『魔の年齢』7歳児は特に危険!子供の交通事故を防ぐためには?

『魔の年齢』7歳児は特に危険!子供の交通事故を防ぐためには?

Bu facebook
Bu twitter
子供の交通事故

好奇心いっぱいで、予期せぬ行動をとることも多い子供たち。人とぶつかりそうになったり、車道に飛び出そうになったりしてヒヤッとした経験がある親御さんは多いのではないでしょうか。

最近では、登校中の小学生の列に車が突っ込む事故が相次ぐなど、子供たちが事故に遭うケースは決して少なくありません。そして、その中でも『7歳児』が最も事故に遭いやすいそうなのです。

なぜ、7歳児が事故に遭いやすいのでしょうか。

親は子供が事故に遭わないように、どんなことに注意したらよいのでしょうか。

事故の現状や原因、対策について詳しくご紹介します。

子供の歩行中の交通事故が急増!7歳が事故に遭いやすい『魔の年齢』

交通事故の調査研究を行っている『交通事故総合分析センター』調べで、歩行中の交通事故による死傷者数を年齢別に見てみると、7歳で際立って多くなっていることが判明しました。

2015年に発生した歩行中の交通事故による死傷者は、5万6,962人。

全体的に見ると、死傷者に占める割合は高齢者が32%と高いのですが、死傷者数を5歳単位で見てみると、70~74歳は4,149人、75~79歳は4,290人なのに対して、5~9歳は4,853人と、最も多くなっています。

つまり、歩行中の交通事故による死傷者は、高齢者よりも5~9歳の子供の方が多いということです。

さらに、もう少し詳しく1歳刻みでデータを見てみると、死傷者数のピークは7歳の1,462人でした。20~60歳までの各年齢の死傷者数は600人前後、65歳以上の高齢者層でも800人前後となっており、他の年齢と比較すると突出していることがわかります。

交通事故総合分析センターが「7歳児の死傷者数は成人の2.5倍、65歳以上の高齢者の約2倍の多さ」と説明していることからも、7歳児は交通事故に遭いやすい『魔の年齢』であると言えるでしょう。

事故の多くは登下校中に発生。男児の事故は女児の事故の2倍以上!

『魔の年齢』である7歳児の歩行中の事故のうち、73%が日中に発生しており、これに、日没前後の薄暮時を加えると、93%になります。

さらに、7歳児の交通事故の発生を曜日別に見ると、平日は土曜日の約2倍、日曜日の約2.5倍となっています。

つまり、7歳児の歩行中の交通事故のほとんどは『平日の明るい時間』に起きているのです。

学校への登下校中の事故が多いほか、道路上で遊んでいるときや友達などへの訪問時の事故もあります。

7歳児の交通事故による死傷者は、男児が女児の2倍以上になっているというのも大きな特徴の1つです。

小学生になり活動範囲が広がるのが原因?小学校入学までの交通安全指導が重要

親の送迎や園のバスなどで通っていた幼稚園・保育園と違って、小学生になると子供が自分で登下校をします。

小学校入学直後の6歳児までは、まだ保護者が子供の行動や交通安全に注意を払っていますが、7歳になるとそれまでと比べて、親の目の届かない部分で急激に活動範囲が広がっていくこともあり、交通事故にも巻き込まれやすくなるのでしょう。

交通事故には至らなくとも、『ヒヤリ・ハット』経験から子供自身で学習し、8歳以降は比較的安全な行動が取れるようになってくるため、7歳をピークに死傷者数が減少していく傾向にあるようです。

交通事故総合分析センターは、「小学校に入学するまでに、子供が1人で安全な行動を取れるよう、親が交通安全指導を積み重ねていくことが大切」だとしています。

普段歩く道や、通学路になる予定の道、塾や習い事、遊びに行くときに使う道などを子供が1人で安全に歩けているか、小学校入学前にぜひチェックしてみましょう。

子供は一度言い聞かせただけでは、行動に移せないことも多いもの。

何度も繰り返し、しつこいくらいに指導してあげることが、子供の命や体を守ることにつながります。

また子供は、単に「気をつけなさい」「危ないことはしないでね」などの漠然とした言葉では、どんな場所で、何にどう気をつければいいのか理解できないことも多いそう。

「信号が青でも、車が来ていないかちゃんと注意するんだよ」「曲がり角から飛び出さないようにね」など、どういう点に注意すべきかを具体的に指導してあげるようにしましょう。

小学校入学を控えた子供がいるパパ・ママは、早い時期から意識して交通安全指導を取り入れてみましょう。

地域や学校などでは、子供向けの交通安全教室などが数多く開催されており、歩行訓練・自転車実技訓練なども受けられるところもあるようです。

大切な子供の命を守るために、ぜひ一度親子で受けてみてはいかがでしょうか。

Photo/Philippe Put

参照/ Livedoor news 「交通事故、7歳児が要注意 突出して多い死傷者数」 イタルダインフォメーション「交通事故分析レポートNo.116」 警視庁HP「なくそう子供の交通事故」

関連コラム

小学生の5人に1人が便秘!?子供の便秘を予防・改善する3つのポイント
子供を交通事故から守る!起きやすい交通事故の傾向と注意ポイント
医師も警鐘!子供の『ゲーム依存』の恐ろしさとは?
『瞑想』で子供の問題行動が激減!瞑想がもたらす効果とは?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup