【作り置き】丁寧に漬け置いて。おうちで本格「肉・魚・野菜の粕漬け」

【作り置き】丁寧に漬け置いて。おうちで本格「肉・魚・野菜の粕漬け」

Bu facebook
Bu twitter
「肉・魚・野菜の粕漬け」のレシピと作り方を動画でご紹介します。難しそうなイメージの粕漬けですが、材料を袋で揉み込んでガーゼを使って粕床を作れば意外と簡単に作れます。お好きな具材を漬け置いて、おうちで本格的な味わいを楽しんでみてくださいね。
【作り置き】丁寧に漬け置いて。おうちで本格「肉・魚・野菜の粕漬け」

【材料】【作り置き】肉・魚・野菜の粕漬け(2〜3人分)

  • 粕床
  • 酒粕 …  600g
  •  …  60cc
  • みりん …  90cc
  • 白みそ …  60g
  • 漬ける具材
  • 豚ロース肉(厚切り) …  200g
  •  …  2切れ
  • きゅうり …  1本
  • かぶ …  1個
  • にんじん …  1/2本
  •  …  適量

【下ごしらえ】【作り置き】肉・魚・野菜の粕漬け

・ガーゼを保存容器の大きさに合わせて切ります。
・にんじんとかぶは皮をむきます。

【作り方】【作り置き】肉・魚・野菜の粕漬け

1

保存用密閉袋に酒粕、酒、みりん、白みそを加えてよく揉み込みます。※漬けている間に酒粕は柔らかくなるので、この時点では少し固めの仕上がりになります。

2

①を1/6量ずつ、3つの保存容器に敷き詰め、ガーゼをのせます。

3

豚肉、鮭の両面に塩をふって10分置き、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。それぞれ②の容器に並べ入れてガーゼを被せ、①を1/6量をのせて広げます。ラップを落として空気に触れないよう密閉してからフタをし、冷蔵庫で保管してください。

4

きゅうり、かぶ、にんじんにそれぞれ塩をふって揉み込み、水洗いをして水気を拭き取ります。食べやすい大きさに切ったら②にのせ、ガーゼを被せます。※塩は具材の1%の量をふってください。

5

①の1/6量を④にのせ、ラップを落として空気に触れないよう密閉してからフタをし、冷蔵庫で保管してください。※魚・肉については2〜3日中に調理を行ってください。野菜は3日〜5日が食べごろです。

6

鮭はグリルで5分〜10分ほど焼き色が付くまで焼いてめしあがってくださいね。※焼き上がり時間は食材によって異なります。粕漬けは焦げやすいので、目を離さないように気を付けてくださいね。

コツ・ポイント

粕床の使い回しは2〜3回が目安(2週間ほど)となります。ただし、夏場は気温が高くなり、冷蔵庫の開け閉めの回数も多くなるため、早めに使い切ってくださいね。また、ガーゼが汁などで汚れた場合は取り替え、また酒粕がゆるくなった場合は継ぎ足してください。加熱の際にはグリル、トースター、フライパンなどで調理してください。今回はシートタイプの酒粕を使用していますが、バラのタイプでも作れますよ。
▼ほかにもたくさん!作り置きのレシピはこちら
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup