5年後の学校は「非認知スキルと英語」が必須!? 勤勉性と自制心を高める子育て術【後編】

5年後の学校は「非認知スキルと英語」が必須!? 勤勉性と自制心を高める子育て術【後編】

2016年4月22日公開

Bu facebook
Bu twitter
バタバタな就寝前にこそ、親子で向き合う時間を作ることが我が家では必要だと思いました
道村:それでは、お二人で決めた家族内ルールを教えてください。まずは伊與夫婦から!

伊與(夫):伊與家では、「非認知スキル(EQ)を育むための3か条」を決めました。まず前提として、無理をすると長続きしないので、夫婦のスケジュールや生活リズムを最優先させてもらうというのが一つ。次に、テレビは2時間までと決めて、「我慢する力」と「集中力」を身につけさせたいと思います。ただし、親子でのテレビゲームは除外とすることを、3つ目のルールとします。これは、親子のコミュニケーションの時間であり、「協調性」や「社交性」を育むことに繋がると考えました。

「共働きだからこそ、夫婦でのルールは必要」と話す2人
土肥(夫):私たちは「土肥家の非認知スキル(EQ)向上計画」と名づけ、風呂上がりの1時間はEQを育む時間に充てることにしました。普段から外に出て家族以外のいろいろな人と遊んでいるので、社交性や協調性は養えていると思います。それ以外のEQを育むために、風呂上がりは「最後まで本を読む、または読み聞かせる」か、「親子の会話」に費やしたいです。夕方帰ると、もう寝る時間が迫っているのでバタバタと過ごしがちですが、親子で向き合う時間を意図的に作りたいと思っています。

土肥(妻):または、「ルーティン学習」の時間にする。絵を描いたりだとか、同じことを同じ時間に腰を据えてやることで、集中力を養いたいと思います。それから小学校への入学を見据えて、子どもには「ご飯を食べ終わるまでは座る」など、当たり前を「約束ごと」にすることで、しっかりと伝えていこうかなと思います。

土肥夫婦は「お風呂上がりの時間に、やり抜く力・自制心・勤勉を育みたい」と語る
山口(夫):私たちは、食後15分でも20分でもいいから学びの時間を入れたいです。共働きなので、平日は保育園に迎えに行って、料理を作って、洗濯して、お風呂入れて……ということを、時短勤務の妻がしている状況です。それが、テレビを見せている要因になっている。親の都合をなくすためにこれからは、皿洗いは私がやります! その分、彼女に子どもと向き合う時間を持ってもらいたい。あと、休日は決まった起床時間がなく、朝食をはじめ、その日の行動時間にバラつきがあるので改善の余地があるかなと。家族みんなで一日のはじまりを迎え、朝食はみんなでとりたいなと思っています。そして「今日はどんな遊びをしよう、どんな学びをしよう」ということを一日のはじめに話して決めることにします。

「親が子どもの『学習時間』に付き添ってあげたい」と話していた山口夫婦
道村:みなさん、とてもいいですね! 今回は夫婦で話し合ってもらいましたが、子どもが4〜5歳くらいになったら、一緒に家族会議するのも効果的です。「家族みんなで決めた」ということが、子どもの自制心を育ててくれますよ。

私自身、今回の講義やワークショップに参加するまでは「こんな子に育ってくれたらいいな」とぼんやり考えていましたが、勉強以外のところでも、私たち親ができることはたくさんあるのだと学ぶことができました。5年後の英語教育改革に向けて、英会話などの習いごとを習慣化させて、非認知スキルの継続力を身につけさせる……というのも一つの手かもしません。また、「自分の都合でついついテレビを見せてしまう」「休日の朝が家族バラバラにスタートする」など、3組の夫婦の悩みは「うちも」と共感する内容ばかりだったので、我が家でも家庭内ルールを決める話し合いをしたいと思います。言葉を理解できる年齢になったら、息子も交えて。

前編はこちら
サービス情報

<オンライン英会話 GLOBAL CROWN>
道村さんが運営する教育サービス事業「GLOBAL CROWN」は、子どもが自宅でリラックスしながら伸び伸びと学ぶことができ、バイリンガルの先生が明るく楽しく指導してくれます。スマートフォンやタブレットを使用し、子どもに合わせたカリキュラムを組めるのも魅力の一つ。3回のレッスンで英会話レベルが一つ上がる無料体験レッスンを受付け中です。
https://www.global-crown.com/

「GLOBAL CROWN」体験レポート記事
http://www.saison-chienowa.jp/articles/2lISBqrn

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup