産後ケアサービスを利用しよう(4)家事・育児サポート

産後ケアサービスを利用しよう(4)家事・育児サポート

Bu facebook
Bu twitter

家でやることは、育児のほかにもいっぱいありますよね。そういうときに家事のサポートがあれば、ママの負担が減ると思います。
今、家事・育児を助けてくれる自治体のサポートが増えています。自治体のサービスを確認してみましょう。

講師:市川香織(文京学院大学准教授)

初めての出産、待ったなしで始まる子育て。産後ママが困ったとき、どこに相談すればいいのでしょう?
そんなママたちを助けてくれる産後ケアサービスをご紹介します。

家事支援サービスを利用してみよう

家事支援サービスとはどのようなものなのか、初めてサービスを利用するという石黒さん(世田谷区在住)のお宅を伺いました。

石黒さんは、3人目の子どもを出産後、家事に手が回らず困っていたといいます。
今回初めて、区の子育て利用券を使って家事支援サービスを利用してみることにしたそうです。

この日は、支援サービスの方に夕飯を作ってもらうことに。
ママが子どもとゆっくり時間を過ごしている間に、夕飯のおかずがどんどんできていきます。
1時間ほどで、肉団子のスープをはじめ、野菜たっぷりのメニューが4品できあがりました。

ママも大満足のようです。

全国の自治体でこうした家事・育児を支援するサービスが増えてきているのです。

どうやってサービスを利用するの?

自治体のサービスをどうやって利用するのか、わからないこともありますよね。
そこで、世田谷区の子育て広場「おでかけひろば ぶりっじ@roka」に伺いました。

この子育て広場では、子育て支援コーディネーターが子育ての相談を受けながら、自治体や地域のさまざまなサービスや利用方法などを教えてくれます。

自治体ごとに異なる子育て支援サービスから、ひとりひとりに合ったサービスを教えてくれるのです。

困っているけど、解決方法が自分ではわからない。そんなときに状況を伝えていただければ、一緒に考えることができます。制度やサービス、地域の助け合いとママをつなげることを行っています。
(世田谷区地域子育て支援コーディネーター 松田妙子さん)

ママたちが子育て支援サービスを使いやすくするための取り組みも進んできています。

もっと産後ケアサービスを利用しよう

自分からSOSを出せる、助けてほしいと言えることが大事です。そのために、産後ケアが準備されてきている段階です。自分が楽になることは、ぜいたくなことではありません。遠慮せずに産後ケアサービスを利用しましょう。


ママが笑顔で子育てできることが一番!
まずは、相談することから始めましょう。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup