【医師監修】妊娠中・産後の肩こりの原因と対処法、湿布は使える?

【医師監修】妊娠中・産後の肩こりの原因と対処法、湿布は使える?

Bu facebook
Bu twitter
妊娠中から産後にかけて、ひどい肩こりに悩まされる女性が大半です。肩こりが悪化し、頭痛がするケースも珍しくありません。妊娠初期はともかく、お腹が大きくなる妊娠後期や慌ただしい産後は病院へ行く余裕もなくなりますから、早めに原因を把握し、対処しておきましょう。マッサージ方法や枕の選び方もご紹介しています。







この記事の監修ドクター

むさしのレディースクリニック院長 大田昌治先生

武蔵境駅北口より徒歩2分の助産師がいる産科・婦人科クリニックです。
いつも患者様に寄り添っていける産婦人科のかかりつけ医でありたいと思っています。女性のトータルライフをサポートしていきます。
http://musashino-ladies.jp
ひどい頭痛も引き起こす!妊娠中の肩こりの原因3つ

妊娠前は肩こりに悩んだことがない方でも、妊娠後心身のコンディションが大きく変化することによる、肩こりを起こす方がいます。もちろん、普段から肩こりがひどい方はさらにきつくなる傾向があるので注意が必要です。
妊娠中の肩こり原因①血行不良
妊娠中から産後にかけて、女性の身体は血の巡りが悪くなりやすく、多くの妊婦さんは血行不良の影響で肩こりを感じるようです。もともと冷え性が原因で血の巡りが悪い妊婦さんは、妊娠中さらに悪化させることが多いです。妊娠中はホルモンバランスが乱れ、肩こりで体調不良をうったえベッドから起き上がれない日がある方も珍しくありません。

お腹が大きくなると身体を動かしにくくなるので、運動不足になってどんどん血流が悪くなります。出産が近づくほど血の巡りが悪くなり、肩こり症状が激しくなる傾向があるので、早めにツボ押しやマッサージの習慣をつけましょう。血液が停滞すると筋肉に疲労物質が蓄積されやすくなり、肩こりの原因になります。
妊娠中の肩こり原因②ストレスによる筋肉の緊張
妊娠中は無意識ですが、心身へのストレスが大きくかかっています。そのため、精神的、身体的なストレスが筋肉に伝わり、凝り固まってしまい肩こりを引き起こすことがあります。さらに、妊娠後期は大きなお腹を守るため、寝ている間も緊張や寝る体制による肩への負担をかけるケースも。

初めての妊娠で不安が多く、身体の変化に戸惑ってマタニティブルーに陥ることもあります。緊張状態で呼吸が浅くなっていることも多いので、気づいた時には意識して深く息を吸い込み呼吸法などでリラックスしましょう。
妊娠中の肩こり原因③ホルモンバランスの変化
妊娠中から産後はホルモンバランスが激しく変化し、その影響が肩に出ることもあります。特に黄体ホルモンが胃腸機能を鈍くする妊娠中は、腸内環境が悪化しがちです。腸内に充満する腐敗ガスが腸壁から血液に溶け込み、筋肉を疲れやすくすることも肩こりの原因の1つです。
悪化させる一方!?産後、妊娠中の肩こり

妊娠中の肩こりを放置しておくと、産後はもっとひどくなる傾向があります。産後は妊娠中以上に肩こりが起こる原因が多いからです。
慣れない育児が引き起こす産後の肩こり
妊娠中の心身の緊張は、産後も緩むことがありません。赤ちゃんが生まれてからはほぼ24時間お世話に追われるので、精神的にもヘトヘトになります。また1日に何度も抱っことおむつ替え、授乳を繰り返すので、肩や背中にも力が入りっぱなしになります。
授乳で冷えて肩こり発生?
母乳を与えるために授乳時は服を捲し上げます。この時上半身がむき出しになり、短時間とはいえ、身体が冷えてしまい血行不良から頭痛と肩こりをこじらせるケースも少なくありません。

また、ただでさえ授乳中は母乳をあげる体勢を維持するために力が入り、上半身に負担がかかりやすく肩こりの原因になります。横抱きだけではなく、縦抱きやフットボール抱きなど、意識して授乳体勢を変えることも肩こり軽減に効果的です。ケープなどを活用して上半身を冷えさせない、たまにはお風呂でゆっくり温まる時間がもてるといいでしょう。
産後の運動不足で肩こり悪化も
一日中家の中にいては運動不足になるのは当たり前です。産後1ヶ月頃お宮参りに出かけるまで、ほとんど寝室から出ずに過ごすママさんも少なくありません。産後8週目の産褥期までは、身体が不安定な状態が続きます。悪露も出ているので貧血気味になりますし、分刻みで赤ちゃんのお世話に追われるので、運動不足になるのも無理はありません。身体が元気でもストレッチやウォーキングに時間を割く暇がないほど、赤ちゃんにつきっきりになり、肩こりが悪化することも。
骨盤の歪みによる肩こり
妊娠中と産後の肩こりは、骨盤の歪みも影響しています。骨盤が歪むと身体の重心がずれ、筋肉も常に硬直状態になります。血の巡りも悪くなるので、冷えで肩こり症状に拍車をかけます。腰痛や恥骨痛など肩こり以外の症状も出ている場合、整体や骨盤ベルトなど、骨盤を支えてあげると効果的です。
妊娠中のひどい肩こりに薬や湿布は使える?

マッサージやストレッチ、冷え対策でも肩こりが楽にならない時は病院で薬や湿布を処方してくれるのでしょうか?また、妊娠中や産後の授乳中、使っても問題ないかお伝えします。
妊娠中、授乳中でもOK!肩こりの薬
冷えによる肩こりにお悩みなら、葛根湯がおすすめです。葛根湯は身体を温め、停滞中の血流を促進してくれる漢方薬です。ドラッグストアでも手軽に手に入るので、とても便利です。風邪薬のイメージが強いかも知れませんが、冷えや硬くなった筋肉が原因の肩こりにも効果的。薬の影響を受けやすい妊娠初期を避ければ、赤ちゃんがお腹の中にいる間も服用できます。授乳中も問題なく飲めますが、産後体力が落ちている時は副作用が出る恐れもあるので、心配な方はお医者さんの問診を受けた上で処方して貰いましょう。市販の葛根湯を飲む場合も、毎日連続して飲むのではなく、特効薬としてたまに頼るのがポイントです。
妊娠中、産後の肩こりに湿布は使える?
妊娠中、産後の湿布の使用に関しては意見が分かれます。「使ってもまったく問題ない」と言う意見もあれば、「赤ちゃんに影響が出るのでNG」とする説もあるので、担当の医師に確認が必要です。また、同じ湿布でも有効成分によって影響の強さは違います。

妊娠中の湿布については、2014年に厚生労働省から妊娠後期における湿布(外用消炎鎮痛剤)の一部を禁忌とする改訂が行われました。インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム、ケトプロフェンなどの成分が含まれたものは、赤ちゃんの心臓に影響を与えることがありますので、使用は避けたほうがよいでしょう。
肩こりで湿布を使う時の注意点
妊娠中、産後に肩こり用の湿布を使う時は、上半身にたくさん貼らないようご注意下さい。飲み薬に比べると吸収率が低いので心配することは少ないですが、患部だけに絞って貼るのがポイントです。

また赤ちゃんの手や口が触れない位置かどうか、確認してから貼りましょう。湿布に触った手に有効成分がついている可能性もあるので、湿布使用のあとは手をしっかり洗うこともお忘れなく。ちなみに、就寝中は湿布が剥がれ赤ちゃんにくっついてしまうこともあるので、寝る前に貼るのはあまりおすすめできません。

薬を使わない産後・妊娠中の肩こり対策

妊娠中、授乳中は薬を絶対に使いたくない、と考える妊婦、ママさんも少なくありません。薬や湿布以外の肩こり対策をご紹介します。
肩を回すだけマッサージが肩こりに有効!
肩が凝ってるなと感じたら、ただ肩を回すだけのマッサージも効果的です。妊娠中から産後の肩こりトラブルは、血行不良と筋肉の硬化が主な原因です。そのためまずは、とにかくほぐして温めることが大切です。気づいた時に肩を回してみてください。ホットタオルや湯たんぽ、お風呂上がりなど肩を温めてからの肩回しがより効果的です。
肩こり改善にまくらを見直してみる
妊娠中から産後にかけて、ずっと体調が悪い状態が続く方は、まくらを見直してみましょう。まくらの高さや硬さが頭に合っていないために、首への負担がかかり肩こりを引き起こしている可能性もあります。肩こり対策専用の枕はたくさんあるので、試してみて下さい。枕を変えるだけで肩こりが楽になるケースはたくさんあります。
まとめ
妊婦さん、ママを悩ます肩こりは、本当に辛いものですよね。頭痛を伴うほどひどい肩こりが続き、精神的に参ってしまうことも珍しくありません。妊娠中、産後は骨盤の歪みやホルモンの影響、無理な体勢などが原因で、肩こり症状が出やすい時期です。冷えと筋肉の硬化も肩こりを悪化させるので、意識して肩を揉みほぐし、温める対策のほか、産後は使える薬や湿布もあります。

赤ちゃんの安全を最重視するなら、まずはマッサージや枕を使った対策から取り組んでみてはいかがでしょうか。

関連リンク
【医師監修】妊娠中にめまいが起こる5大原因! やってはいけない対処法は? | マイナビウーマン
鈴鹿サーキットへ家族で行こう!子連れでの楽しみ方ガイド | マイナビウーマン
大和田美帆さん「子育て、どうですか?」と聞いてもらうことのメリット | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup