夏野菜を使い切る!macaroni考案「1週間の献立」レシピ

夏野菜を使い切る!macaroni考案「1週間の献立」レシピ

Bu facebook
Bu twitter
みなさん、毎日野菜を食べていますか?スーパーや八百屋さんでは、オクラ、ピーマン、トマトなどの夏野菜が並び始めています。そこで今回は「旬野菜を1週間で使い切る献立」をご紹介。野菜をいっぱい食べて、夏バテを吹き飛ばしましょう♪

旬に使い切る!夏野菜レシピ紹介

この時期、スーパーの野菜コーナーには色とりどりの夏野菜が並んでいますよね。夏野菜にはカロテンやビタミンが豊富に含まれているので、夏バテ防止にぴったりの食材なんです♪ 栄養バランスのためにも、野菜は毎日食べたいところ。

そこで今回は「オクラ」「大葉」「いんげん」「ズッキーニ」「ピーマン」「トマト」を使った、1週間の献立レシピをご紹介します。

月曜日はこってり系で一週間をスタート

【主菜】まるごとオクラと鶏肉のガリバタ炒め

まずはオクラを2袋使った「まるごとオクラと鶏肉のガリバタ炒め」のご紹介です。オクラを鶏むね肉と合わせてガーリックバターで炒めた、食べごたえ抜群のひと品です。

オクラの板ずりは、ネットごと塩をふって揉むと、まな板を汚さずに済みますよ♪

【副菜】とろとろ卵あんの餃子ロールキャベツ

こってりとした主菜には、キャベツとトマトを使った野菜たっぷりの副菜がおすすめ。冷凍餃子をキャベツで包んで煮込むだけの、中華風ロールキャベツ。肉だね不要なので、とっても簡単なんです。トマトと卵あんで、さっぱりなのにおなかも大満足!

火曜日はエスニックな味付けで

【主菜】まるごとオクラのギュッと焼き

火曜日の主菜は、オクラを1本そのまま使ってひき肉を巻いた「まるごとオクラのギュッと焼き」。焼き上がったらニンニク、生姜、酢、醤油などで仕上げたタレでしっかり味付けしましょう。

ひき肉の代わりに、豚ばら肉を巻いてもおいしくできますよ。

【副菜】生ズッキーニともやしの桜海老ナムル

塩もみした生ズッキーニともやしを使った「生ズッキーニともやしの桜海老ナムル」をご紹介。ズッキーニともやしのシャキシャキ食感と、桜海老の芳ばしい香りがたまりません♪

ズッキーニの皮が気になる場合は、ところどころピーラーで皮をむいてから調理すると食べやすくなりますよ。

水曜日はスタミナたっぷりで疲労回復

【主菜】トマトすき焼き風牛肉のしぐれ煮

定番の牛肉のしぐれ煮にトマトをプラス。コクとおいしさが増した「トマトすき焼き風牛肉のしぐれ煮」で、週の真ん中を元気に乗り切ります!

そのままでも絶品ですが、ごはんの上にのせて食べるとおかわりが止まらなくなりますよ♪ お好みで大葉の千切りを添えてもおいしいです!

【副菜】クリームチーズと大葉の包み揚げ

クリームチーズと大葉を、ワンタンの皮で包んで揚げるだけの簡単レシピ「クリームチーズと大葉の包み揚げ」。パリパリのワンタンとなめらかなチーズの組み合わせは、おつまみにもぴったり♪ 明日からの仕事に向けてパワーを補充しましょう。

木曜日はサッと作れる簡単メニュー

【主菜】えびといんげんのジェノベーゼバスタ

木曜日になると、だんだんと疲れが溜まってきますよね。そんなときは無理をせず、サッと作れるメニューで済ませましょう。主菜はおかずのいらない「えびといんげんのジェノベーゼバスタ」。フレッシュバジルの香りが食欲をそそります。

【副菜】大葉香る切り干し大根

切り干し大根をポン酢、大葉、梅でさわやかな味付けに仕上げた「大葉香る切り干し大根」。油揚げを一緒に入れると芳ばしさがプラスされますよ。お好みでみょうがを入れると、よりさっぱりとした味に仕上がりに♪ 箸休めにぴったりのひと品です。

金曜日はがっつり系で疲れを癒そう

【主菜】和風ピーマンの肉詰め焼き

週末は1週間の疲れを癒すべく、がっつり系がおすすめ。ふわふわな肉だねをピーマンにたっぷりと詰めた「和風ピーマンの肉詰め焼き」。蒸し焼きにすることで、ふっくらジューシーに焼き上がるんです。甘辛いてりやき味に、思わずごはんをおかわり♪

【副菜】ズッキーニと厚揚げのコンソメ焼き浸し

醤油やみりんで作ることが多い焼き浸しですが、今回はコンソメでアレンジした「ズッキーニと厚揚げのコンソメ焼き浸し」をご紹介。和にも洋にも合うひと品です。厚揚げとズッキーニにしっかり焼き色をつけておくと、芳ばしく仕上がりますよ。

土曜日は少し手の込んだ華やかメニュー

【主菜】豚バラ肉の梅しそミルフィーユ天ぷら

お休みの日は、お料理にかける時間を増やせそうですね!豚ばら肉に、梅肉と大葉をのせてミルフィーユ状にした「豚バラ肉の梅しそミルフィーユ天ぷら」。衣を付けてカラッと揚げれば、おかずにもおつまみにもぴったりなひと品に!揚げ物なのにとってもさわやか♪

【副菜】たっぷり夏野菜のラタトゥイユ

夏野菜を細かく切りそろえ、じっくりと炒めて煮込んだ「たっぷり夏野菜のラタトゥイユ」。味付けはシンプルに塩こしょうのみなので、野菜の旨味を味わえます。見ためも華やかで、気持ちまで華やぎそうですね。

日曜日は残り物を駆使したざっくりメニュー

【主菜】コク旨野菜カレー

日曜日はお料理も手抜きしたいもの。そんなときには、野菜をお鍋に放り込んで煮込む「コク旨野菜カレー」はいかがでしょうか。入れるのは野菜のみ!玉ねぎ、なす、焼き目をつけたオクラやズッキーニなど。夏野菜いっぱいのカレーは、お肉なしでも大満足のボリュームです♪

【副菜】いんげんとパプリカのガーリックマリネ

そしてカレーの付け合わせは、細切りにした食材をにんにく風味のマリネ液で和えた「いんげんとパプリカのガーリックマリネ」。シャキシャキとした食感が楽しく、彩りもカラフルな簡単おかずです。お酢に漬けているので、作り置きしても安心ですよ。

カレーにもマリネにも、夏野菜をバンバン入れてみてくださいね♪

旬野菜で夏を楽しもう!

いかがでしたか?夏野菜ってとってもカラフルですよね。おいしいだけじゃなく見ためもきれいだなんて、作る楽しみも倍増♪ これからどんどんおいしく、しかも安くなる旬の野菜。たっぷり使った夏野菜料理で、暑い夏を元気に乗り切りましょう!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup