簡単3ステップ!たまごソムリエ直伝「究極の半熟卵」の作り方

簡単3ステップ!たまごソムリエ直伝「究極の半熟卵」の作り方

Bu facebook
Bu twitter
たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、究極の半熟卵の作り方を動画つきで紹介します!卵の選び方・茹で時間・むき方はもちろん、水から茹でる場合やレンジを使う場合など、全部丸ごと教えちゃいます。誰でも簡単にできるのでぜひ活用してみて!

誰でも簡単!失敗しない半熟卵の作り方

半熟卵は、卵料理の中でも手軽にできる万能選手です。しかし、半熟卵って意外と難しかったりしますよね?ガチガチに硬くなってしまったり、うまくいったと思ったら殻が綺麗に剥けない……など。

今回は、たまごソムリエの私が半熟卵作りのお悩みを解決します!卵の選び方・湯で時間・殻の剥き方まで徹底的に解説!誰でも簡単に作れる方法を伝授します。

たまごソムリエ流半熟卵は“3ステップ”で完成!

卵の選び方

まず、一番はじめに大切なのが、卵の選び方!半熟卵に一番適しているのは、採卵日から1週間から10日経過した卵です。新鮮な卵は、炭酸ガスが多く含まれるため、食感がボソボソしたり、殻が剥きにくいのです。

材料

・卵:4個
・塩:小さじ1
・沸騰したお湯:1リットル
※卵の個数や大きさ・使う鍋の大きさ・火加減によって、水の量や時間が異なる場合があります。今回は直径16cmの鍋を使用しています。

作り方

①沸騰したお湯に、塩を入れる。

お湯が沸騰したら、塩を入れましょう。これは卵の殻が割れて白身が飛び出てしまったとき、すぐに飛び出た白身を固めるために入れます。
②卵を入れて、7分茹でる。

お玉などを使って、鍋にそっと卵を入れましょう。沸騰した状態をキープして、7分茹でましょう。
③冷水で冷やす。

茹で上がった卵は、すぐ冷水で冷やしましょう!ここで、冷やすか冷やさないかで、卵の剥きやすさが違ってきます。冷水で5分ほど冷やせばOK!あとは、殻をむくだけです。

茹で時間は何分?水から作る場合

次にご紹介するのは、水から作る半熟卵の作り方です。

材料

・卵:4個
・水:1リットル

水から茹でることで、卵と水の急激な温度差がでません。よって、卵の殻にヒビが入りにくいため、塩を使いません。

※卵の個数や大きさ・使う鍋の大きさ・火加減によって、水の量や時間が異なる場合があります。直径16cmの鍋を使用しています。

作り方

①鍋に、水と卵を入れる。

卵が浸かるくらいの水量が目安です。
②火にかけて、10分茹でる。

火にかけた時点で、時間を測ります。沸騰してきたら、お湯がふきこぼれないように、沸騰状態をキープしつつ中火にしましょう。半熟卵の湯で時間は10分!究極のとろとろが好きな人は、9分!ちょっとしっかりめの半熟が好きな人は11分がおすすめ!!
左:9分、真ん中:10分、右:11分

左:9分、真ん中:10分、右:11分

③冷水で冷やす。
茹で上がった卵は、すぐ冷水で冷やしましょう!ここで、冷やすか冷やさないかで、卵の剥きやすさが違ってきます。冷水で5分ほど冷やせばOK!あとは、殻をむくだけです。

動画レシピはこちら

電子レンジを使った作り方

さて、続いてご紹介するのは、電子レンジを使った作り方です。

材料と使うもの

・卵:1個
・水:卵が全部浸かる程度
・マグカップ
・アルミホイル
・ラップ

作り方

①卵をアルミホイルで包む。

卵をアルミホイルで隙間なく包みましょう。隙間なくというのが重要です!
②マグカップに入れて、水を入れる。

マグカップに入れたら、卵が浸かる程度の水を入れましょう。

ここで、余分なアルミホイル部分があると浮かんできてしまうので、余分なアルミホイル部分はちぎってください。隙間がでないように、注意しましょう。
③ラップをして、電子レンジで8分

ふんわりラップをかけたら、電子レンジ500wで8分加熱しましょう。

※卵や使うマグカップの大きさによって、時間が異なる場合があります。
④冷水で冷やす。
電子レンジから取り出す時は、火傷に注意してください。

加熱した卵は、すぐ冷水で冷やしましょう!アルミホイルはとってしまってOKです。
ここで、冷やすか冷やさないかで、卵の剥きやすさが違ってきます。冷水で5分ほど冷やせばOK!あとは、殻をむくだけです。

フライパンを使った作り方

続いて、フライパンを使った作り方をご紹介します。

材料

・卵:4個
・水:1cm程度
①フライパンに、水と卵を入れて火にかける。

火加減は、強火でOK!この時、卵を割らないようにコロコロ転がすと、黄身が真ん中にきやすくなります。
②沸騰したら、3分茹でる。

沸騰したら中火にして、蓋をして3分茹でましょう。
③火を止めて、5分置く。

3分経過したら、火を止めてそのまま余熱で5分おきます。ガス代の節約になりますね!
④冷水で冷やす。
5分たったら、同様に卵を冷やしましょう。

動画レシピはこちら

一発でできる!半熟卵のキレイなむき方

さて、最後にご紹介するのは、半熟卵のキレイなむき方です。
ゆで卵には、色々なむき方があります。半熟卵は比較的に柔らかいため、一番おすすめなのが、流水に当てながらむく方法です!

やり方

①卵の丸い方(鈍端)の殻を少し剥く。

平らなところで、軽く叩いてヒビを入れて、薄皮ごと少し剥きます。
②流水をあてながら剥く。

少し殻を剥いた部分に、流水をあてながら剥いていきます。殻と白身の間に水が入り込み、ツルンとキレイに剥くことができます。この方法は、割った時に黄身が流れ出るほどのトロットロの半熟でもきれいに剥けます。

まとめ

いかがでしたか?半熟卵って、実はとっても奥が深いのです。奥が深いからこそ、色々な作り方やむき方があります。いろんなパターンを覚えておけば、その時の状況によって、作り方を使い分けることができますね。ぜひ、活用してみてください。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup