世界が注目するニュージーランドの幼児教育!子供が自ら学ぶ心を育む『テファリキ』とは

世界が注目するニュージーランドの幼児教育!子供が自ら学ぶ心を育む『テファリキ』とは

Bu facebook
Bu twitter
テファリキ ニュージーランド 幼児教育

子育てがしやすい国として評価されているニュージーランド。

そのニュージーランドで1996年から導入されている幼児教育カリキュラム『テファリキ』をご存知ですか?

今回は、日本だけでなく世界からも注目されているテファリキについてご紹介します。

『テファリキ』の特徴

テファリキの特徴は、子供達の社会的・文化的な学びや、子供達が様々な人々と関係を築くことを重視したカリキュラムです。

つまり、何歳までに何ができるというような目標に沿って行われるものではなく、「たくさんの人との関わりの中で子供を主体的に育てていこう!」という教育方針なんですね。

テファリキの理念は、『4つの原則』と『5つの要素』として掲げられています。

4つの原則
  • 子供の学び成長する力(Empowerment)
  • 全体的発達(Holistic Development)
  • 家族と地域のつながりが必要(Family and Community)
  • 子供は関係を通じて学ぶ(Relationship)
5つの要素
  • 子供の健康と幸せ(Well-being)
  • 子供達とその家族の所属感(Belonging)
  • 子供達の貢献を価値あるものと認めること(Contribution)
  • コミュニケーション(Communication)
  • 体験をしながら自ら探究する(Exploration)

テファリキはどんな形で実践されている?

では、テファリキはどんな形で実践されているのでしょうか? テファリキの4つの原則と5つの要素をもとに行われている実践例をいくつかご紹介します。

1. のこぎりや金づち、釘などを使う“体験を通した遊び”を積極的に

危ないからといって遠ざけるのではなく、安全を確認しながらの大工遊びを子供達が楽しんでいるそうです。友人との共同作業で協調性が育まれるだけでなく、一人一人がさまざまなことを試し、自分で考えていく過程を通して学びを得るのですね。

2. 集団行動しなくてもOK!個人の『得意なこと・やりたいことを尊重』

子供の個性を大事にするテファリキでは、一人でやりたいことに取り組むことも尊重します。集団に入らず、黙々とままごとをやっている子がいてもじっくりと見守り、子供の興味や創造性を大切にしているのですね。

3. 遊びや発想の成長過程を『観察記録(ラーニングストーリー)』に

担任の先生は、子供達の様子をデジタルカメラに撮影して写真と文章で残していく観察記録、『ラーニングストーリー』を作っているそうです。子供がチャレンジしたこと、興味をもって取り組んだことなどを見て、親も一緒に関わり方を考えるきっかけになります。子供達に対する温かいまなざしが『ラーニングストーリー』には溢れています。

テファリキで育まれる子供の個性と学ぶことの楽しさ

ニュージーランドの子供達は大人と同じように尊重され、さまざまな人と接することで自分の個性を認めていきます。また、たくさんの体験や遊びの中で学ぶことへの意欲が育まれていきます。「学ぶことって楽しい!」とごく自然に感じるようになり、自分の興味や世界がさらに広がっていくのでしょう。

子育てがしやすい国としてニュージーランドが評価されているのには、子供とその家族の幸福感を重視するテファリキが根幹にあるからなのかもしれませんね。

テファリキの考え方を取り入れて家庭での教育をするなど、日本にいながらテファリキにチャレンジすることもできるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Photo/Donnie Ray Jones 参考/ CHILD RESEARCH NET 「【ニュージーランド】ニュージーランド幼児教育のナショナルカリキュラム(Te Whāriki)の実際と課題」 miku「子供の個性を伸ばす!ニュージーランドの子育て」 グローリア「世界が大注目!子供の個性を伸ばすニュージーランドの幼児教育『テファリキ』とは」

関連コラム

目指せバイリンガル?インターナショナルスクールは進路に注意!
マシュマロを我慢できる子は将来成功する?!IQより大事な自制心
海外の教育事情を紹介!世界教育システムランキング1位の韓国の実態とは
国際テスト上位のヒミツはここにあり!?フィンランドの幼稚園の教育方針がスゴイ!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup