「うわぁ、すごい」を連発しちゃう雪の祭典を見に行こう

「うわぁ、すごい」を連発しちゃう雪の祭典を見に行こう

Bu facebook
Bu twitter

北国の長く厳しい寒さの冬を少しでも元気に過ごせるように、雪まつりは開かれるようになったのでしょう。すばらしい雪像やかわいらしいかまくら、雪燈篭を見て、「きれいね」「すごいね」で終わらせるのではなく、制作に携わった方たちの大変さを親子で話せたらいいですね。

札幌雪まつり、スケールの大きさにノックダウン!

 (37129)

Eckhard Pecher/CC BY 2.5
1950年に始まった札幌雪祭りは、今や毎年200万人を超える大きな催しとなりました。
大通り会場・すすきの会場・つどーむ会場と3つの会場があります。家族におすすめなのは、大通り会場とつどーむ会場です。
大通り会場は1.5kmに大小の雪像が並んでいるので、「次は何かしら?」とわくわくしながら歩けます。2016年には『進撃の巨人』や 『 ドラゴンボール超(スーパー)』の雪像がありました。
大雪像を利用してプロジェクションマッピングが上映され、ますますおもしろくなってきています。
夜はライトアップされ、昼と違う風景が楽しめるのもいいですね。。つどーむ会場は体験型の会場で、雪で作られたロング滑り台やスノーラフティングで遊べます。
北海道各地の特産や名店の味が食べられる「北海道うまいものストリート」が、室内で利用できます。

【所在地】
大通り会場:大通公園 西1丁目~西12丁目 つどーむ会場:札幌市スポーツ交流施設 「つどーむ」 すすきの会場:
南4条通から南7条通までの駅前通
【開催日】
大通・すすきの会場: 2017年2月6日(月)~2月12日(日)の7日間
つどーむ会場: 2017年2月1日(水)~2月12日(日)までの12日間

さっぽろ雪まつり公式サイト|SAPPORO SNOW FESTIVAL

さっぽろ雪まつり公式サイト|SAPPORO SNOW FESTIVAL

50周年のいわて雪まつりは、『冬のわくわく半世紀』

 (37130)

 (37131)

2017年のいわて雪まつりのテーマは、『冬のわくわく半世紀』。
50周年を迎え、より力の入っている雪まつりは、楽しみアップです。ミニ雪像や豚汁やジンギスカンを食べたり、暖かい甘酒が飲めるかまくら食堂があります。
雪の少ない所に住んでいる子どもたちは、かまくらの中で遊ぶのはあこがれですね。
2016年の雪まつりには、『雪だるまコンテスト』がありました。
飛び入り参加ができる企画がある岩手雪まつりは親しみやすく、良い思い出作りができるでしょう。
開催前の春節期間を1月28日(土)~2月2日(木)の午前9時から午後5時に設けています。そり滑りをしたり、大雪像の制作過程の見学ができます。

【所在地】
岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1 小岩井農場まきば園内
【開催日・時間】
2017年2月4日(土)~2月12日(日)の9日間 午前9時から午後9時まで

いわて雪まつり 公式サイト|トップページ

いわて雪まつり 公式サイト|トップページ
第50回いわて雪まつりの公式サイト。2017年2月4日から2月12日まで開催されます。

弘前城雪燈籠まつりで、幻想的な風景を楽しみましょう

 (37135)

Rikujojieitai Boueisho/CC BY-SA 3.0
桜の名所で名高い弘前公園は、冬もステキです。
雪化粧した白い弘前城がライトアップされ、本丸の蓮池の周りには約300基のローソクを灯したミニかまくらが立ち並び、幻想的な雰囲気です。
メイン会場の四の丸には、歴史的な建物をまねた大雪像や大きな滑り台があります。
また、園内ではねぷた絵をはめ込んだ雪燈籠150基を、見ることができます。

【所在地】
青森県弘前市下白銀町1−1 弘前公園
【開催日・時間】
2017年2月9日(木)~2月12日(日)  雪燈籠・雪像の夜間ライトアップは、午後4時30分(日没)から午後9時まで

弘前城雪燈籠まつり|公益社団法人 弘前観光コンベンション協会

弘前城雪燈籠まつり|公益社団法人 弘前観光コンベンション協会

横手の雪まつり、かまくらの中でお話しましょ

 (37137)

(社)横手市観光協会/CC BY 3.0
かまくらは、横手の水神様をまつる横手の小正月行事で、約450年の歴史があると言われています。
約100個のかまくらが市内に作られ、子どもたちはかまくらの中でおもちやお菓子、甘酒を食べたり飲んだりしながら、たくさんおしゃべりをするんです。
かまくら祭りでは、地元の子どもたちが、「はいったんせ」と声をかけてくれ、かまくらの中でお菓子やおもちでおもてなしをしてくれます。
市内のあちらこちらにかまくらがある様子は、まるでメルヘンの世界に迷いこんだ気分になりますね。かまくら館向かいの『光明寺公園』では、かまくら作り体験ができるので、家族でチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

【所在地】
秋田県横手市中央町8番12号
【開催日・時間】
平成29年2月15日(水)~2月16日(木) 午後6時から午後9時まで(ミニかまくら作りは、午前11時と午後2時の2回です)

一般社団法人 横手市観光協会 横手市観光協会 - 横手の祭り・イベント - 横手の雪まつり - 平成28年のかまくら・ぼんでん情報

一般社団法人 横手市観光協会 横手市観光協会 - 横手の祭り・イベント - 横手の雪まつり - 平成28年のかまくら・ぼんでん情報

雪国の伝統行事に参加して、雪国の暮らしを学ぼう。

白銀の世界で子どもたちと一緒に歩いたり、寒い体を温めるために甘酒を飲んだりする体験は、格別のものではないでしょうか。
冬まつりで寒い冬を元気に乗り越えようとする雪国の人たちの知恵と暮らしは、子どもたちの心にきっと何かをのこしてくれるでしょう。

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup