老後に必要な夫婦の貯金額とは?平均はどれくらい?

老後に必要な夫婦の貯金額とは?平均はどれくらい?

Bu facebook
Bu twitter

夫婦ともに、40代後半。子どもがもうすぐ働きに出るというのもあって、最近は夫婦のこれからについて考えることが増えてきた。老後までに貯めておくべき金額と、実際みんながどれくらい貯めているのかが気になるな……。

■老後の平均貯蓄額はどれくらい?

「老後が心配で貯蓄をしている」

そんな方にとって気になるのが、「いったい、どれくらい貯蓄しておけば良いのか?」ということですよね。


(出典元:家計調査報告(貯蓄・負債編)/総務省

総務省の家計調査によると、高齢無職世帯(世帯主が60歳以上で、無職の世帯)の平均貯蓄額は、2,430万円ということです。大きな金額に感じた方もいれば、この程度であれば貯められそうと安心した方もいるかと思います。とはいえ、この数値だけ聞いて、2,500万円程度貯めれば大丈夫なのかというと、そうとも言えません。理由としては、以下の2点を確認してみてください。

1つめは、対象となる方の分布です。前述の数値には、60歳の方もいれば、80歳の方も含まれています。しかし、退職金が振り込まれたばかりの方と、貯蓄を取り崩して老後を過ごしている方とでは、貯蓄残高が異なりますよね。ということは、退職直後の方だけで平均額を出せば、もっと金額は高くなることが予想されます。そのため、老後に向けてお金を貯めていくには、平均額以上の額を目標にする必要があるといえるのです。2つめは、老後に必要な資金は、ご家庭ごとに異なるということです。そもそもの話になりますが、老後と一口にいっても、当然ご家庭ごとに老後の過ごし方が異なりますよね。よって、毎月旅行に行けるような余裕のある暮らしを望むのか?最低限、衣食住に困らなければ良いのか?で、老後に向けて貯めておくべき金額も異なるのです。

これらのことから、平均額だけをみて老後に必要な金額を考えても、あまり意味がないかもしれないということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

■老後資金の考え方とは

それでは、老後資金をどのように考えれば良いのでしょうか?

お金の流れは、老後になったとしても、現役時代と一緒です。つまり、「貯蓄」=「収入」-「支出」ということですね。よって、収入のほうが支出よりも多ければ、その差分が貯蓄になりますが、支出のほうが大きくなってしまった場合には、貯蓄を取り崩すことになります。そして、収入が年金だけになる老後において、貯蓄を取り崩すことは避けられないことといえるでしょう。

また、ご夫婦が何歳まで生きるのか?を考えておく必要があります。平均寿命で計算する方もいらっしゃいますが、あまりおすすめできません。なぜなら、日本人の平均寿命は、年々伸びているからです。よって、老後の資金を考える場合には、老後期間に余裕を持っておくほうが安心ですよね。

■老後の「収入」「支出」「貯蓄」を考えてみよう

ご家庭ごとに考えておくべきなのは、「収入」「支出」「貯蓄」のそれぞれが、老後においてどの程度必要なのか?でしょう。それでは、以下で1つずつ見てみましょう。

まずは、「収入」です。老後の収入は、基本的に年金のみとなります。よって、みなさんが将来どれくらい年金をもらえるのか?を確認しておきましょう。自営業の方など、老後もお仕事ができるのであれば、その収入分をもらえるであろう年金額に追加して考えても良いかと思います。

次は、「支出」です。ご家庭ごとに、どのような老後を過ごしたいかで必要な生活費が異なります。そして、老後の場合は、毎月の生活費に加え、大病や介護に備えたある程度まとまった緊急予備資金も必要になります。この分を計算したうえで、必要な支出額を考えてみてくださいね。

最後に、「貯蓄」です。まずは、退職金の有無から確認してみてください。退職金がある場合は、いくらくらいになるのか?を見込んでおくことも忘れないようにしましょう。

一通り確認し終えたら、「支出(老後の生活費)×必要年数+緊急予備資金」と、「収入(年金など)×必要年数」+「貯蓄(退職金)」を比較してみましょう。不足がでる場合、その額が老後に向けて用意するべき貯蓄額ということになります。

ご夫婦の必要な老後資金はどれくらいなのか?を考える際は、ぜひお金の専門家であるFPにも相談しながら、必要な金額を計算してみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup