子どものおやつに! まんまるがカワイイさつまいもボール

子どものおやつに! まんまるがカワイイさつまいもボール

Bu facebook
Bu twitter
秋においしいさつまいも。
私の娘は、小さいころからさつまいもが大好き。
なので子どもが生まれてからは、さつまいもは手軽に炊飯器で蒸しています。
秋のさつまいも

©Contrail - stock.adobe.com


炊飯器に皮付きさつまいもを1本入れ(大きければ2等分に切る)、さつまいもの1/3くらいまで水を入れます。
そして普通モードでスイッチオン。
それを切って娘のおやつに。

ちなみに、水をさつまいもがかぶるくらいまで入れて炊飯すると、よりしっとり仕上がります。
また、ご飯を炊きたいときとさつまいもを蒸したいタイミングが重なってしまったら、さつまいもをアルミホイルでしっかりと包み、セットしたお米の上にのせて、一緒に炊いてしまうことも。

だいたいいつもは、蒸したものをそのまま切っておやつにするという素っ気なさですが、ときどき気が向くと、少し手をかけ、さつまいもボールにしています。
さつまいもに”はちみつ”と”きなこ”といった健康食材を入れて丸め、よりヘルシー度アップ。

さつまいもには紫外線ダメージからお肌を守るビタミンCやE、免疫力を高める食物繊維が豊富に含まれているので、美容食としてもぴったり。
夏のダメージをケアするべく、大人の秋おやつとしてもオススメですよ。

■さつまいもボール

レシピ制作:長 有里子


<材料 12個分>
さつまいも 200g
きなこ 大さじ2
はちみつ 大さじ2
Aきなこ 適量

<作り方>
1.さつまいもを適当な大きさに切ってゆで、皮をむいてつぶす。
ヒント! ご飯を炊くときにアルミホイルでしっかり包んださつまいもも一緒に入れて通常通りに炊飯をすると、蒸しさつまいもが簡単にできて便利。

2.熱いうちにきなことはちみつを混ぜ合わせる(さつまいもがパサついていたら、水を少し加える)。
3.12等分にし、丸める。
4.バットなどに3を入れ、Aのきなこをまぶす。


とはいっても、丸めるのがおっくうなときも多々あり…
そんなときは丸めずにココットに入れ、きなこをふっておしまい!


丸めたほうが「丸くてかわいい!」と娘は言ってくれますが、味はまったくもって一緒です。

(長 有里子)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup