フライパンでもおいしく焼き魚!押さえておくべきコツをチェック

フライパンでもおいしく焼き魚!押さえておくべきコツをチェック

Bu facebook
Bu twitter
魚焼きグリルではなく、フライパンで焼き魚を作れることをご存じですか?フライパンでも、ちょっとしたコツと方法でふっくらとした焼き上がりになるんです。フライパンで焼ければ、洗い物も楽チンです。簡単にできる、魚の焼き方知りたくないですか?

とにかく楽ちん!フライパンで焼き魚

シンプルに塩で食べたり、味噌漬けにして焼いたり……温かいごはんとの相性も良く、体も心もホッとする焼き魚。ですが、魚焼きグリルを使うと後片付けが面倒。魚焼き器を使わなくても、おいしく焼くことができたらいいのに……。
魚はフライパンでもおいしく焼けることをご存じですか?今回はフライパンを使ったおいしい魚の焼き方とコツ、おすすめレシピまでご紹介。

どんな魚でもフライパンで焼ける?

調理時間の短縮にもなり、簡単にできて便利なフライパンでの焼き魚作りですが、魚の種類にかかわらずどのような魚でもフライパンで調理することができるのでしょうか。
答えは、「YES」です。もちろん、魚の種類やレシピによって下処理が必要なものもあります。コツさえおさえれば、切り身はもちろん開きといった干物、さんま一尾をまるごとを焼くこともできるのです。

フライパンはセラミック製がおすすめ

コツさえおさえればどんな魚でも焼けるフライパンでの調理ですが、よりおいしく上手に焼き魚を作るには、セラミック製のフライパンがおすすめです。
セラミック製のフライパンは耐熱温度が高く、また硬度も高いため長持ちしやすく丈夫。しかし、日々の食事に使うものですので、定期的に状態をチェックするのは忘れないよにしてくださいね。

フライパンで魚を焼くメリット

そもそも、フライパンで魚を焼くメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まずは、後片付けの簡単さ。グリルでは、使ったあとにどうしても洗い忘れてしまったり、洗い終わった後乾かしておくためのスペースに困ったりします。
その点、フライパンの場合はこういった洗い忘れもほとんどありません。また、グリルに比べると煙や臭いが少ないのも魅力です。さらに調理をしたときに出る余分な油を除くこともできるため、カロリーを気にする方にもおすすめです。

フライパンで魚を焼く方法

準備するもの

・フライパン
・クッキングペーパー(シート)またはアルミホイル
魚を焼くために改めて買いそろえる必要はありません。自宅に元々あるようなものでOKです。アルミ箔でもよいのですが、クッキングペーパーかクッキングシートの方が、魚がくっつきにくく、焼きやすいでしょう。

下処理

うろこやヌメリが気になる魚の場合は、初めに取り除いておきます。焼く前に魚に塩を振っておきましょう。そうすることで魚から水分が出て、焼いても身が崩れるのを防げます。

手順

1.フライパンの上にクッキングペーパーをひきます。
2.魚をのせたら中火で数分、様子を見ながら両面をこんがり焼いていきます。
3.両面に焼き色がつき、中までしっかりと火が通ったらでき上がりです。
クッキングシートは火に直接当たらないよう注意してください。フライパンからはみ出ないよう見ておきましょう。
▼これだけで絶品!魚の焼き方ポイントまとめ

おいしく仕上げるコツ

脂はよく拭き取る

外側の皮をパリッとさせられるように、フライパンで調理した焼き魚から出た脂はキッチンペーパーなどでこまめにふきとってください。

フタを活用

またフタを活用してふっくらと焼き上げられます。片面を焼いた後ひっくり返し、フタをしめて蒸し焼きに。最後はフタを外して、両面を一気に焼き上げて焼き目をつけましょう。
▼冷めた焼き魚をおいしく温め直すコツは、こちら!

フライパンで楽チン♩おすすめレシピ5選

それでは、フライパンを使用したおすすめの焼き魚レシピをご紹介したいと思います。どれも簡単に作ることができますので、忙しい方やあまり料理が得意ではないという人にもおすすめです。

1.新じゃがと鮭の香ばしカレーバター醤油ソテー

新ジャガと鮭の組み合わせがおいしい簡単レシピ。鮭の皮は小麦粉でパリッと仕上がります。
じゃがいもは加熱して柔らかくし、鮭には下味を付け、小麦粉をまぶします。バターを入れたフライパンに鮭を入れ、両面こんがりと焼きます。鮭が焼けたら、じゃがいもを加え調味料で味付けます。全体に照りが出て味が絡んだら完成です。

2.ブリのゴママヨ焼き

マヨネーズとゴマが香ばしさを加える、おいしいブリ料理。お酒のおつまみとしてもサッと作れて便利です。
フライパンにクッキングシートをひき、マヨネーズとごま油を入れます。マヨネーズが溶けたら下味を付けたブリを焼いていきます。こんがり焼けたら完成です。

3.いわしのカリッカリ焼きマスタード

イワシをまるごと使った栄養満点のレシピ。カリカリな皮めが香ばしく、マスタードの味がアクセントになった一皿。ご飯だけでなく、パスタやパンの付け合わせにもよいですよ。
イワシの下処理をしたら、下味をつけ片栗粉をまぶします。フライパンを熱して両面をこんがりと焼いて完成。食べる時にマスタードを添えましょう。

4.ブリの味噌照り焼き

甘辛な味がご飯にぴったりのブリの味噌的焼き。味噌味のレシピは、シンプルなうどんや蕎麦の付け合わせとしてもよいですね。
ブリに下味を付け、出てきた水分をしっかり拭き取ります。両面に小麦粉をまぶし、油をひいたフライパンで焼いて一旦取り出します。フライパンの油を拭き取り、合わせ調味料を作ったらブリを戻して絡めたら完成です。

5.アジの梅照り焼き

梅の酸味効いたさっぱりとした魚メニュー。暑い季節にぴったりの一皿です。たっぷりの温野菜と一緒に食べるのもよいですね。
梅干しと調味料を合わせてタレを作ります。アジには下味と小麦粉をつけます。熱したフライパンでアジを両面パリッと焼き、タレを絡ませたら完成です。
▼フライパンはもちろん、グリルやトースターでもOK!

フライパンでふっくらおいしい焼き魚を作ろう

フライパンを使った焼き魚の調理法とおすすめレシピ、いかがでしたか。なじみのある切り身などの魚は、基本的にどれもフライパンで焼くことができます。フライパンに焦げ付かないように注意して、余分な脂を拭き取るなどして焼けば、短時間でおいしく焼けて便利。なんといっても洗い物も少なく済むのは嬉しいポイントですよね。
今回ご紹介した内容を参考に、よかったら試してみてくださいね。
▼おすすめのフライパンや上手な使い方を知れば、よりおいしく作れる!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup