黒板やカッティングボードに変身!「かまぼこ板」のリメイク術でお手軽DIY♩

黒板やカッティングボードに変身!「かまぼこ板」のリメイク術でお手軽DIY♩

Bu facebook
Bu twitter
かまぼこを食べ終わった後のかまぼこ板、捨てているという方はNGです。かまぼこ板は無垢の素材でできており、強度もなかなかのもの。あらゆるリメイクに活用できる便利アイテムなんですよ。具体的なリメイク術をご紹介しますので、参考にしてみてください。

そのかまぼこ板、捨てないで!

お料理で使い終わったあとのかまぼこ板、みなさんどうされてますか?
ずいぶんしっかりとした素材でできているので、捨ててしまうのはちょっぴりもったいないような気がしますよね。だからと言って、なにか使い道が思いつくでもなく、一瞬迷ったものの結局はゴミ箱行きの運命に……。

かまぼこ板は一般的には、モミやシラベといった、香りのない白くて滑らかな木が使われていますが、移り香を楽しむためにスギが使われることもあるようです。これらの木から作られるかまぼこ板は、かまぼこの乾燥に合わせて水分を一定量に保つ働きをしています。よく見るとなかなか立派な無垢の素材。強度もかなりあるようです。実はかまぼこの板を再利用して、リメイクやDIYに活用する方がけっこう多いみたいですよ。

それならば、これからは捨てずにリメイクしてみたいですよね。では実際にどんな活用方法があるのか、驚きのリメイク術をご紹介したいと思います。

かまぼこ板を使ったリメイク術 13選

それではさっそく、かまぼこ板を使ったリメイク術をご紹介させていただきます。手軽に作れるものから斬新なアイデアまで、さまざまな活用方法をご覧ください。

1. ミラーのフレーム

100均で買った鏡に、かまぼこ板でフレームをつけましょう。かまぼこ板にはペンキで色を塗ってくださいね。白・茶・グリーンのペンキを少し粗い感じに塗ることで、スクラップウッド風のヴィンテージ感が演出できます。色を塗ってから軽くやすりをかけるのも手です。古びた木の風合いが、おしゃれ度をアップさせてくれますよ。

2. お部屋の表札

ぶきっちょさんでも真似できる、初級のリメイク術がこちらです。かまぼこ板にお部屋の名前を書くだけで、かわいい表札ができちゃいます。絵の具を使ってもいいですし、太めのマジックペンなどで書いてもOKです。子供部屋にはお子様の名前を書いてあげましょう。難しい工程は一切ないので、親子で一緒に制作するのも楽しいですね。

3. クリスマスのオーナメント

クリスマスツリーのオーナメントも、かまぼこ板を再利用して作ってしまいましょう。かまぼこ板にニスや色を塗って、好きなようにデコレーションしてください。お部屋のドアに引っ掛けてもいいですし、クリスマスツリーに飾ってもかわいいですね。

4. ミニ黒板

かまぼこ板をいくつかつなげて黒板シートを貼り付けます。あっという間に自分だけのミニ黒板ができあがり。黒板シートは100均でも売ってますよ。緑と黒がありますので、お好きなほうを選んでくださいね。裏側がシール状になっているので、のりもテープも必要なし!チョークや黒板用のポスカも一緒に購入しておきましょう。

5. 歯ブラシスタンド

コップにさしっぱなしの歯ブラシも、歯ブラシスタンドを作ってインテリアのひとつにしてはいかがですか?プラスチック製の歯ブラシスタンドならお店で手に入ると思いますが、木製の歯ブラシスタンドはあまり売ってないですよね。中の仕切り部分を調整して、家族全員の歯ブラシが入るようにしてくださいね。

6. 消しゴムはんこ

消しゴムはんこ作り、ハマッている人けっこう多いみたいです。はんこを作ったらそのままでもいいのですが、最後にかまぼこ板を貼り付けてみてください。とっても押しやすくなりますよ。かまぼこ板の角は丸く削ってあげましょう。コロンとしたフォルムがかわいらしいですよね。

7. ミニチュアカッティングボード

かまぼこ板をこんな風にカットして、きれいにやすりをかけてください。なんともかわいらしいミニチュアのカッティングボードができちゃいます。玄関先に飾ってもいいですし、リビングの片隅に置いてもすてきです。お野菜の形をしたマグネットなどを貼り付ければ、ますます本格的なまな板風になりますよ。お子様の遊び道具にしてもいいですね。

8. スパイスラック

かまぼこ板を貼り合わせて、ペンキで色を塗ってください。最後に市販のタグプレートをつければ、おしゃれなスパイスラックがいっちょあがり!かまぼこ板を何枚かつなぎ合わせれば、もっと大きなスパイスラックもできますね。お家にあるスパイスの数に合わせて作りましょう。ペンキの色によっても雰囲気が変わりますので、お好きな色で塗ってください。

9. フォトフレーム

かまぼこ板を使った初心者さんむけのリメイク術。かまぼこ板を数枚使ってフォトフレームを作りましょう。色を塗ったあとにやすりでダメージ加工をすると、ヴィンテージ感が出るのでおすすめです。写真だけでなく、お気に入りの小物やチケットなどを飾ってもいいですね。

10. エアープランツホルダー

かまぼこ板を使ったこんなアイデアはいかがですか?空気中の水分で育つという「エアープランツ」。そのホルダーを作ってしまいましょう。かまぼこ板をリサイクルするので、なんだかとってもエコな感じ。玄関に飾ってもかわいいですよね。

11. コースター

かまぼこ板が1枚しかないときは、こちらのリメイク術に挑戦してみてください。かまぼこ板をカットしてやすりをかけるだけで、ヴィンテージ風のコースターが作れます。ニスを塗るとさらに完成度アップです。ひとつひとつ木目が違うので、作るたびに違う顔に出会えるのもお楽しみ。手作りならではのぬくもりが感じられるので、お友達にプレゼントしても喜ばれるかもしれません。

12. レンガ風インテリア

かまぼこ板にブラウン系のペンキを塗れば、本物と見まがうほどのフェイクレンガができちゃいます。少しずつ色味を変えて何種類か作成するのがポイントです。積み重ねて壁に飾ればとても本格的。近くで見てもわからないほどの完成度に仕上がります。壁に飾るだけでなく、植木鉢やゴミ箱などに貼り付けてもいいですね。レンガを買ってくるのは重くて大変というときは、かまぼこ板で代用しちゃうと楽ですよ。

13. プチオブジェ

かまぼこ板に花モチーフの飾りをつけて、プチオブジェを作りましょう。季節のお花をあしらったり、どんぐりやまつぼっくりなどを使ってもいいですね。クリスマスやハロウィンなどのイベント時はもちろん、結婚式のウェルカムボードとしても活躍しそうなリメイク術です。生花ではなく造花を使用すれば何年でも使えますので、シーズンごとのオブジェをまとめて作っておいてはいかがですか?

かまぼこ板を集めよう

かまぼこ板を使ったリメイク術、お気に入りは見つかりましたか?リメイクのためにかまぼこを買いたくなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。こんなにすてきな利用方法があるなんて、今まで捨てていたことが惜しく感じられますよね。まずはかまぼこをせっせと食べて、かまぼこ板を集めるところから始めてみましょう。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup