子どもたちはケンカで育つ?!子供同士のケンカにどう対処してますか?

子どもたちはケンカで育つ?!子供同士のケンカにどう対処してますか?

Bu facebook
Bu twitter
◆子供にとってケンカは成長のチャンス!
お友達同士で遊んでいるときも、園に通っているときも、子供同士のケンカは親の悩みの種になりがちです。オモチャの取り合い、貸し借りができない、順番が待てない、仲間はずれになった、などなど。子供たちのケンカの原因は尽きることがありません。ケンカをしている自分の子供を見ると、つい母親スイッチが入ってしまい、無理やりやめさせたり、怒鳴ったりしてしまうこともあると思います。それは、子供には傷ついてほしくない、という母親ならではの防衛本能なのかもしれません。
ですが、実はケンカが子供たちの自我の成長にとって大きな役割を担っていることは、児童心理学の研究でも明らかにされています。
子どもたちの自然な姿の一つとして、けんかやいざこざが挙げられる。子どもは数々の幼児期のけんかやいざこざ、衝突や摩擦を経験し、折り合いを付けながら様々な感情を体験し、コントロールする力を獲得していく。こうした対人関係のルールを学ぶ機会を確保し、子どもの心を育んでいく大人や保育者の役割は大きい。幼稚園教育要領(2008)の中には、「けんか」という用語は出てこないが、葛藤やつまづき体験など、互いに思いを主張し折り合いをつける体験の大切さについて記されている。
出典:ci.nii.ac.jp

Fighting
そうなんです。子供たちはケンカや衝突を通して、人との関係の築き方、怒りや悲しみなどのいろいろな感情を体験している。まさにケンカは成長のチャンス!なんですね。お友達同士のケンカが始まったら「おー、成長してる、してる!」と心の中でつぶやいてみましょう。
◆ケンカの場面で、親の私たちができること
ケンカは成長のチャンスではありますが、実はそこに大人である親・保育者がどう関わるかによって、与える影響が変わってくるということも研究で明らかにされています。具体的にはどのように対処するのがいいのでしょう?保育士さんたちの対処方法などから考えてみましょう。
①まずは子供たちに任せてみよう
ケンカが始まったとき、ついつい口をはさみたくなるのをグっとこらえて、まずは見守って任せてみましょう。じっとなにが起きているのか、観察してみましょう。子供たちは自分たちで解決する力を持っている。そう信じてかかわってみるとなにが起こるでしょうか?
多くの研究者が、子どものけんかはある程度子ども同士に任せて、必要に応じて仲立ちをする必要性を説いている
出典:ci.nii.ac.jp
例えばオモチャの取り合い。1~2歳でも起こるケンカですが、3歳にもなると子どもは「欲求が通らないこともある」と学び、どう交渉すればいいか、欲求が通らないときにどう折り合いをつけるかを学んで、仲直りすることを覚えます。4歳頃には相手の気持ちもだんだんとわかるように!そして徐々に多くの人と関われる社会性を身につけるのです。だからこそ、多くの保育士さんが実践しているようにある程度「見守る」という姿勢が必要ですね。
出典:www.hoiku-shigoto.com
②解決しなさそうなときは「どうしたの?」と聞いてみよう
園児や低学年では、まだまだうまく思いが伝えられなかったり、上手に譲り合いができなかったり、思わず手が出そうになったり、解決しないことも多くあると思います。ぐっとこらえて見守っていて、どうしても解決しそうにないときは、まず「どうしたの?」とケンカしている同士に平等に状況を聞いてみましょう。お互いの気持や願いを理解できるように助けてあげましょう。通訳してあげるようなイメージでのぞむといいかもしれません!
また、どのタイミングで介入するか、という調査では、保育士さんの中では「どちらか一方が相手をたたいたり蹴ったりし始めた時」が一番多いという調査結果も出ています。参考にしてみてください。
③話を聞いたら気持ちに『共感』してあげよう!
ケンカの原因や状況を聞いていくと、子供たちの中に「怒り」や「悲しみ」「悔しさ」「イライラ」など、いろいろな感情が渦巻いているのを感じられると思います。「そうかぁ、おもちゃを貸してもらえなくて悔しかったんだねー」「一緒に遊んでもらえなくて、寂しかったんだねぇ。悲しいねぇ」と、子供たちの感情・気持に共感してあげましょう。子供たちが感じている感情にラベリングをする、名前をつけることが子供たちの心の成長につながります。

Crying
また、「お母さんに話を聞いてもらえた」「お母さんが悲しいってわかってくれた」と感じるだけで、子供たちの心はずいぶん落ち着きます。大人も一緒ですよね♪
④一緒に解決策を考えよう
ここまで来たら、(あるいは子供たちが落ち着いてきたら)最後に「どうすればいいと思う?」「どうしたらケンカにならなかったかな?」と質問してみましょう。大人が解決策を教えるのは簡単で速い解決方法かもしれませんが、できれば答えを押し付けるのでなく、子供同士に考えさせましょう。「ごめんねって謝る」「順番に貸してあげる」「半分こする」など、子供たちなりの回答が出てくると思います。私たちでは思いつかない、ビックリするような答えが出てくるかもしれませんよ!
◆親同士・先生との信頼関係を築こう
ケンカは一人ではできません。当然相手がいること。自分だけが「ケンカは成長のチャンス」「できるだけ見守ろう」と思っていても、ケンカ相手の親御さんはどう考えているか全くわかりません。だからこそ、普段から信頼関係を築いておくのが大切ですよね。同時に園でのケンカに対応してくれる先生とも、普段からコミュニケーションをとっておくと安心です。
保育園ではお互い様。保育園でのトラブルは、被害があったことは教えてもらえるけど、お互い様なので、加害者の名前は教えてもらえません。 先生たちが適宜注意をしているし、まだ1歳そこそこなので、ケンカそのものも仲裁の必要がないと思います。
出典:digest.beach.jp
「私はこう思うけれど、あなたはどう思う?」と、園の先生やママ(パパ)友達などと率直に意見交換をしてみてはいかがでしょう。とくに園の先生などは、こういった保護者からの相談があって初めて気付く事や行動に移せることも多いので、直接お会いする時間が取れなくとも電話や手紙などで自分の気持ちを伝えることが大切だと思います。
出典:allabout.co.jp

75tbtqgn7g
いかがでしたか?『ピンチはチャンス』ならぬ『ケンカはチャンス』!子供同士のいざこざやケンカを大人が遠ざけ、妨げてしまうのではなく、見守りながら、子供たちの心の成長をサポートしていける社会になるといいですね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup