入院することになったら……どんな持ち物が必要なのかな?

入院することになったら……どんな持ち物が必要なのかな?

Bu facebook
Bu twitter

幸いにも、今まで一度も入院したことがない私。万が一に備えて入院保障がついた保険には加入しているけれど、いざ入院することになった場合、どんな持ち物が必要になるのかな?

■ある日突然入院することに……持ち物は何が必要?

突然ですが、みなさんはこれまでに入院したことがありますか?

実は、筆者は何度か入院したことがあります。入院期間は、数日間と短いものから1ヵ月程度の比較的長いものまで、さまざまでした。今回は、その時の経験をもとに、入院時に必要な持ち物についてお伝えしたいと思います。

そもそも、どのタイミングで必要な物を準備するの?と思う方もいるかもしれませんが、交通事故などの緊急事態を除けば、事前に入院する日が分かっていることが一般的です。そのため、入院日までに必要な物を準備することができます。

さて、入院するにあたってどのような物が必要になるのか?について、以下でみていきましょう。

一般的には、病院側が事前に持ち物のリストをくれます。保険証などの絶対に必要なものはもちろん、下着やパジャマなどの衣類、歯ブラシや食器類など、実にさまざまなものが記載されています。よって、リストに記載のあるものを持参すれば、基本的に困ることはないかと思います。とはいえ、入院経験のある筆者からすると、リストに載っていないものでも、あったほうが便利な物がいくつかありますのでお伝えいたします。

まずは、「ウェットティッシュ」です。ちょっと何かを拭きたいという時に、いちいちベッドから起きて洗い場に行くは面倒なので、あると重宝します。次に、意外かもしれませんが「ふりかけ」です。病院食は薄味なので、入院日数が長くなればなるほど、飽きてきてしまいます。そんな時、ふりかけがあると食事が楽しくなるのでおすすめです。

自分は神経質なタイプだわ……という方は、アイマスクや耳栓も持参するようにしましょう。特に大部屋の場合、普段は気にならない音が気になる方もいるようですので、注意が必要です。また、病室内は空調の関係で乾燥しますので、乾燥対策としてリップクリームなどがあると便利です。

そして、入院中の時間も楽しむために書籍や音楽プレイヤーもあったほうが良いでしょう。併せて、充電器を持っていくこともお忘れなく!基本的にテレビは有料になります。そのため、読書や音楽を聴くのが良い時間つぶしになることを身をもって体感しました。大きな病院にはたいていコンビニが併設されているので、身の回りの品を忘れても調達することができます。しかしながら、電化製品は手に入らないので、事前に普段使っているものを持っていくようにしましょうね。

■入院するうえでの注意点とは

入院時に必要な持ち物に関しては、前述の通りです。もちろん、人によって+αであったほうが良いものはまちまちかと思いますが……。では、持ち物以外に、実際に入院をするうえで何か注意すべきことはあるのでしょうか?

一番大きいのは、支払い方法です。みなさん、「医療保険に加入しているから、医療費の心配はいらない!」そんな風に考えていませんか?

もちろん間違いではありませんが、その際は注意すべきことがあります。民間の保険会社の医療保険は、入院日数に応じて保険金を支払うのが一般的です。よって、「何日入院するのか?」は退院するまで分からないので、医療保険を請求するのは退院後になります。とはいえ、病院への支払いをすることなく退院できるわけはありませんので、必ず一度ご自身で立て替えることになります。もちろん、大きな病院であればATMなどもありますが、あまり病院にキャッシュカードなどを持って行きたくはないですよね?そのため、お迎えに来てくれる家族がいる場合は、必ず退院時にまとまったお金を持ってきてもらうようにしましょうね。

また、医療保険の請求を行う場合は、必要書類を事前に郵送してもらうことをおすすめします。前述の通り、請求は退院後となりますが、手術などを受けた場合は医師の診断書が必要となります。この際のフォーマットが保険会社指定となっているケースもあるので、退院時に窓口に渡せると退院後に病院へ行く回数も減らせますし、診断書の発行までにかかる日数を短縮することができます。

なお、医師の診断書を発行してもらう場合、通常5,000円を超えるお金が別途請求されます。入院による支払い額そのものが少ない場合、診断書の発行料金は意外と馬鹿になりません。こういった事態に備えて、手術がない又は短期入院であるなど、一定の条件を満たせば診断書なしで支払ってくれる保険会社も存在します。せっかく医療保険に加入するのであれば、商品の良し悪しだけでなく、請求時のことも考えて加入したいですよね。

保険の場合はメーカーから直接加入しても、どこの保険代理店から加入しても保険料は同一です。ちなみに、Sodanで対面相談を承っているブロードマインド株式会社は保険代理店となります。商品知識はもちろん、請求時のフォローやアドバイスにも定評があります。保険加入を考えている方は、ぜひ一度対面相談サービスを利用してご相談くださいね!

【何度でも無料!】Sodanの対面相談はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup