クリスマスツリーはたたむ時代? おしゃれなのに省スペース・高コスパ「クリスマスデコレーション6選」

クリスマスツリーはたたむ時代? おしゃれなのに省スペース・高コスパ「クリスマスデコレーション6選」

Bu facebook
Bu twitter

クリスマス気分を早々に盛り上げてくれるのが、ツリーやオーナメント、リースなどのクリスマスデコレーション。「今年のクリスマス、どんな飾り付けをしようかな…」とまだ迷われている方も多いでしょう。

そこでチェックしたいのが、ウーマンエキサイトのスペシャルサポーター「ママリーダーズ」のSNS。彼女たちがどんなクリスマスデコレーションを楽しんでいるか、昨年のクリスマスシーズンのブログやInstagramから、その様子をのぞいてみました。

そこには、おしゃれかつ温かみのあるクリスマスデコレーションのヒントがたくさんちりばめられていました。

■クリスマスツリーは壁にかけるもの? 二次元デコで省スペース

■100均グッズで手作りオーナメント「ツリータペストリー」




教えてくれたママリーダーズは…
EHAMIさん/賃貸DIYのスペシャリスト

自宅のDIYをブログやSNSで公開したところ雑誌やWEBなどの取材を受けるようになり、テレビにも出演。賃貸物件でも試行錯誤しながら原状回復できるように考えたDIYを施し、今の嗜好(しこう)や用途に合わせたインテリアや家族が心地いい暮らしを楽しむ。



我が家は賃貸暮らしで、住まいは広くありませんのでクリスマスツリーはツリータペストリーを使用しています。

収納も場所を取らないので助かります。

ドライレモンのオーナメントは、Instagramで拝見したツリーの飾りがすてきで参考にさせていただき作りました。

ドライレモンはナチュラルキッチンのもの。それにプチリメイクでニトリのオーナメントを付けました。

ダイソーのビッグロービングで、コットンボールのオーナメントも作りました。コットンボールといってもウッドビーズに木工用ボンドをつけながらくるくる巻いただけで、簡単に早くできます。

ツリータペストリーは一昨年買ったもの。クリスマスの定番品です。これを飾るだけでクリスマス気分でワクワクします。

簡単なミニツリーも作りました。こちらもコットンボール同様、円錐(えんすい)に毛糸を巻き付けるだけでできます。


■たたんで収納「トイクロスのタペストリーツリー」




教えてくれたママリーダーズは…
中山あいこさん/ライフオーガナイザー

“シンプルで、心地のよい暮らし”をテーマに、ブログ「生活のメモ」で日常を発信。2017年にライフオーガナイザー®1級を取得。著書に「家事がラクになるシンプルな暮らし」、「家事が好きになる暮らしの工夫」(共にエクスナレッジ)がある。



我が家のクリスマスツリーは、 トイクロスという面ファスナーがくっつく布を使っています。 

緑色のトイクロスを裁ちばさみで三角形に切っただけ(切りっぱなし) 。一昨年までは、両面テープを使って壁に直接貼り付けていたのですが、昨年は布用の両面テープを使って、大きな白いトイクロスに貼り付けました。 これなら毎年、取り付け&取り外しが、壁に直接貼るよりも断然ラクチンです。

白い大きなトイクロスの上下の辺をふたつ折りにして ミシンで縫い、そこに ダイソーのつっぱり棒を入れたらタペストリー風になりました。 鉄製のかもいフックに引っかけています。

毎年ツリー用のオーナメントをいくつか追加で 作っています。 この1年の間にサイズアウトしてしまった子どもたちの衣類を切ったり縫ったり。オーナメントの裏側に面ファスナーをつけるとトイクロスにくっつきます。

少しずつ少しずつオーナメントを増やしていって、色とりどりの懐かしい洋服たちでツリーが年々にぎやかになっていったらいいなあ って思います。

トイクロスのクリスマスツリーは、飾っているときも収納するときもすごく省スペースなので、狭い我が家には ぴったりです。縮めたつっぱり棒も一緒にトートバッグに入れて保管しようと思います。


■子どもの作品で「壁一面がクリスマスギャラリー」




教えてくれたママリーダーズは…
山川恵美さん/男女の双子ママ

ブログやインスタでは、双子育児や、ファッション情報などを発信。ママになっても日々を丁寧に美しく楽しみたい。子どもができても年齢を重ねても、女性でいることを諦めない。そんな考えをモットーに、ハッピーマインドで過ごしている。



クリスマスも無事終了? サンタさんへのお手紙&クッキーから始まって、プレゼントを見るまで、2人のワクワクドキドキする顔や笑顔をたくさん見れて幸せでした。

壁飾りは、すべて2人が作ったもの。2人分飾ると絵になるし、同じものを作っても、それぞれの個性が出て面白いものです。






■かわいすぎる!「手作りリース&ガーランド」で気分を上げる!

■姉妹でも個性いろいろ「グルーガンでリース作り」



教えてくれたママリーダーズは…
みぃさん/インテリアコーディネーター

収納や片付けの大切さに気づき、収納のアイデアや大好きな北欧のヴィンテージ家具・雑貨、家事を楽にするためのアイテム選び、家事のコツなどをブログで綴る。



クリスマスのリース作りのイベントに子どもたちと行ってきました。

グルーガンを使っていろいろなものを貼り付けていくだけなので、作業自体は複雑ではないんですが、一度貼り付けると取れなくなるため一発勝負だし、組み合わせとかバランスとかその辺が子どもたちは難しかったみたい。

ちなみに私は横で見ていただけ…(笑)。でも頭の中では「グルーガンって収納にも活用できるんじゃ!?」なんて、相変わらず収納のことを考えてました。

さてさて、そんな子どもたちが作ったリースはこちら。

長女は少し大人っぽいシンプルな感じ。次女は子どもらしくにぎやかな感じ。それぞれ付けるパーツが全然違ってて楽しい〜。こういうのって個性がすごく出ますね。

ちなみにベースは木を薄〜く削った物が巻かれてます。なので匂いをかぐと、木の良い香りがして癒やされます。

次女のは帰宅後、玄関ドアの所に飾りました。やっぱりリースがあるとクリスマス感があっていいですね。

ちなみに長女のは自分の部屋に飾ってます。

■ほぼ0円「生ポポラスのクリスマスガーランド」



教えてくれたママリーダーズは…
政尾恵三子さん/インテリア通のエキサイト公認ブロガー

誰にでも簡単にできるDIYを中心に、100円ショップのプチリメイクなど、子どもたちも一緒に参加しながら暮らしを楽しむ様子を日々、ブログ「HOME+aholic」で発信中。



もらった生ポポラス。とってもいい香りです。

水を吸い上げてるうちは葉もやわらかいので、今のタイミングしかできない生ポポラスのガーランド作りに挑戦しました。

大きな葉っぱを数枚ちぎって、落書き。それを紙にはさんで、重しをのせて、きれいにドライになるように。

100均ショップのセリアでウッドピンチ付きのひもを見つけたので、乾燥させたら一つ一つはさみました。

とっても簡単なクリスマス仕様のガーランドのできあがり。今年もシンプルなクリスマスです。


■フワフワは無敵!「ファーの長靴型ガーランド」



教えてくれたママリーダーズは…
yunyunさん/ヴォーグ学園東京校講師。色彩コーディネーター、インテリア設計士

2005年から布小物作家として活動開始。布合わせを楽しみながらオリジナル感ある作品づくりを日々ブログで紹介しながら、イベントや個展、不定期開催のウェブショップなどで販売。『neige+ yunyunの100円アイテムで作る簡単リメイク収納&インテリア』(メディアソフト)、『猪俣友紀のまいにちの布こもの』(エクスナレッジ)、『布合わせを楽しむワンランク上の布バッグ』(スタジオタッククリエイティブ)を出版。



フワフワのファーハギレで、切っただけで作った小さな長靴のガーランド。ほっこり癒やされます。



「ツリーを飾るスペースも収納スペースもない…」と悩んでいるなら、二次元クリスマスツリーに挑戦してみてはいかが? オーナメントやリース、ガーランドも手作りして、クリスマス気分を盛り上げましょう。



(ウーマンエキサイト編集部)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup