格安スマホに乗り換えたら家計の節約になるの?

格安スマホに乗り換えたら家計の節約になるの?

Bu facebook
Bu twitter

格安スマホが出た当初は、通信速度の遅さやキャリアメールが使えないなどの理由で、躊躇される方も多かったかと思いますが、時代の変化とともに人気になりつつありますよね。そこで今回は、格安スマホの特徴や格安スマホに乗り換えるとどれくらい家計の節約になるのか?についてみていきたいと思います。

■そもそも格安スマホとは?

一般的に携帯電話というと、NTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクの大手キャリア3社の端末が思い浮かびますよね。一方、格安スマホとは、上記の大手キャリアの回線を利用して別の業者が運営するスマートフォンのことをいいます。その名の通り、通常のスマートフォンと比較すると、格安で利用することができます。携帯代に1万円くらい払っているという方もいらっしゃるかと思いますが、格安スマホの場合は2,000円~3,000円程度で済むことが一般的です。

このように、非常に割安な格安スマホですが、契約すると格安スマホの運営会社(MVNOとも呼ばれます)から、格安SIMというものが送られてきます。このSIMカードを端末に入れることで利用開始することができるわけです。では、SIMカードについて以下で簡単に解説したいと思います。

一昔前まで、日本で売られているスマートフォンは契約したキャリアでしか利用できませんでした。たとえば、NTTドコモと契約中に購入したスマートフォンをソフトバンクに切り替えても、その端末を利用することはできないということですね。これは、携帯端末にSIMというIDを付与して管理していたためです。これを「SIMロック」と呼びますが、同一キャリアのSIMしか携帯端末に対応しないようにしていたわけです。そして、格安スマホを利用する場合も、このSIMロックがかかっている携帯端末では利用することができません。あくまで、当該キャリア以外のSIMでも利用できる端末(SIMフリーと呼ばれます)に、格安SIMをセットすることで利用できるわけです。

また、料金が安いのでサービス面が気になるかと思いますが、前述のとおり格安スマホは大手キャリアのネットワークを利用して運営しています。そのため、普通のキャリアと比較して、通信速度や対応エリアに関しては遜色ありません。なお、携帯電話の番号もそのまま引き継がれるので、乗り換えの度に家族や友人に連絡するという手間もありません。ただし、キャリア自体が変わることになるので、メールアドレスは変更となります。(@docomo、@auといったドメインが利用できなくなります。)

■格安スマホの現状と乗り換えることによる家計への影響とは?

数年前までは、格安スマホは電話とネットを最低限備えていれば十分という仕様でした。もちろんカメラなども付いていましたが、キャリアのスマホと比較するとイマイチなんてことが珍しくありませんでした。当然、その分端末自体も安くなるので、スマホの月々の利用料金を安くしたい!というニーズと合致すると考えられていたわけですね。ところが最近では、格安スマホにも高機種のものが投入されてきています。このことから、以前に比べ利用者が広がってきていると言えるかもしれませんね。

また、一般的に若い世代ほど携帯代が高くなる傾向にあり、20代の平均月額は7,273円/月になっています。格安スマホは月額2,000円台で利用できるので、仮に20代ご夫婦が格安スマホに乗り換えると、5,000円/月×2人=10,000円/月ほど安くなります。かなり大きな固定費の削減ですよね!

そして、格安スマホに乗り換えて浮いた分は、ぜひとも貯蓄に回しましょう。単純な預金でももちろん構いませんが、せっかくなので個人年金やiDeCoなど、さらに節税になる商品を選択するとお得感が増すのでおすすめです。格安スマホに切り替えたら、浮いた分の運用手段に関して、一度FPに相談してみてはいかがでしょうか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup