新生活! アニマルひもつきタオルで子どもを応援【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.…

新生活! アニマルひもつきタオルで子どもを応援【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.…

Bu facebook
Bu twitter


こんにちは! そんたんママです。
もうすぐ新年度。なんだかそわそわしますね。

春から新しく幼稚園や保育園に入る子を持つママさんは、子どもはうまくやっていけるのか…ということや、入園準備。復帰する方は自分の仕事のことなど、ワクワクとドキドキが入り混じっているのではないでしょうか。

新しい環境で離れてがんばる我が子を応援したい!

そんな訳で今回は、入園グッズのひとつであるひもつきタオルを、ちょっとおもしろく手づくりしたいと思います。

STEP1 材料をそろえよう

材料はウォッシュタオル(30数センチ四方)、カラーひも(20センチほど)、フェルトまたは布、名前テープです。タオルは毎回洗うものなので、フェルトは水洗いOKのもの
を選びます。
最初に色やデザインを考えてからそろえます。今回はちょっと遊びを加えて、ひもの部分をクジラの潮やウサギの耳、カエルの手に見立ててみます。

STEP2 タオルにひもを縫いつけよう

タオルの表側の端にひもをつけます。ミシンがあればガタガタっと。なければ手で、はずれないようしっかりと縫いつけます。上から隠してしまうので見た目は気にしなくて大丈夫。

STEP3 フェルトをカットしよう

紙に下書きをして、サイズなどをみてからフェルトをカットします。布より強度は落ちますが、フェルトの良いところは端の始末をしなくて良いところ! 

曲線もへっちゃらです。ただし前にも描いたように、必ず水洗いOKのフェルトを使うこと。普通のフェルトだと洗濯するうちに毛羽立ったり毛玉がついたりして、せっかく一生懸命つくったのにがっかり…となってしまいます。

ちなみに私は100円均一に売っている洗えるフェルトを使いました。息子の帽子のパッチワークにも使っていて、洗濯機でごんごん洗っていますが今の所なんともありません。


STEP4 刺しゅう、名前テープをつけよう

フェルトをタオルに縫いつける前に、名前テープをアイロンで貼ったり、刺しゅうで目をつけたりなど装飾をほどこします。名前テープはアイロンで接着できるものを使いましたが、はがれるのが心配であれば軽く縫いつけておくと安心です。

余力があれば名前を刺しゅうするのもキュート!
 
 

STEP5フェルトをタオルに縫いつけよう

最後はひもの縫いつけ部分が隠れるように、フェルトをタオルに縫いつけて完成です!

今はできあいのものをどこでも安く買うことができますが、手づくりすればオンリーワン。子どもも自分のものだとわかりやすいです。子どもへのプレゼントのつもりで、楽しみながらつくってみてはいかがでしょう。

もちろん忙しい時やつくるのが苦手なママは、無理せず市販のものに頼って大丈夫!

ちなみに我が家のきーちゃんは1歳の時に保育園デビュー。途中認証から認可に転園して、この春2歳クラスに進級です。

正直最初の保育園の時は自分も仕事はじめで余裕がなく、市販のものに頼りきりでした。転園の頃やっと余裕ができ、色々と手づくりのものを増やしたのでした。

いっぱいいっぱいになってしまうより、ママも笑顔で新生活を始めたいですね。

 
 
(やまだ そのこ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup