契約社員の彼氏と結婚。この先どんな備えをしておけば良い?

契約社員の彼氏と結婚。この先どんな備えをしておけば良い?

Bu facebook
Bu twitter

長年付き合った彼とようやく結婚!でも、ひとつ気になるのが、現在彼は契約社員ということ。今は私も働いているから、当面は安定した生活ができそうだけど、いつ彼の仕事がなくなるかわからないし、そのうえ退職金もないなんて……。いずれは子どもも欲しいと思っているけれど、この先も安定した生活が送れるか心配だな。今後のために、どんな備えをしておけば良いのか知りたいな!

■契約社員の彼と結婚するうえでの心配事とは?

大好きな彼と結婚できるのはとても嬉しいことだけど、収入面などで不安もあって……そんなご相談を受けることも少なくありません。では、旦那さまの職業が「契約社員」である場合、どのようなことを意識しておく必要があるのでしょうか?そもそも、「契約社員」の定義とは何なのか?みていきたいと思います。

実は、契約社員には明確な定義がありません。会社によっては、定年後の嘱託社員を指すこともあれば、業務委託のようなな契約をする専門職を指すこともあります。専門的なスキルや経験をもつ方のなかには、、複数の企業と業務委託契約を結び、その企業で契約社員として勤務しているケースもあります。筆者の前職はIT企業でしたが、このような勤務形態の方とよく一緒にお仕事をしていました。そして、収入面では、正社員よりもむしろ高い収入を得ていたことを記憶しています。契約社員だからといって、必ずしも収入面に不安があるとも言えませんが、契約期間があるため、安定した給与が先々ももらえるという保証はありません。

■契約社員は、より老後の備えを意識するようにしよう!

上記のような契約社員の場合、自身のスキルアップ次第で収入を上げていくことが可能ですが、老後に関しては注意が必要です。なぜなら、将来もらえる年金は国民年金のみということが予想されます。当然、退職金もありません。よって、老後の備えに関しては、正社員の方に比べ、ご自身で多めに備えておく必要があるでしょう。

さて、契約社員というと、最近よく耳にする「非正規雇用」という意味で使われることも多いですね。流通業などでは、アルバイトの方を契約社員に昇格させることが増えているようです。この場合は、勤務先の福利厚生制度が適用されるので、厚生年金に入ることが一般的です。とはいえ、収入面で不安なこともあるでしょう。正社員のように、定期昇給や昇格といった概念がないためです。また、賞与に関しても、支給されなかったり、支給されても正社員より低いことが一般的でしょう。その反面、会社都合での転勤といったこともありませんが、結果的に「年収」というくくりで考えると、正社員よりももらえる金額が低くなってしまいますよね。また、将来的な昇給なども期待できないので、「生涯年収」という面で考えるとかなり厳しいことが予想されますね。

このように、旦那さまが契約社員という働き方をされている場合、現在の収入面は心配いらないものの将来もらえる年金額が少ないことが予想される「業務委託契約タイプ」なのか、現在も含めて、収入面が少ないことを前提に生活設計をしていく必要がある「非正規雇用タイプ」なのか、どちらのタイプに当てはまるのかを確認するようにしましょう。

■契約社員の旦那さまを持つ奥さまへのアドバイス

前述では、旦那さまが契約社員の場合、業務委託契約タイプなのか?非正規雇用タイプなのか?を確認すべきであることをお伝えしました。では、そのうえで妻の立場として考えておくことは何なのでしょうか?

それは、「自分自身も仕事を辞めずに続けていく」ということです。旦那さまが非正規雇用タイプの場合は、収入面での不安もあるので、すでにご夫婦とも共働きで生活していくことが前提になっているかもしれません。「共働きが前提」とご夫婦ともに考えられているのであれば、旦那さまとの家事分担もしっかりできますし、世帯収入で考えれば収入面でもある程度の生活水準を維持できるでしょう。注意が必要なのは、むしろ前者の業務委託契約タイプです。というのも、現状の収入面では不安が少ないので、奥さまご自身が仕事を続けていく必要性を感じにくいためです。

業務委託契約タイプであれ、非正規雇用タイプであれ、退職金を含めた老後の生活設計は厳しくなります。それを補うためにも、若いうちから老後に向けてしっかり準備しておく必要があります。そして、ご自身も働き続けるとなると、家事はもちろん、将来的な子育て(毎日の送り迎えなど)における役割分担についてもしっかり話しておく必要がありますね。このように、契約社員の旦那さまをお持ちの奥さまは、一生涯の収支をまずは考えてみましょう。そのうえで、共働きとしてどのようにやっていくか、夫婦お二人で話し合っていくようにしましょうね。たとえ、いまは不安があっても、早め早めに解決策を取り入れていけば、安心に変えることができますよ!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup