おすわりやはいはいの時期の赤ちゃんでも楽しめる公園の遊び方

おすわりやはいはいの時期の赤ちゃんでも楽しめる公園の遊び方

Bu facebook
Bu twitter

公園は月齢や年齢を問わず、赤ちゃんがパパやママとさまざまな遊び方を楽しめる魅力的な場所。まだ思うように動けない赤ちゃんでも、ちょっとサポートしてあげるだけで公園のいろいろな遊び方を学ぶことができます。頭や体を使うので、おうち知育にもピッタリです。

滑り台は滑るだけのものではない!

無料の写真: スライド, 遊び場, 公園, 小児期, 再生, 機器 - Pixabayの無料画像 - 961403 (52068)

おすわりやはいはいの時期の赤ちゃんでも、公園の遊び方は意外とたくさんあります。そのときに欠かせないのがパパやママのサポート。ちょっと助けてあげるだけで、赤ちゃんも大喜びです。たとえば滑り台。「え?まだ早い、危ないのでは…」と心配されるでしょうが、本来の遊び方ではなく、近くまで抱っこして連れて行き、叩いて音を出すことで楽しみます。底板、側面板で感触も音色も変わるので赤ちゃんもきっと喜んでくれることでしょう。

レジャーシートは赤ちゃんのグラウンド!

 (52660)

天気のいい日の公園遊びに欠かせないのがレジャーシート。小さな赤ちゃんにとっては、大きなグラウンドと同じなのです。小さなボールをコロコロと転がしてあげると、ボールを追いかけて一生懸命はいはいします。公園は芝生広場でも地面でも自然の凹凸があるのが一般的。部屋のなかのように簡単にははいはいできない状況が、ほどよく赤ちゃんを運動させてくれます。

デリケートな肌が摩擦でやけどしてしまわないように、つなぎの服などを着せて安全に注意して遊んであげましょう。

動けなくても目で追うだけで楽しい

無料の写真: Vuiのチェ, コングビエン, 子供たち, 再生, 区すね, 子ども - Pixabayの無料画像 - 1679587 (52067)

おすわりがやっとできる頃は、自分で動くことができません。でも視覚は発達しているので、物を目で追うことは十分にできます。そんなお子さまにおすすめなのがシャボン玉。自分でつくることはできなくても、パパやママが吹いたシャボン玉を目で追い、ときには手を動かしてつかまえようとするでしょう。このシャボン玉を追う動きが、眼球や首、手の運動を促してくれます。

赤ちゃんへの安全を考慮して、少し離れて吹いてあげるようにしてあげてください。目や口に入らないように注意してあげましょう。

疲れたらブランコでちょっと休憩

無料の写真: スイング, 砂, 遊び場, 楽しい, ゲーム デバイス, 再生, 屋外 - Pixabayの無料画像 - 1715552 (52070)

疲れたのでちょっと休憩……そんなときにはブランコを利用してみましょう。もちろん、おすわり・はいはいができるようになったばかりの赤ちゃんを一人で乗せるのは危険なので、パパかママが一緒に乗ってあげます。抱っこひもを使って赤ちゃんを抱えてあげれば、落っこちてしまう心配もありません。地面を軽く蹴りながらゆらゆらと揺らす程度にしてあげましょう。まるでゆりかごに揺られるように、気持ちよく眠ってくれるはずです。

公園でさまざまな経験をさせよう!

 (52659)

頬に当たる優しい風、鳥のさえずり、木々のゆらめきや太陽の光、公園は赤ちゃんにとって新鮮なものばかり。滑り台やブランコなどの遊具をそのまま使うことはできないけれど、ちょっとした工夫で違う遊び方があることに気づきます。おすわりやはいはいだけで思うように動けなくても、赤ちゃんが喜ぶ遊びはたくさんあります。いっぱい遊んで頭や体をたっぷりと使いましょう。

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup