「感覚過敏」を知っていますか?中学生の息子に起きた症状とは

「感覚過敏」を知っていますか?中学生の息子に起きた症状とは

Bu facebook
Bu twitter

長男が受けた2度目の発達検査。そのとき受けた問診で…

「感覚過敏」を知っていますか?中学生の息子に起きた症状とはの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030028982

約2年半前、長男が2度目の発達検査を児童精神科で受けたときのことです。

知能検査と心理士さんによる問診が終わり、ホッと一息ついたところに、心理士さんから「気になることがあるので検査を追加したい」と言われ、たくさんの質問でいっぱいの問診票を渡されました。

問診票には乳幼児・幼児期・学童期の年齢のグループごとに、それぞれ質問が並んでいました。質問の内容は、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚など五感全てに関するもので、同じようなものが繰り返して出てきたため、さっきはなんて答えたっけなんて、少し混乱しながらチェックしていきました。

初めて知った「感覚過敏」のこと。長男はどれほどつらかったのだろう

「感覚過敏」を知っていますか?中学生の息子に起きた症状とはの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10158004782

約4週間後、検査結果を聞きに行くと、長男の検査結果は、軽度の自閉症スペクトグラムと強い「感覚過敏」があると言われました。
このとき、初めて「感覚過敏」という言葉と症状を知りました。

この日、主治医からは「これだけ感覚過敏が強いと、感覚過敏だけで不登校になってもおかしくない状態」「学校生活は、しんどくて大変だったはずだ」だと言われびっくりしました。

主治医は、長男の聴覚過敏の状態を「長男が私語などでざわざわとした状態の教室で過ごしている状態=感覚過敏のない人が工事現場の中にいる状態」と私にもわかりやすいように具体的な説明をしてくれました。

当時、長男からは、クラスの教室の状態はかなりうるさく、「後ろの席では先生の声がきちんと聞こえない」と聞いていましたし、立ち歩いたりちょっかいをかけてくる子もいるほど落ち着きのない時間もあったようです。

そんな教室の状態に感覚過敏が加わっていたとは、どれほど辛い毎日だったのかと胸が苦しくなりました。

長男に落ち着きがなく気が散りやすいのは、ADHDというより視覚過敏(目に入るもの全てが刺激になり集中しにくい)の影響が強いとも言われました。

長男を苦しめた、感覚過敏の激しい症状とは

「感覚過敏」を知っていますか?中学生の息子に起きた症状とはの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10250002956

長男は、二次障害を起こして2年前の冬頃に体調の悪化が激しくなり、不登校になりました。

体調が戻り始めるまで、いろんな感覚過敏の激しい症状が出ていました。感覚過敏の症状は、本人の体調やメンタルの状態によっても変わってくるようでした。

たとえば一番体調の悪かった時期は、「服が肌に当たると痛い」と言って、真冬でも半袖でいました。本当は何も着たくないほど辛かったようです。

食事は、味がなく「砂を噛んでいるみたいだ」と言いながらも頑張って食べていました。他にも、ちょっとした匂いが不快で気分が悪くなるようで、真冬に自室の窓を全開にしたりする日も結構ありました。

雑音が辛くて、好きな音楽を大音量でかけることでかき消したりもしていました。

他人にはなかなか理解してもらえない感覚過敏のつらさ。存在を知ることで変わることもある

長男の感覚過敏を知り、それがきっかけで次男の感覚過敏にも気づきました。それから感覚過敏についても情報を集める中で、Twitterでの交流で知ったのが「ひといちばい敏感な子」という本です。

Twitterでの交流やこの本を読むことで、息子たちだけでなく自分自身も感覚過敏を持っていることに気づき、とてもびっくりしました。

「感覚過敏」を知っていますか?中学生の息子に起きた症状とはの画像

Upload By でめきんちゃん

http://amzn.asia/1udfvXU

『ひといちばい敏感な子』エレイン・N・アーロン (著), 明橋大二 (翻訳)、2015年、1万年堂出版

息子たちの感覚過敏を知り、視点を変えて関わる中で感覚過敏への理解や対応の難しさを感じています。

まず、「感覚過敏」そのものが世間にまだあまり知られていません。

そして、知っていてもあくまで個人の「感覚」なので他者にはそのつらさが伝わりにくく、理解も得にくいのです。

こうした状況だと、感覚過敏から起きる症状や言動が、神経質やワガママと誤解されやすいのだと思います。そのため、違和感や苦痛を感じながらの集団生活で我慢の限界を超えてしまい、二次障害を起こしたり不登校などになる子もいるのです。

感覚過敏は、自分の感覚なので他者との比較をすることなく過ごしていることが多く、知らなければ本人や家族も気づきにくいことが多いことも、追い詰められてしまう一因になっていると思っています。

実は次男も、味覚過敏で給食が食べられないことからイジメに発展し、不登校になりかけました。でも次男の場合は、先生の適切な対応で危機を乗り越えることができました。それは先生が、感覚過敏を知っていたからこその対応でした。周囲の理解と少しの配慮で、感覚過敏があってもしんどい思いをせずに過ごす事もできるのです。

だから、まず「たくさんの方に感覚過敏というものの存在を知ってもらいたい!」と強く願っています。

https://conobie.jp/article/3505

給食が苦手じゃダメですか?その偏食、もしかして感覚過敏かもしれません|Conobie

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup