!)
(ちゅいたんママ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup