インフルエンザにうがいは効果ナシ!?正しいインフルエンザ対策をチェック!

インフルエンザにうがいは効果ナシ!?正しいインフルエンザ対策をチェック!

Bu facebook
Bu twitter

12月から3月にかけて流行する『インフルエンザ』。今シーズンは例年にない速さで患者数が増加し、昨年12月にすでに流行期に。通常ピーク期といわれる1月からはさらに感染者が増えると予測されています。

インフルエンザの予防といえば、“手洗い”、“マスク”、“うがい”が定番のイメージですが、実は2011年-2012年冬のシーズンから国の公的機関のホームページのインフルエンザ予防法からは“うがい”が除外されているとのこと。

うがいは本当に効果がないのでしょうか? 効果がないとしたら、インフルエンザ対策はどうすべきなのか、最新情報を確認してみましょう。

推奨するインフルエンザ対策、厚生労働省、首相官邸のHPから“うがい”が消えている!

インフルエンザ対策 うがいは不要?

平成20年度の厚生労働省発表の『今冬のインフルエンザ総合対策について』には、うがいは一般的な感染予防のために奨励されていました。

しかし平成27年度の『インフルエンザQ&A』の『インフルエンザの予防・治療について』の項目では”外出後の手洗い等”とあるだけで、“うがい”がどこにも書かれていません。また首相官邸ホームページにもうがいについて書かれていない状態です。

うがいがインフルエンザに対策に有効でないと考えられるワケ

インフルエンザウィルスは、うがいで洗浄できる部分よりも深い部分に侵入し吸着するそうです。つまり、うがいでインフルエンザウィルスは洗い流せないということ。

またインフルエンザウィルスは喉の奥に吸着すると20分程度で体内に侵入してしまうそう。実際に20分おきにうがいをすることは現実的でないということから、うがいはインフルエンザ対策に有効とはいえないそうです。

うがいに代わる対策は、こまめな水分補給

喉の奥に付いてしまったインフルエンザウィルスは、うがいで取り除くのが無理なら、食べ物や飲み物で胃に流してしまえばいいそうです。胃に入ってしまえば胃液は強力な酸のためインフルエンザは死滅してしまいます。

インフルエンザが体内に入らないように、15分~20分おきに、お茶などの飲み物を一口ずつこまめに飲むと良いようです。

徹底したいインフルエンザの対策6つ

インフルエンザにかからないようにするためには以下6つの対策が有効です。

1.予防接種を受ける

インフルエンザに発症する可能性を減らし、インフルエンザにかかったとしても重症化するのをを防ぐことができます。

2.こまめな手洗い

インフルエンザウィルスが付着した手で顔を触るとウィルスが侵入してしまいます。こまめな手洗いを心がけましょう。

こちらのサイトで、正しい手洗いの仕方について説明してありますので、ぜひチェックしてみてください。

正しい手洗い手順

出典:SARAYA

『ハッピーバースデー』の歌を2回歌い終わるまでが手洗いに十分な時間なんだそうですよ。仕上げにアルコール消毒液を手にすり込むと完璧です。

インフルエンザ対策 手洗い

3.マスクも重要

マスクをしていると咳やくしゃみによる飛沫を最小限にすることができます。咳やくしゃみがあるときは子どもにもできるだけマスクをさせましょう。また咳やくしゃみをするときは人に向けてしない“咳エチケット”を子どもにも教えましょう。

4.免疫力を高める

ウィルスが侵入しても免疫力が高ければ発症しません。夜更かしは厳禁! 栄養バランスの良い食事を摂り、ウォーキング、ストレッチなどの軽い運動をして免疫力を高めましょう。また自分の免疫力の状態は便の状態で分かるそうです。バナナ型で臭いが少ないのが良い便。黒に近い色の便は良くないそうです。

インフルエンザ対策 免疫力を高める

5.人ごみへの外出は控える

インフルエンザが流行している時期は混雑している場所や繁華街へ行くのは避けた方が賢明です。

6.部屋は適度な湿度を保つ。加湿器を利用する

乾燥するとインフルエンザウィルスの活動は活発になります。これに対して鼻や喉は乾燥してしまうと防御機能が低下してしまいます。暖房を使うと室内は乾燥しやすくなるので加湿器などを使って適度な湿度(40%以上)をキープするよう心がけましょう。

うがいは、インフルエンザウィルスの対策には疑問のようですが、 細菌性の風邪(一般的な風邪)には有効であることが京都大学のグループによって実証されています。

また、うがいは喉の粘膜の分泌や血行を促進したり、喉のうるおいを保ったりする効果があるので、喉のバリア機能を良好に保つためには有効です。インフルエンザ対策に直接的な効果がないとしても、やはり、うがいは習慣にしておいた方がよさそうですね。

いずれにしてもインフルエンザ対策、風邪対策には“うがいは役に立たない”、“手を洗えば大丈夫”など単純に考えるのはNG。手洗い、うがい、さまざまな対策をこまめに複合的に行うことが大切ですね。

参照/
首相官邸ホームページ「(季節性)インフルエンザ対策」
厚生労働省「インフルエンザQ&A」
gooヘルスケア「実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報」
goo テレビ番組「白熱ライブビビット 2016年11月24日放送回」
食の安心パトロール 働く仲間編「手洗いの正しい方法」
ヘルスケア大学
「風邪を引かない体に! 免疫力を高める生活・運動」
「うがいの必要性と正しい方法」
東京都健康安全研究センター「インフルエンザ予防のために室内の湿度管理が重要です!」
インフルエンザnavi「【うがいの予防効果】インフルエンザの予防にうがいは役に立つの?」

関連コラム

かわいいけどウイルスは防げない?!ガーゼマスクの効果
まだなら急いで!妊娠中や授乳中のインフルエンザ対策
風邪もインフルエンザもこれで撃退!効果テキメン『お茶うがい』
寒い冬こそ風邪に負けない!子供が快適に過ごせるテク6つ
赤ちゃんの個性を知れば子育てがスムーズに!?話題の心理学『赤ちゃんともち』

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup