「ブラデビュー」はいつから? ママが気にしてあげるポイントは? いまどき小学生の下着事情

「ブラデビュー」はいつから? ママが気にしてあげるポイントは? いまどき小学生の下着事情

Bu facebook
Bu twitter
心もからだも、日々成長していく子どもたち。とくに女の子の場合、小学校中学年くらいを目安に、からだつきが大人びてくる子も少なくありません。

デリケートなこの時期に、親ができることとは? いまどきの小学生女子の下着事情から選び方、子どもとのコミュニケーションのとり方まで、女の子のからだの発達と下着について長年研究を進めているワコールのプロに教えていただきました。

株式会社ワコール 石川桃子さん
<お話をうかがったのは>
株式会社ワコール 総合企画室 広報・宣伝部
石川 桃子さん

女性の「美しくありたい」に応える企業として、さまざまな活動を行うワコール。成長期の女の子とその保護者への取り組みとして、ワコール人間科学研究所のデータをもとに、成長期のからだの変化や下着の選び方をレクチャーする無料の出前教室「ワコール ツボミスクール」も開催。10万人以上が参加している(2016年3月末現在)



■いまどき小学生女子の17%が、4年生までにブラデビュー!
「最近の子は発育がいいなあ」と思ったことはありませんか? いまどきの女の子のからだの成長について、ワコールがまとめた「バストの成長と年齢の関係」のデータを見せていただきました。

バストの成長と年齢の関係

ワコール人間科学研究所のデータでは、11歳でバストのふくらみがみられる女子の割合が、1980年では約45%に対し、2014年では80%近くまでアップ。また、初経(初めての月経)の年齢も、1980年では12歳で約20%だったのが、2014年は50%以上になっていることがわかりました。

つまり、現代っ子は親世代の頃よりも、ちょっぴり成長が早めな傾向にあると言えそうです。では、ブラはいつ頃からしている子が多いのでしょう。

Q.はじめてブラを着けたのはいつ頃から?

小学校5年生からつけはじめた子がいちばん多い 出典:「今どきファーストブラ事情」(ガールズばでなび)



ワコールの調査によれば、小学4年生で17%がこれまでの下着からブラ機能のある下着にチェンジしているそう。さらに、ブラをしている子のうちの80%が小学生のうちにファーストブラデビューをしているという結果が!

そんなに早い時期からブラをつけるの? とびっくりしてしまいそうですが「ここでいうブラとは、バストを保護する意味でのブラ機能がついた下着のことです」と石川さん。つまり、大人用のブラではなく、ソフトなノンワイヤータイプやスポーツブラ、あるいはバストにあたる部分が二重になったタンクトップなども広くは「ブラ」に含まれ、これらを初めてつけるタイミングを「ファーストブラデビュー」ととらえているとのことです。

ブラ機能のあるタンクトップ

“ファーストブラ”として選ばれやすい、バストにあたる部分が二重になったタンクトップ



「成長が早い子もいれば、のんびりめな子もいますので、10歳になったからブラデビューをしなきゃ! ということではありません。データはあくまで目安としてとらえていただいて、ママ自身がうちの子もそろそろかな? と心の準備をしつつ、お子さんの成長に応じてその時々にあった下着を選んであげることが重要です」(石川さん)

子どものからだの変化に気をかけながら、その子にとってよいタイミングで下着を切り替える声がけをしてあげられるとよさそうですね。



■生理とバストのふくらみ… どっちが先だっけ?
自分も通った道ではあるけれど、どんな順番で、どうやって成長していったか記憶があいまい…そんなママもいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、女の子のからだの発達について、いま一度おさらいしてみましょう。

●ステップ1:乳頭のあたりがふくらむ(初経が始まる1年以上前)
STEP1

乳頭のふくらみが肌着やTシャツの上からでもわかるようになります。胸がちくちくする、服とこすれたり手があたったりするだけでも痛い、固いしこりのようなものがあるなどを感じる子もいます。

●ステップ2:ふくらみが横に広がる(初経が始まる前後)
STEP2

ステップ1から1~2年かけて、少しずつ乳頭の周りがふくらんで横に広がり、輪郭がわかるように。バストがゆれるため、走ると痛みを感じる子も。そろそろ初経をむかえる心づもりをしておくとよいでしょう。

●ステップ3:立体的にふくらむ(初経から1~3年)
STEP3

初経をむかえたあとも、バストは成長します。約3年かけて大人のような全体的に丸みをおびたバストに近づいていきますが、まだ大人用のブラだと上カップが浮くなど、きれいにフィットしません。


初経をきっかけに下着をチェンジしよう、と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、じつは初経よりバストの成長のほうが先に始まるのです。

■娘の胸の変化に「運動会で初めて気づいた!」というケースも
「ちょうど10歳頃(小学4年生)から親と一緒にお風呂に入らなくなる子が増えることもあって、つい子どものからだの変化を見過ごしてしまうことも多いようです」

と石川さん。実際に「運動会で初めて娘の胸の変化に気づいた」なんて話もよくあるのだとか。また、バストや下着のことで悩みがあっても、親に相談しにくい…という子も少なくありません。

「お子さんが下着姿のときにバストトップが透けていないか時折チェックしたり、日頃から“大人になることは決していやなことではなく、楽しいことや、できることがたくさん増えるんだよ”とポジティブに語ってあげていると、お子さん自身もからだの変化をステキなものだととらえられたり、ママに話しやすくなったりするんじゃないかなと思います」

株式会社ワコール 石川桃子さん

「ファーストブラを一緒に買いに行った母娘は、その後も体や異性の悩みについて相談しやすくなるなど、関係が良好になるというデータがあります」と石川さん



そういえば私も親に「そろそろブラがほしい」って言いにくかったなあ、と、思い当たる方もいらっしゃるのでは。経験者であり、最大の理解者であるママだからこそ、子どもの気持ちに寄りそって、不安や気がかりを解消するサポートしてあげられるとよいですね。

次の記事では、成長に応じた下着の選び方、チェックポイントをご紹介します。

<取材協力>
・ワコール http://www.wacoal.jp/
・ワコール ツボミスクール http://www.wacoal.jp/company/tsubomi/
 
 
(コミヤ カホル)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup