大阪の子連れで行けるお盆の穴場スポットおすすめ10選

大阪の子連れで行けるお盆の穴場スポットおすすめ10選

Bu facebook
Bu twitter

ひと昔前までは、お盆とお正月は「民族大移動」と揶揄されるぐらい、日本中の人々が帰省や旅行で一斉に動いていました。最近は、休日が分散化していることもあり混雑は緩和傾向にあるようです。

それでも、定番や人気の観光スポットには人が集まるもの。大阪でもそれは同じ。

混雑を少しでも避けたいファミリー必見の、大阪の子連れでも楽しめるお盆の穴場スポットをご紹介します。混雑を避けるテクニックも。

混雑を避けるにはポイントが

osaka-castle-1398116_1920

どんな地域にも穴場はあるもの。天候に左右されやすい場所や、誰もが楽しめるという観点からちょっとずれたマニアックさがテーマになっているスポットは穴場になる可能性大。

USJや大阪城のような誰もが知る観光スポットの華やかさや迫力には欠けますが、その分ゆったりと楽しめるでしょう。

1.大阪市立阿部野防災センター(大阪市阿倍野区)

防災を体験しながら学習できる施設です。

地震で崩れ落ちた街中を再現した場所での避難体験は、臨場感が!他にも、煙の中、初期消火、119番通報など、普段なかなか体験できないけれど、もしもの時に必ず役立つ事をバーチャルで学べる企画が用意されています。

親子で防災を考えるきっかけになりそうですよね。来館するには電話予約が必要です。

【住所】
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-13-23
【問い合わせ】
06-6643-1031
【アクセス】
地下鉄谷町線「阿倍野駅」(2号・7号出口より西へ約300m)
【営業時間】
午前10時~午後6時
休館日:水曜日・毎月最終木曜日(祝日の場合はその翌日)
【料金】
無料

2.江崎記念館(大阪市西淀川区)

グリコの「ゴールインマーク」はあまりにも有名。そんなグリコグループの商品や歴史が一目でわかるのがこちら江崎記念館です。

各時代のグリコサインを再現したジオラマや、おなじみの「おまけの豆玩具」がずらりと展示されているコーナーなど、親子で楽しめます。電話予約必須です。

【住所】
大阪市西淀川区歌島4-6-5
【問い合わせ】
06-6477-8257
【アクセス】
JR東海道本線 塚本駅 西出口から 徒歩 約13分
【営業時間】
午前10時~午後4時
休館日:第1、第3土曜日以外の土曜日
【料金】
無料

3.全興寺(大阪市平野区)

一見すると普通の由緒正しきお寺のようですが、境内にはちょっと変わった施設がたくさんあるんです。

地獄体験ができる「地獄堂」、151体の石仏に囲まれ、ステンドグラスの曼陀羅の上に座って瞑想できる「ほとけのくに」、小さな駄菓子屋さんなどレトロな雰囲気が魅力の「町ぐるみ博物館」などなどバラエティ豊かです。

アミューズメントパークのようなお寺だと言われているとか!

【住所】
大阪市平野区平野本町4-12-21
【問い合わせ】
06-6791-2680
【アクセス】
JR大和路線「平野」駅南口・地下鉄谷町線「平野」駅4号出口徒歩12分
【営業時間】
9:00~17:00
【料金】
無料

4.大阪くらしの今昔館(大阪市北区)

日本初「住まいの歴史と文化」が専門テーマになっている博物館です。

明治~昭和時代のレトロな暮らしぶりを模型と資料で見ることが出来る他、江戸時代の文化や暮らしぶりも再現。町家を彩っていた美術品も展示されています。

子供たちにとっては未知の世界。新鮮だと思います。

【住所】
大阪市北区天神橋6丁目4-20 住まい情報センタービル8階
【問い合わせ】
06-6242-1170
【アクセス】
地下鉄谷町線・堺筋線、阪急電鉄「天神橋筋六丁目」駅下車 3号出口より直結
【営業時間】
午前10時~午後5時 ※火曜日休館
【料金】
一般    600 円
高・大生  300 円

5.くつろぎの郷 湯楽(大阪市住之江区)

敷地内に源泉を持つ温泉施設です。加水を一切行っていないかけ流しの天然温泉の他、9つの変わり湯がある岩の湯エリア、檜の香りが心地よい檜の湯エリアがあります。

中でもお子さんにおすすめなのが、浴槽いっぱいのあひるのおもちゃが浮かぶ、あひる横町お祭り風呂。インパクト大!

おむつの販売やベビーフード持ち込み可、赤ちゃん用バスチェア用意など、子連れファミリーが嬉しいサービスがいっぱいです。

【住所】
大阪市住之江区北加賀屋3-5-37
【問い合わせ】
06-4702-412
【アクセス】
地下鉄四ツ橋線『北加賀屋駅』4番出口を出て右→『北加賀屋交差点』 →西へ渡って北に進み2ッ目信号を左折(住之江スポーツセンターの前)《徒歩7分》
【営業時間】
午前10:00~深夜2:00 ※不定休
【料金】
一般    600 円
高・大生  300 円

6.史跡新池ハニワ工場公園(高槻市)

古墳時代の生活ぶりハニワ作りの様子が学べる場所。復元ハニワが並ぶ様子は、ちょっと変わった光景ですよね。

5~6世紀頃のハニワ工房や窯が復元されています。

園内は芝生が多くのんびりお散歩するのにもぴったり。

【住所】
高槻市上土室一丁目
【問い合わせ】
072-695-8274
【アクセス】
JR富田駅から市営バス<公団阿武山>行きで「上土室」下車、徒歩約5分
【営業時間】
ハニワ工場館 午前10時~午後5時(園内は終日可)
【料金】
無料

7.五月山動物園(池田市)

標高315メートルの五月山は、街を見下ろす眺望も抜群

ハイキングコースや動物園、植物園等の憩いの施設も充実しています。五月山動物園は、無料でウォンバットやマーラ、ワラビーといったちょっと変わった動物を見ることができるのもポイント。

【住所】
大阪府池田市綾羽2丁目5−33
【問い合わせ】
072-695-8274
【アクセス】
阪急宝塚線「池田」駅から北へ1.5Km、徒歩約15分
【営業時間】
9:15~16:45 ※毎週火曜日休園日
【料金】
無料

8.森野サンプル(大阪市平野区)

レストランや食堂でお馴染みの食品サンプル。森野サンプルでは、食品サンプルを実際に作ることができる製作体験会を実施しています。

原料は塩化ビニールに色を混ぜたもの。シリコン型に流し込んで塗装を施して完成させていきます。

実施日は、祝日と毎週末。事前予約が必要なので、予約の際は公式ホームページをご覧ください。

【住所】
大阪市平野区加美北6-1-19
【問い合わせ】
06-6792-7543
【アクセス】
JR関西本線(大和路線)平野駅 北出口より徒歩10分
【営業時間】
9:00~17:00 ※所要時間は 90分~120分
【料金】
¥1,500~

9.ポンポン山(高槻市)

hiking-2042599_640-1

※写真はイメージです。

ポンポン山という可愛らしい愛称で市民に親しまれている山。歩道が整備されていて歩きやすく、道に迷う心配も少ない為家族連れや年配の方など、年代を問わずハイキングを楽しむ人が多いスポットです。

いくつかのルートがあるので、事前にチェックして見たい景色やアクセス等を考慮して決めてくださいね。

【住所】
大阪府高槻市
【問い合わせ】
高槻市 市民生活部 072-674-7649
【アクセス】
JR高槻駅より高槻市営バス、神峰山口停下車、徒歩にて山頂他
【営業時間】
なし
【料金】
無料

10.ワールド牧場(南河内郡)

人と動物、そして自然との「心の触れ合い」をテーマにした観光牧場です。

馬やヒツジなどの牧場動物の他にも、ウサギやハムスター、モルモットなどの小動物とも触れ合えます。

乗馬や乳しぼりなど、牧場ならではの体験も可能!小さなお子さんから小中学生まで、年代に合わせた遊び方ができます。

イルカ・クジラとの触れ合いもできるというのは驚き!

【住所】
大阪府南河内郡河南町白木1456−2
【問い合わせ】
0721-93-6655
【アクセス】
近鉄長野線富田林駅南口より路線バス(金剛バス)で「さくら坂一丁目」バス停下車、
バス停より徒歩約10分
【営業時間】
3/1~11/3まで 10:00~17:30
11/5~2/28まで 10:00~17:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日が休業となります)※春休み・夏休み期間は無休
【料金】
大人 \1,500 3歳~小学生 ¥800 ペット \500

混雑を避け穴場のスポットへGO

お子さんが好きな動物園などのスポットと共に、「万人受け」がコンセプトではないマニアックなスポットもご紹介しました。マニアックなスポットは、深くひとつのことを学んだり体験したりできる場所でもあります。そんなお出かけがお子さんの新たな興味を惹き付けるきっかけになるかもしれません。

家族一緒のお出かけ先選びの参考にしてみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup