親子で紅葉を見に行こう!子連れで行けるオススメ紅葉スポット【関東編】

親子で紅葉を見に行こう!子連れで行けるオススメ紅葉スポット【関東編】

Bu facebook
Bu twitter

いよいよ本格的に秋が到来。秋といえば“食欲の秋”、“読書の秋”、“芸術の秋”、そして“紅葉の秋 ”です。そろそろ紅葉のシーズンも本番。紅葉を見にお出かけを考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は全国にたくさんある紅葉名所のうち、関東の子連れで行ける紅葉スポットをご紹介します! ぜひ参考にしてみてください。

146本のイチョウ並木!『明治神宮外苑』(東京)

神宮外苑 いちょう祭り

出典:第20回 神宮外苑 いちょう祭り

関東有数の紅葉場所といえば明治神宮外苑。青山通りから約300m続くイチョウ並木はドラマの撮影でも使われるほどの有名な場所です。通りの両側にある146本のイチョウはまさに“黄金のトンネル”。毎年11月に行われる『いちょう祭り』には多くの観光客でにぎわいます。

今年の『いちょう祭り』は11月18日~12月5日。出店やイベントも盛りだくさんで、クラフト体験教室や絵本の読み聞かせなど、親子で楽しめるイベントも開催されます。

また、他にも敷地内には子どもたちが遊べる『にこにこパーク』があり、小さい子どもから大人までが楽しめる場所です。

最寄り駅:JR信濃町駅または千駄ヶ谷駅下車、東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線青山一丁目駅下車
入場料:にこにこパーク/大人300円・子ども100円

詳しくはこちら

風情ある紅葉景色が魅力☆『国営昭和記念公園』(東京)

国営昭和記念公園

出典:国営昭和記念公園

昭和天皇が即位50年を記念して作られた公園で、広さはなんと東京ドーム39個分! 四季折々の草木を楽しめるだけでなく、バーベキューやサイクリング、ボート遊びと年中通して1日思いっきり楽しむことができる公園です。

なかでも秋のシーズンは、園内にある『日本庭園』がおすすめ。紅葉と池のせせらぎが織り成す、厳かな風情を味わえます。

さまざまな遊具がそろう『こどもの森』や『わんぱくゆうぐ』など子ども向けの施設もあるので、小さい子どもから動き盛りの小学生以上の子どもまで満喫できるはず!

園内にはさらに『赤ちゃん休憩室』もあるので、小さい子連れのママにはうれしいですよね。

最寄り駅:西立川駅、東中神駅、高松駅
入場料:大人410円 、子ども80円、シニア 210円

詳しくはこちら

乗り物に乗って紅葉見学♪『秩父鉄道』(埼玉)

秩父鉄道 紅葉見学

出典:いこーよ

紅葉を歩いて楽しむのではなく、乗り物に乗って楽しむのもおすすめです。

埼玉県にある秩父鉄道では、『SLパレオエクスプレス』に乗って紅葉を見学することができます!

さらに、長瀬のライン下りをしながら紅葉を楽しむことも♪ 川から眺める紅葉もまた風情があり、秋を感じることができるはず! ライン下りは60cm以上の子ども用ライフジャケットもあるので、小さい子どもも安心して乗船することができます。

SLも長瀬のライン下りもWebで予約ができます。紅葉の時期は満席になることも多いので、日程が決まったら早めに予約をしてみてください。

最寄り駅:(ライン下り)秩父鉄道長瀞駅・上長瀞駅・野上駅
入場料:SLパレオエクスプレス/SL座席指定券 720円、SL整理券(自由席)510円(いずれも大人・子ども同額)、乗車区間の普通乗車券(区間によって料金が異なります)
ライン下り/3キロコース・大人1,600円、子ども800円 6キロコース・大人3,000円、子ども1,400円

詳しくはこちら

動物とも触れ合える!『平塚市総合公園』(神奈川)

平塚市総合公園

出典:ひらつか

神奈川県の平塚市総合公園は、四季折々の草木を楽しむことができるだけでなく、園内には大型公園やレストラン、スタジアム、さらには動物園まで、子どもから大人までが楽しめる施設が凝縮!

園内の『ふれあい動物園』には、リスザルやアライグマなどを見ることができる展示コーナーや、ヤギ、羊、子牛、うさぎ、モルモットなどと触れ合えるふれあいコーナーなどがあります。

なんといっても市営施設なので、駐車場も園内も無料(飲食や一部有料施設有)で利用できるのがうれしいポイント。紅葉プラスαのいろいろな楽しみ方ができます♪

アクセス:JR平塚駅から4番線発車のバスに乗り約7分、総合公園下車
入場料:無料

詳しくはこちら

見晴らし最高!『宮ヶ瀬ダム』(神奈川)

宮ヶ瀬ダム

出典:いこーよ

宮ヶ瀬ダムは、湖畔エリア、ダムサイトエリア、その他エリアに分かれていて、1日中楽しめる場所です。また、ダムの直下にある『神奈川県立あいかわ公園』では鮮やかな紅葉が楽しめ、宮ヶ瀬ダム堤体からの眺めもとても見応えがあります。

ゆっくりと公園やダム周辺を歩いて紅葉を見学するのも良いですが、ドライブしながら紅葉を楽しむこともできます。子どもが小さいからゆっくり歩いて紅葉を楽しめないというときは、お気に入りの音楽をかけながら車からの紅葉を楽しんでみるのも良いかもしれません。

都心の賑わいを忘れて、のんびり紅葉を楽しみたいという方におすすめの場所です。

アクセス:(車)東名高速厚木ICから国道412号経由約40分、圏央道相模原愛川ICから県道511号・54号・国道412号経由約40分
入場料:無料

詳しくはこちら

今年の関東の紅葉は11月上旬~下旬にかけて見ごろといわれています。ただし、場所によってはもう少し早くから紅葉が楽しめることもあるようです。今回ご紹介した秩父鉄道などあらかじめ予約を必要とする場所は、なるべく早めの予約がおすすめです!

なかなか遠くまで紅葉を見に行くことができないというときは、近くの公園にお散歩に出かけて、家族で季節を感じてみてくださいね♪

参照/
いこーよ

関連コラム

親子で紅葉を見に行こう!子連れで行けるオススメ紅葉スポット【関西編】
10月14日は『鉄道の日』!親子で見て乗って楽しめる鉄道イベントに参加しよう
鉄ちゃんキッズのママへ!お盆休みはココで遊べるよ!!
『体験』をプラスして!子どもも楽しめる紅葉狩り
赤ちゃんの個性を知れば子育てがスムーズに!?話題の心理学『赤ちゃんともち』

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup