“想像力” がモノを言う。「気配り上手」になるために大切な2つのこと。

“想像力” がモノを言う。「気配り上手」になるために大切な2つのこと。

Bu facebook
Bu twitter

みなさんは職場で、「上司と部下とでは自分の態度が異なっている」ということはありませんか。もちろん全く一緒というわけにもいきませんが、同じ職場で働くのならば、上司や部下、取引先など、誰に対しても “心を配れる” 人のほうが好感を持ってもらえるはず。ただ、無意識のうちに態度に差が出てしまっているということも考えられますよね。

そこで今回は、気配りができる人になるためのちょっとした工夫についてお伝えいたします。

「気配りができる」とはどういうことか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup