「ご馳走様」が持つ深い意味!由来や海外文化との違いも解説

「ご馳走様」が持つ深い意味!由来や海外文化との違いも解説

Bu facebook
Bu twitter
食べた後は「ご馳走様」と言いますが、どのような気持ちで言っていますか?日々の習慣として何気なく口にしている人もいるのでは。実はこの言葉、多くの人への感謝の気持ちを言葉なんです。今回は「ご馳走様」という言葉が持つ意味についてお話しします。

「ご馳走様」の本当の意味を知っていますか?

食事の前には「いただきます」、食べ終わったら「ごちそうさま」と言うように教えられた幼少時代から、毎日何気なく使っているこの言葉。

「ごちそうさま」は漢字で「ご馳走様」と書きますが、なぜこのような言葉が食事の後のあいさつとして使われるようになったのか知っていますか?

そこには日本人が大切にする、感謝の気持ちを表すという意味がありました。今回は「ご馳走様」の持つ本当の意味や、日本と海外での違いなどもお話しします。

本来の「ご馳走様」の意味がわかると、日々のお食事がきっとより大切な時間になりますよ。

「ご馳走様」は深い感謝の気持ちを表す言葉

「馳」と「走」、どちらの漢字にも「走る」という意味があります。食事の終わりに言う「ご馳走様」という言葉と「走る」という意味には、一体どのような関係があるのでしょうか。

昔は今のように簡単に食材を買いに行くことができず、食事を作るのに遠くまで走って食材を調達しなくてはなりませんでした。そんな風に、走ってまで食事を用意してくれることに対して、丁寧な気持ちを表す接頭語である「御」、敬う気持ちを表現する「様」をつけて、「ご馳走様」と言うようになったのです。

昔ほど食材の調達が困難でなくなった現在であっても、買い出しに行くのに走る人がいて、また店に食材を並べに走る人がいて、その食材を作るのに走る人がいる。一度の食事のために奔走してくれるすべての人への感謝の気持ちを表した言葉だと言えます。

「いただきます」も感謝の言葉だった

食材は肉や魚、野菜など、すべてのものが「いのち」で出来上がっています。その「いのち」を大切にする気持ちが「いただきます」という言葉になりました。

食事を目の前にし、食材に向かって「あなたのいのちをいただき、私のいのちに代えさせていただきます」という意味なのです。手を合わせ、頭を下げて「いただきます」と言うのは、食材への感謝の気持ちだったのですね。

また、作ってくれる人など、食事にありつくにあたって関わってくれたすべての人の「いのち」の時間をいただいた、という意味も含まれています。

「ご馳走様」と言われたらなんと返すべき?

「お粗末様でした」が一般的。しかし……!

食事を出した際に「ご馳走様」と言われたら、なんと返事をするのがよいのでしょうか。一般的には「お粗末様でした」と返すのがよいと言われています。「粗末なものを出しました」という意味です。

お茶をだしたりする際に「粗茶ですが……」と言ったり、贈り物をする際に「つまらないものですが……」と言って渡すというような、自分が出したものを謙遜する日本人の謙虚な気持ちが表れた言葉ですね。

しかしながら、客人に対してなどは「お粗末様でした」と返すと失礼にあたる場合もあります。謙遜は日本古来の文化とも言えますが、近年では過度に謙遜しない人も増えてきました。

「お粗末様でした」と言うと、「粗末なものを出すなんて」と受け取られかねないのです。そのような場合は「お口に合いましたでしょうか?」と返すのもよいでしょう。

海外にも「ご馳走様」はあるの?

「ご馳走様」は食事や食事に携わった人への感謝の気持ちを表す言葉ですが、海外には「ご馳走様」にぴったりと当てはまる言葉がないようです

例えば英語では"I'm done(食べ終わりました)."や"That was delicious.(美味しかったです)"などと、食事が終わったことを知らせたり、味の感想を言ったりすることが多いんです。

国によっては、家族の長に「ごはんを食べさせてくれてありがとう」という感謝の気持ちを表すこともあります。しかしながら、特に何も言わないという国も多く存在し、しいて言えば「おいしかった」「ありがとう」と言うだけ、ということが多いようです。

このように、海外では「ご馳走様」に当たる言葉がないため、海外で食事をした後は作ってくれた人やお店の人に「おいしかった」「ありがとう」などという言葉をかけるのが適切かと思われます。

ちなみに「いただきます」に当たる表現も海外にはなく、”"Let's eat.(食べましょう)"などと言ったり、神へのお祈りのあと"Amen.(アーメン)"と言ってから食べ始めることが多いようです。

食べるという習慣は同じでも、言葉や言葉の持つ概念が国によって様々なのはおもしろいですね。

感謝の気持ちを「ご馳走様」で伝えよう

いかがでしたでしょうか?今回は「ご馳走様」という言葉にまつわるお話でした。食事に携わるすべての人への感謝の意味が込められていたのですね。そう考えてみると、一度の食事がこれまでよりもずっとありがたいものに思えてきたのではないでしょうか。

何気なく口にしている言葉ですが、言葉の意味を噛みしめて言ってみるとその気持ちは作った人により伝わることと思います。日々のお食事がより温かく幸せな時間となり、作った人との絆も深まることでしょう。
▼食事のマナーをおさらいしましょう♪
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup