片栗粉だけじゃない!小麦粉の代用ができる粉類アレンジまとめ

片栗粉だけじゃない!小麦粉の代用ができる粉類アレンジまとめ

Bu facebook
Bu twitter
晩ご飯の支度を始めたら小麦粉がなかった~!なんてことありますよね。そんなとき小麦粉の代用になるものはなんだと思いますか?今回は、小麦粉の代用方法を中心に、小麦粉の代用品で作れるおすすめレシピも併せてご紹介します。

小麦粉がないときの代用は?

晩ご飯の支度をしはじめたら、「あれ?!小麦粉がない!切らしてるの忘れてた~!」なんてことありませんか?

小麦粉を使わずに調理できるメニューならばいいですが、なかにはどうしても省くことができない料理もありますよね。今から小麦粉だけを買いに行くのも面倒だし、少量しか使わない料理のためだけにわざわざ買うのは少しもったいない気も・・・。小麦粉の代わりに何か使えるものはないか・・・。

大丈夫です、他のもので代用することができるのです!今回は、小麦粉がない場合に役立つ、簡単に代用できるものと、その方法、代用小麦粉を使ったレシピなどをご紹介いたします。

小麦粉は粉物で代用できる

パンやお菓子、揚げ物など・・・私たちの食生活に欠かすことができない小麦粉。なかには、そもそも小麦粉がないと成り立たない料理もあれば、食感をより良くするために使われているものもありますよね。ですが、果たして本当に小麦粉でなければならないのでしょうか。まずは、小麦粉の代用となるものを順番にご紹介します。

片栗粉

「小麦粉の代わりになるものはないか」と考えて一番最初に思いつくのは、やはり片栗粉ではないでしょうか。

片栗粉はジャガイモなどから精製したデンプン粉で、揚げ物の衣として使ったり、料理にとろみをつけるために使います。よって小麦粉とは根本的に異なるものなので、クッキーやケーキなどを作る場合は片栗粉をそのまま小麦粉と同じ分量で料理に使うことはできないと考えてよいでしょう。

しかし、例えばお肉を焼く前にまぶす小麦粉の代わりに片栗粉を使うなど、主原料ではなく、食感を良くするための衣作りとしては使用できます小麦粉を使った場合はさくっとした食感になるのに対し、片栗粉を使った場合はしっとりした食感になりますので、小麦粉のあるなしにかかわらず、お好みによって使い分けてみてもいいかもしれませんね。

天ぷら粉

では、天ぷら粉ではどうでしょうか。自宅で天ぷらを作る際はあると便利な天ぷら粉ですが、それほど頻繁に使うものでもないため、できれば他でも活用してムダをなくしたいですよね。

メーカーによって成分は異なりますが、基本的に天ぷら粉に含まれるものは小麦粉とデンプン、卵、ベーキングパウダーです。よって、唐揚げや竜田揚げを作るのであれば小麦粉の代わりとして使えそうです。天ぷら粉にはすでに卵の成分も入っていますので、揚げ物のバッター液としても使うことができますね。

お好み焼き粉・たこ焼き粉

他にも粉と言えば、お好み焼き粉やたこ焼き粉がありますね。これらは使い切れずに残ってしまうことも多いので、小麦粉の代わりに使えるのであれば積極的に使いたいものの一つです。

こちらもメーカーによりますが、お好み焼き粉にはカツオ出汁の粉や山芋の粉、コーンスターチなどが含まれていますので、お菓子作りには向かないと言ってよいでしょう。

しかし、すでに味が付いているので、鮭のムニエルなどのおかずとして使うと味付けが簡単で済むため、むしろもってこいかもしれません。余ったお好み焼き粉があればぜひ使ってみてくださいね。

米粉

パンケーキやクッキーの代用には米粉がおすすめです。最近は、そのもちもちとした食感の良さから、あえて米粉を使ったスイーツも増えていますよね。

基本的に小麦粉の代わりにそのまま米粉を使うことができ、クッキーならサクサクとしたクッキーに仕上がります。パンケーキの場合は全てを米粉に置き換えてしまうとあまり膨らまずにペタっとしてしまうことがあるようなので、小麦粉と半々にしたり、ベーキングパウダーを加えるなどの工夫が必要です。

コーンスターチ

コーンスターチとはトウモロコシから作られたデンプンのことで、プリンなどのお菓子を作る際によく使われます。

例えば、カスタードクリームであれば、小麦粉でもコーンスターチでも作ることができますので代用可能です。小麦粉でカスタードクリームを作った場合はもったりとした重めのクリームに、コーンスターチで作った場合は滑らかなクリームに仕上がりますので、お好みで使い分けてみてもいいかもしれませんね。

そもそも小麦粉って何でできてる?

そもそも小麦粉とは、どのように作られ、どのようなものを指すのでしょうか。

小麦粉とは、漢字から見ても分かるように、小麦を挽いて作られた白い穀粉です。成分の割合の70%が炭水化物で、残りは水分・タンパク質・脂肪でできています。実は、一言で小麦粉と言ってもいくつか種類があり、一般的なものに薄力粉と強力粉があります。そしてそれらの違いはいうと、タンパク質に含まれるグルテンの量だそうです。それでは、次に薄力粉と強力粉の違いを見ていきましょう。

薄力粉

薄力粉のタンパク質含有量は7~9%で、見た目もさらさらしているのが特徴です。ふわふわ・サクサクした食感になるので、クッキーなどのお菓子を作る際や、お好み焼き、天ぷらの衣などに使われます。一般的にレシピに「小麦粉」と書いてあったら、この薄力粉のことを指すことが多いようです。

強力粉

一方、強力粉のタンパク質含有量は11~13%ほどで、薄力粉よりもグルテンの量が多く、よりもちもち感を強くする効果があります。見た目も薄力粉よりも重く、歯ごたえやコシを出した方がおいしいパンやパスタ、ラーメン、パンケーキ、ピザ、餃子の皮などを作るのに適しています

代用するときの注意点

薄力粉も強力粉も同じ小麦粉であり、違いはグルテンの量だけとは言え、必ずしも料理に代用できるとは限りません。

というのも、仮に薄力粉で作るべきクッキーを強力粉で作ってしまうと、サクサク!とは程遠いカチカチのクッキーになってしまう場合も。逆に、強力粉で作るべきパンを薄力粉で作った場合、柔らかすぎて少し物足りないパンに仕上がってしまいます。魚やお肉の表面に少しまぶす程度など、少量であればどちらで代用しても大きな違いが出ることはないかもしれませんが、好みが分かれるところではありますので、それぞれの特徴を理解した上で使い分けてくださいね。

小麦粉の代用品で作れるレシピ

小麦粉がなくても作れるおいしいレシピをご紹介いたします。代用することによっていつもの料理がよりおいしくなるかも?

マフィン

小麦粉の代わりに使えるものとして、ホットケーキミックスも挙げられますよね。ホットケーキミックスは小麦粉や砂糖だけでなく、余らせてしまいがちなベーキングパウダーも入っているのでムダがなく、お菓子作りにはもってこいの材料です。

ホットケーキミックスと牛乳・卵・溶かしたバターを混ぜ、ダマがなくなるまでなじませます。あとは型に入れてオーブンで焼くだけ。お好みでバナナなどのお好きなフルーツを入れたり、アーモンドスライスを散らしてみてくださいね。

竜田揚げ

カリッカリでサクサクの竜田揚げを作りたいなら、小麦粉よりも片栗粉がおすすめ!お好きな鶏肉の部位を用意したら、しょう油・酒・みりん・酢・すりおろしたしょうがで味を付け、衣に片栗粉をまんべんなくまぶして油で揚げます。お肉は少なくとも1時間以上、時間があれば前日から漬け込んでおくと味がしっかり染みておいしいようです。

また、揚げる30分くらい前に冷蔵庫から出し、常温に戻してから揚げるのがおいしく仕上げるコツだそうですよ。片栗粉をつけたらすぐに揚げること、揚げるときにさわりすぎないこともカラっと揚げるポイントです。

ムニエル

ムニエルを作る際は小麦粉を使うのが一般的ですが、片栗粉でもおいしく仕上がります。
いつものムニエルを作る要領で代わりに片栗粉をまぶすことで、しっとりとした味わいを楽しむことができますよ。

ポイントは魚にしっかり塩・こしょうで下味をつけること。こうすることで魚の臭みを取ることができるそうです。ただし、そのあとバターで焼くので塩のかけすぎには注意です。鮭やタラなどの白身魚で試してみてくださいね。

料理によって使い分けを!

いかがでしたか。
小麦粉は常備しておきたい材料の一つですが、どうしても買い忘れや切らしてしまうこともあるもの。どうしてもなかった場合は家にある他の粉で代用してみてくださいね。ただし、料理によっては代用が効かないものもありますし、食感や風味が変わってしまうものもあるので要注意です!うまく活用して料理の幅を広げてみましょう。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup