保険の特約ってどんなもの?特約の種類と必要性とは?

保険の特約ってどんなもの?特約の種類と必要性とは?

Bu facebook
Bu twitter

これから生命保険や医療保険の加入を検討されている方はもちろん、すでに加入されている方のなかにも、確か「特約」がついているものの具体的な内容まではよく分からない……という方が意外と多くいらっしゃいます。そこで今回は、そもそも「特約」とはどんなもので、何を基準に選べば良いのか?また、その必要性についてみていきたいと思います。

■そもそも保険の特約とは?

みなさん、そもそも保険商品がどのような構成になっているかご存知でしょうか?

保険は、基本となる主契約と呼ばれるものと、主契約に付加する特約から成り立っています。そのため、特約とは主契約につけられるオプションであると考えるとわかりやすいかと思います。オプションのため特約だけで加入することはできませんが、主契約と組み合わせることで、よりご自身に合った保障選びが可能になります。

たとえば、医療保険の場合は、主契約の部分で入院日数に応じて1日5,000円や10,000円といった給付金が支払われます。しかし、入院中だけでなく手術や退院後の通院などさまざまな費用が必要になりますので、それだけでは心細いですよね。こういった不足部分を補う機能(保障)=特約というわけです。

■特約の種類にはどんなものがあるの?

そんな主契約の不足部分を補ってくれる特約ですが、どのような内容のものがあるのでしょうか?

実にさまざまな種類がありますので、ここでは代表的な特約についていくつかご紹介したいと思います。

【死亡保障を手厚くする特約】

まずは、死亡保障を手厚くする特約についてです。生命保険に加入していると万が一の際に保険金が支払われることは、みなさんご存知の通りです。しかし、必要な保険金額は、受け取り時の年齢や家庭環境によってさまざまですよね。

たとえば、小さいお子さまがいらっしゃる場合、お子さまが社会人になるまでは保障額を手厚くしたいと思うのが親心ですよね。そういう場合に、付加できる特約があります。一般には「定期保険特約」といわれるもので、お子さまが大学を卒業するまでなど、一定期間の保障額を手厚くすることが可能になります。

また、災害時に主契約に上乗せして保険金が支払われる特約もあります。「災害死亡特約」といわれるもので、震災や天災で死亡した場合だけでなく、自動車や自転車での事故の場合も保障されるのが一般的です。こちらの特約は、保険料が比較的安いのが特徴で、付加しても家計の負担にはなりにくいので付けておくと良いかと思います。

【入院・通院や手術の備えをより手厚くする特約】

では、医療保険にも目を向けてみましょう。前述の通り主契約として、入院日数に応じて1日5,000円や10,000円といった給付金が支払われますが、現在の医療技術は進歩しているので、最新の治療をお望みの方は特約をつけておくと安心です。

代表的な特約として「手術特約」というものがあります。これは、入院日数毎に支払われる給付金とは別に、手術の際に支払われます。一般的には、手術の種類によって給付金額が異なりますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

次に、「通院特約」です。こちらは、入院後の通院の際に支払われるのが一般的です。退院後の通院は避けられませんよね。そこで、通院特約をつけることで、治療費はもちろん病院までの交通費やお薬代まで補えることもあります。

なお、最近「先進医療特約」もよく聞きますよね。先進医療とは、日々の医療技術の進歩によって開発された新たな治療方法で、厚生労働省が認可した医療行為のことですが、健康保険の適用はされず全額自己負担になってしまいます。先進医療の中には、300万円くらいする医療行為もあります。しかし、いざという時は最新の医療を受けたいものですよね。そんな方におすすめなのが、この「先進医療特約」です。なんと、こちらの特約は月々100円~200円程度でつけられますので、医療保険にすでに加入されている方は新たに検討してみてはいかがでしょうか?

その他、医療保険の特約として死亡保障をつけられる「死亡特約」や、余命を宣告された際に保険金を生前に受け取れる「リビングニーズ特約」など、実にさまざまな特約があります。

■特約はつけたほうが良いの?

では、保険の特約はつけたほうが良いのでしょうか?

筆者個人としては、保障内容が充実するということはもちろん、それほど保険料も高くありませんので、必要な特約はなるべく多くつけるべきだと思います。

すでに生命保険や医療保険に加入されている方は、付加されている特約が本当に必要かどうかをまずは確認してみましょう。その上で、ご自身にとって役立つ特約がないか?を保険会社や保険代理店の担当者に確認し、必要であれば都度加入されることをおすすめします。また、これから加入を検討されている方は、よく分からないまま加入しないで、それぞれの特約の持つ意味や性質をよく理解した上で加入するようにしましょうね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup