縦の比較より横の比較!?すぐ他人と比べるアスペルガーの娘を変えたのは1冊の本だった

縦の比較より横の比較!?すぐ他人と比べるアスペルガーの娘を変えたのは1冊の本だった

Bu facebook
Bu twitter

テストに合格したのに自分を否定する娘

縦の比較より横の比較!?すぐ他人と比べるアスペルガーの娘を変えたのは1冊の本だったの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10186008131

アスペルガー症候群の診断が下りている9歳の娘は、「0か100か」「善か悪か」「失敗か成功か」など物事を極端に捉えてしまう両極思考の特性が強く出ています。自分自身を評価する際に「0」「悪」「失敗」といった悪い方へ偏ってしまうため、すぐに自分を否定してしまうのです。

先日、水泳教室で行われた進級テストで、娘は2ヶ月でバタフライを習得。見事、次の級に上がることになりました。バタフライをマスターするには半年ぐらいかかるかな?と思っていた私は、大喜びで教室から出てきた娘を迎えたのですが、本人はどうも浮かない顔をしてています。

「おめでとう!がんばった甲斐があったね。すごくキレイに腕も上がっていて、いい泳ぎだったよ」と声をかけても、作り笑顔が返ってきました。

そして、不機嫌なまま夜を迎え、ベッドでお喋りをするリラックスタイムになると、娘はついに泣き出してしまいました。

娘の感じていたこととは…

縦の比較より横の比較!?すぐ他人と比べるアスペルガーの娘を変えたのは1冊の本だったの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132009681

「どうしたの?せっかく合格したのにあまり嬉しそうじゃないから気になってたんだけど、なにかあった?」
「別になにもないんだけど、1ヶ月でバタフライに合格した子がいたの」

「そうなの?すごいね!でも、あなたもたった2ヶ月でマスターしちゃって、ママはびっくりしたよ」
「でも、あの子は1ヶ月でマスターできたのに、私は2か月もかかって!おまけにあの子のほうが泳ぎも上手で、私なんて全然ダメ!」

「えっと、あの子がどうかじゃなくて、ママはあなたが合格したことを一緒に喜びたいんだけどな」

「それに、あの子は週に2回通ってるから、1ヶ月だと8回練習したってことでしょ?あなたは週に1回だから、2ヶ月で同じ8回の練習じゃない?卑屈になることないと思うけど」

「同じ8回の練習かも知れないけど、私なんかの泳ぎよりよっぽど上手だったのっ!」

とにかく何を言っても「あの子はすごい、私はダメ」のオンパレードで泣くこと数十分。なるべく娘が納得行くように寄り添おうとは思っていましたが、私の方に限界がきました。

「あのね、いい加減にしないとママ怒るよ?いつも言ってるけど、他人と自分を比較して何かいいことある?今日はせっかくあなたの努力が実ってステキな日だったのに、今どんな気分?嬉しい?楽しい?ママは哀しくなってきたよ」

「私もちっとも嬉しくない...」

「ついつい人と比べてしまう気持ちもわかるけど、その人と自分とはまったく違う人間で、環境もそれにかける意気込みも努力の仕方も全然ちがうの。結果だけを見て人を羨んだり自分を貶めても何の意味もないのよ?」

「お友達のことをすごいなと思ったのなら、素直に『あの子はすごいな』って思えばいいよ。自分に足りない部分が見つかったのなら、『ここが足りてないな』って思えばいい。そこで足りない部分をどう工夫していくかを考えれば前に進めるけど、卑屈になるだけだと何にも成長しないよ?」

「さあ、お説教はこれでおしまい!後は思う存分あなたを褒めるから、あなたもちゃんと自分を認めてあげてね」

こうして長い夜はようやく終わりを迎えたのでした。

私のお説教より娘の心に響いたもの。それは…。

縦の比較より横の比較!?すぐ他人と比べるアスペルガーの娘を変えたのは1冊の本だったの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11017014914

そんな話をしてしばらく経ったある日のこと。

娘が「そういえば、この間ママと話したことがこの本に載ってたよ。縦の比較と横の比較があるんだって」と言って1冊の本を持ってきました。それは『10代のうちに知っておきたい折れない心の作り方』という本。

いろいろな心の持ち方が子供にもわかりやすいように噛み砕いて説明されているのですが、その中に「他人と自分を比べてしまう」という項目があって、「横の比較ではなく縦の比較をすると楽になるよ」というお話があったのです。

それは、お友達と自分を比べてどちらが先に進んでいるかに「横の比較」注目するのではなく、昔の自分と今の自分を比べてどれだけ成長したかに注目する「縦の比較」をするようにしましょう!という内容でした。

一緒にその本を読んで以来、「あ、それは横の比較だから縦で見てみよう!」と声をかけるだけで、比較のポイントを修正できるようになってきました。

学齢で言うと小学4年生になった娘。私が「こういう考え方はどう?」と話しても素直に受け入れられないことが増えてきました。自分で解決策を見つけ出したい、親の意見をそのまま受け入れたくないという態度は、成長の表れでもあるのでしょう。

そんな娘でも、本に書かれている考え方は受け入れやすいようです。本ならば、自分が直接批判されているわけではないという安心感から、素直に良いと思ったことを受け入れられるのでしょう。

他人と比較をする気持ち。それは子どもだけの問題ではなく、

縦の比較より横の比較!?すぐ他人と比べるアスペルガーの娘を変えたのは1冊の本だったの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161019012

横の比較ではなく、縦の比較。それは親にとっても大いに関係ある話です。

私は「他人と自分を比べても、いいことなんて一つもないんだよ」と、子どもたちが幼いころから伝え続けてきました。

しかし、私自身は「うちの子はクラスで何番目に背が低い」とか「あの子はとても絵が上手、それに比べてうちの子は…」と、些細なことで他の子どもたちと比べてばかりいた気がします。

その結果、どこかで子どもに余計なプレッシャーを与えてしまい、成長に見合わない成果を求めていたことも、知らず知らずのうちにあったのかもしれません。

去年、子どもたちは学校へ行くのをやめ、ホームスクールを始めたことで、同学年の子どもたちとわが子を比べる機会がなくなりました。そのせいでしょうか。これまでよりもずっと素直な目で子どもたちを見られるようになりました。

背が低くても、毎年少しずつ伸びている。誰かと比べて子どもの絵を見るのではなく、純粋にわが子の絵を見てみるとステキな線や色が見えてくる。

横の比較ではなく、縦の比較。

そのキーワードを胸に、親も子も他人を見下したり自分を否定する、辛いループから抜け出せるといいですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup