「美眉を描くたったひとつのコツ」は○○の位置!プロが徹底解説

「美眉を描くたったひとつのコツ」は○○の位置!プロが徹底解説

Bu facebook
Bu twitter

女性らしく見せたいときは細めアーチ、キリっとした雰囲気を演出したいときは太めストレートなど、なりたいイメージに合わせて、眉の形を描き分けるのが今のトレンド。ただ、どんな形の眉を描くにしろ、忘れてはいけないのが「眉山」の存在です。そこで、ヘアメイクアップアーティストの松本聖子さんに、知っているようで意外と知らない、眉山の正しい決め方を教えてもらいました。

眉山が重要な理由をプロが解説

山の位置を間違えて眉を描いてしまうと、眉山付近にある骨や筋肉にフィットしないため、眉だけが顔から浮いてしまうことに...。洗練された美眉を描くためには、骨格にフィットさせるように山を意識して描くことが重要。それでは、正しい眉山の決め方をチェックしましょう。

眉山の正しい決め方

眉山は、目尻の白目の終わりの真上にくるのが理想です。慣れるまでは、ブラシの柄などを目尻にあてて山の位置を決めると、分かりやすくてGOOD。また、山の頂点にペンシルアイライナーなどで小さく印をつけ、そこを起点に眉を描いていくと、山の位置がブレずにきれいな形の眉が描けます。
さらに、眉山と同様、どんな形の眉を描く時でも、眉尻は眉頭より下がらないのが基本。眉が完成したら、眉尻の位置が眉頭より上にあるかをチェックし、もし眉頭より下がっている場合は調整するのもポイントです。

つい眉頭から描き始めてしまうという人も多いと思いますが、まずは山を決めて、眉山から描き始めることが、美眉メイクの最大のコツ。この法則を知っていれば、もう眉メイクを失敗しなくて済みそうですね!

【使用化粧品】
プレイリスト ファインストロークアイブロー

photo:鈴木花美 model:山岡葵

【関連記事】
・ シャープペン並みの極細アイブロウで自然に増毛♪まろ眉、細眉、薄眉etc.眉悩みはもう卒業!
・ "グレー"と"毛並み"がポイント!プロが教える「長谷川潤ちゃん風眉メイク」

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup