社会課題解決のための新時代のアプローチ「コレクティブ・インパクト」が大注目されている理由。

社会課題解決のための新時代のアプローチ「コレクティブ・インパクト」が大注目されている理由。

Bu facebook
Bu twitter

コレクティブ・インパクトとは

・ コレクティブ・インパクト(collective impact、集合的効果)とは、NPOや企業、政府などさまざまな団体が一丸となり、特定の社会課題を解決しようとする試み。専任のスタッフがいる、目標達成までのプロセスが明確であるなどの点で、単なる「協働」とは異なる。現代における社会課題の解決に効果的であるとして、コレクティブ・インパクトという手法は世界的に注目されている。

・ コレクティブ・インパクトの利点は日本でも知られつつある。2018年6月、超党派の議員から成る「NGO・NPOの戦略的あり方を検討する会」が、コレクティブ・インパクトについて政府に提言を行った旨が公表された。同会を立ち上げた衆議院議員・鈴木けいすけ氏によると、さまざまな社会課題を解決するには、NGO・NPOが政府や国際機関企業と有機的に連携することが必要とのこと。そして、国民負担を軽減するためにも、これまで政府が担っていた分野にコレクティブ・インパクトを導入することが重要だという。同提言においては、コレクティブ・インパクトの国内における取組みを把握したり、行政・企業に対してコレクティブ・インパクトという手法を周知することなどが求められた。

コレクティブ・インパクトの特徴

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup