100円ショップでこんなに見つけた! 優秀な赤ちゃんお出かけグッズ

100円ショップでこんなに見つけた! 優秀な赤ちゃんお出かけグッズ

Bu facebook
Bu twitter

© ucchie79 - Fotolia.com


100円ショップは安いだけでなく、生活に便利なアイテムもたくさん扱っています。日常雑貨のほか、赤ちゃんとのお出かけに便利なグッズも発見! 「こんなものが欲しかった!」というアイデア満載なので、ぜひお店をチェックしてはいかがでしょうか?

■外出時に、遊び感覚で使えるこぼさないお菓子入れ

小さい子と出かけるときには、ちょっとしたおやつが欠かせません。「ボーロ」はその代表格ともいえるのではないでしょうか。

© baphotte - Fotolia.com


でもこのボーロの持ち歩きは、意外にひと苦労。子どもが好きだとはいえ、袋のままでは持ち歩きにくいし、容器に入れても子どもがひっくり返してしまうし…。何かと悩みが尽きないお菓子でもあります。

これを解消する便利なアイテムを「ザ・ダイソー」で見つけました。容器のフタに切り込みが入っており、そこから子どもがボーロを少しずつ取り出すことができる「ボーロカップ」。逆さにしてもこぼれないし、持ち手がついているので、小さな子どもにも使いやすいです。

切り込みから自分の手を容器に入れて、1、2粒取り出す作業は、それだけで遊んでいるような気持ちになれるみたい。持ち運びに便利なうえに、カップに夢中になって子どもがおとなしくしてくれそうです。

■なくしやすい「おしゃぶり」対策アイテム

「おしゃぶりクリップ」は、おしゃぶりのリングに紐を通して衣服などにクリップで取り付けることができるアイテム。口を開けたときに落としてしまったり、おしゃぶりをなくしたりといったトラブルを防ぐことができます。

私は「ダイソー」で見つけましたが、ほかの100円ショップで買った帽子クリップをおしゃぶりクリップとして使っているというママも。こうしたアイデア商品には、身近なもので応用できるヒントも詰まっているので要チェックです!

■服が汚れる可能性大! 紙パックジュースを飲むときには

ストローマグを使えるようになると、お出かけのときは紙パックのジュースを与えるママも多いと思います。紙パックは同じストロータイプとはいえ、力加減を間違えると中身が噴き出してしまって服を汚してしまったという経験があるママも多いのでは。

まだパックを上手につかめない子には、「紙パックホルダー」が便利です。紙パックを入れるケースに取っ手がついているので、赤ちゃんでもこぼさずに持つことができるでしょう。サイズ調整できるものや、フタ付きタイプなど、種類も豊富です。

この商品は、ダイソーだけでなく、「Can☆Do(キャンドゥ)」や「Seria(セリア)」でも見つけました。100円ショップごとデザインは異なりますが、カラーバリエーションも豊富なので、服と合わせてコーディネートするのもいいですね。

■子どもが大好きなうどんを食べるときに便利!

子どもが好きで、ママもサッと食べさせることができるものといえば、うどんやパスタなどの麺類。外食の定番でもありますが、わざわざキッチンばさみを持っていくのは大げさな気がする…。

そんなとき便利な「ヌードルカッター」を用意しておきましょう。カッターといっても刃物ではなく、トングのような形をしています。麺を挟むことで細かくカットすることができて便利です。

私は、「Can☆Do(キャンドゥ)」、「Seria(セリア)」で見かけましたが、ママ友からは「ザ・ダイソー」の「離乳食カッター」を使っているという情報をもらいました。100円ショップであれば同様のものが見つかりそうです。

■子どもとのおでかけ必需品に、ぜひ欲しいマストアイテム

ありそうでなかった、「ウエットティッシュのフタ」。袋にとりつければ片手でも中身を取り出せるし、中身が乾かないとあって、私の周りのママたちにはマストアイテムになっています。

アタッチメントを使うタイプもありますが、便利なのは裏に両面テープがついたもの。ウエットティッシュの取り出し口にあわせてフタを貼り付けるだけでよく、使い終わったら新しいものと取り換えれば繰り返し使えます。取り出し口のサイズによってはお尻拭きシートにも使えるので、複数用意しているというママも。

お弁当を食べる前に手を拭いたり、汚れてしまった口元をケアしたりと、ウエットティッシュは子どもとのお出かけの必需品。より便利に使うためにも、ぜひ持っておきたいアイテムです。

100円ショップ各社で見つけましたが、「ザ・ダイソー」ではハローキティとマイメロディのキュートなアイテムを発見。キャラクターが立体的になっていて、子どもも喜んでくれそうなデザインです。

■抱っこひもによだれが…。清潔&洗濯OKなアイテム

© shirohige - Fotolia.com


抱っこひものよだれがつきやすいところに付けられる「抱っこひも用ベルトカバー」。キャンドゥで見つけたものは面ファスナーがついて、子どもの頭の位置に合わせて移動することが可能です。

無地なのでさまざまなデザインの抱っこひもに合わせやすく、付け外しできるので洗濯もOK! よだれカバー付きの抱っこひもを使っていたママも、その上からつけていたという話も聞きました。

とても便利なアイテムだと思うのですが、近所の100円ショップ5店を巡ってこれを扱っていたのは1軒のみ。それも大型店で見つけたので、小規模の店にはないかもしれません。

ただ、タオルやガーゼ、手拭いなどに面ファスナーをつければ、似たようなものを作れます。ハンドメイドが苦手でもすぐに作れてしまうので、自作するのもアリ!


100円ショップには便利な赤ちゃんグッズが多く、こまめにチェックしているママは多いと思います。それを受けてか、ベビー用品コーナーを設けているショップが増えたように感じます。商品の入れ替えがサイクルが早い店もあるので、気になったものがあればお店に問い合わせたり、早めにショップへ足を運んだりすることをおすすめします。
(丸部りぃ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup