「チーム育児」の時代が到来。共働きの夫婦がワンオペ育児からの脱却法を学ぶ

「チーム育児」の時代が到来。共働きの夫婦がワンオペ育児からの脱却法を学ぶ

浜屋祐子・中原淳『育児は仕事の役に立つ「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ』

Bu facebook
Bu twitter
文:小島 さゆり(CHIENOWA)
著者は育児中の研究者。忙しいママパパでもさくさく読める共働きのための本
本書はリーダーシップ開発などを研究している東京大学 大学総合教育研究センター准教授の中原淳先生(2児の父)と、働く大人の学びに関する研究を続ける浜屋祐子氏(2児の母)による共著です。昨今、急増している共働き家庭にフォーカスし、「育児で身につくスキルや能力が、仕事にも活かせるのではないか」という見地について、豊富な研究データをもとに論理的かつわかりやすく書かれています。

お二人とも育児中ということもあり、母親目線の浜屋さんの発言には大いに共感し、また父親目線での中原先生のつぶやきには気づかされる部分がたくさんあります。構成が対話形式で書かれており、忙しいワーママ・パパもさくさくと読み進められるのでおすすめです。
想像もしなかった! 「子育ては仕事の役に立つ」というチーム育児の考え方
この春、2年間の育児休業を終え、新しい職場に復帰した私は日々奮闘するなかで、つねに「仕事と育児の両立」問題に頭を悩ませています。わが家の場合、子どもの朝の支度・保育園への送りは二人で行いますが、帰りのお迎えから帰宅後の寝かしつけまでは私が一人で担当しています。両親が近くにいないため、子どもの急な体調変化などは時短勤務の私が対応するケースがほとんど。できるだけ周囲に迷惑をかけないようにと、一人で仕事を抱え込んでやり切ろうとするあまり、「時短勤務」や「子どもの病気」などが仕事の足を引っ張るという現実に目を向けがちになります。

日本の家庭ではママによる単独育児(本文ではワンオペ育児と表現しています)が一般的ですが、本書では、パパも主体的に育児に参加する「チーム育児」を理想として掲げています。この「チーム育児」が上手くいくと、ビジネスで必要な「リーダーシップ」や「管理職への意欲」などがもたらされ、業務能力の向上を促すと書かれています。

これについては前述した仕事と育児とのジレンマや、周囲よりも早く仕事を切り上げ、ダッシュで帰宅するときに感じていた「後ろめたい気持ち」に光がさした気分でした。
育児の「ヘルプ」サインは、仕事・家庭のマネジメント力を上げる一歩
少し前に、「アマゾンダッシュボタン(Wi-Fi接続をした機器のボタンを押すだけで、指定の商品を注文することができるサービス)」なるものが世に出て、衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。全部一人で抱え込んで完璧にしなくてはと思い込んでしまうワーママには、買い物にかける1分1秒の時間さえ貴重なのです。そのため、ワンプッシュで買い物が済んでしまうこのサービスはとても革新的でした。こういったサービスがサポートしてくれるおかげで、家事や育児に追われるワーママがどれだけ助かることか!

ママは家事や育児を「他人に任せてはいけない、すべてやり切らなくてはならない」という気持ちがどうしても強い傾向にあるといえます。それゆえ、他者に頼ることができないし、「助けて欲しい」と簡単に言えないのです。

ですが、本書では「人に頼ること、任せることは(仕事、家庭の)マネジメントの一歩」として捉えて積極的に行うべきだとしています。

つい先日、一日出かける用事があり、初めて夫に夕飯を任せてみることにしました。私はいつも「栄養バランスのとれた手料理でなくては」という呪縛観念がつきまとっていたのですが、夫は「頑張らない料理」で子どもたちを喜ばせていたようです。「頑張るママ」を解き放ち、夫に「助けてもらう、お願いする」ことができれば、ママは楽になれることを知った出来事でした。

これを仕事に置き換えると、周囲を巻き込んで無理せず業務を進めるマネジメント思考につながるのだそうです。今後はベビーサインならぬ、ママが出すヘルプ「ママサイン」も世の中に浸透させる必要があるといえますね。
気になることはトライしてみる。「チーム育児」を円滑にするポイントとは?
本書の最後に「チーム育児」を円滑にするポイントが書かれています。それは、「①ふりかえる ②見直す ③やってみる」です。この意味は、夫婦で冷静になってロジカルに話し合う時間を持ち、ふりかえりをしたうえで、現状のやり方に問題がないか見直して、改善策を考える。そして気になることはトライする(本書ではトライの例として、病児保育のシッターさんを呼ぶなどが挙げられています)。このサイクルを積み重ねることで「チーム育児」が成熟すると書かれています。正解のない育児にチームで取り組むには、シンプルですがとても大切なことだと思います。

しかし、仕事上でこの作業をできても、家庭ではかなり難易度が高いモデルだと思います。これらを家庭で上手く進めるには、たとえ夫婦でもコミュニケーションを惜しまないこと、タスクを共有すること。とくに欠かせないのは「ありがとう」の一言だそうです。つい、やってもらって当たり前と思いがちですが、笑顔で感謝を伝えようと思いました。

また、最終章には、チーム育児の家庭が増え、働き盛りのパパ世代が育児に関わるようになると、企業は「労働時間の短縮・効率性の重視」が不可欠になり、日本の働き方改革につながると締めくくられています。働くパパ・ママ必見の一冊ですが、さらに多様化するライフスタイルに対応した人事制度のあり方についての意見も述べられていますので、管理職の方・人事の方にもぜひ読んでもらいたいです。
プロフィール

小島 さゆり(こじま さゆり)
セブンCSカードサービス メディア計画課。6歳の女の子と2歳の男の子のママ。

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup