(ママより子守り上手♡)広汎性発達障害の娘のお姉さんっぷりに、ウルウルした話

(ママより子守り上手♡)広汎性発達障害の娘のお姉さんっぷりに、ウルウルした話

Bu facebook
Bu twitter

すっかりお姉ちゃんに!

広汎性発達障害のある娘は、小学1年生(6歳)。去年、弟が産まれました。最初のうちは新しい家族の出現に戸惑ってもいたようです。

娘は聴覚過敏のため、「弟の泣き声が苦手…」と感じ、母に訴えることもありました。しかし、今では一方的に迷惑がるということは少なくなりました。

その理由は、自分が「おねえちゃん」という自覚が育まれているから、のようです。

2人とも成長中!きょうだいの愛が感じられ、母は嬉しい…日々の様子をお伝えします。

娘のお姉ちゃん歴も…もうすぐ1年!

最初はどうなることかと思っていたのですが、娘はすっかりお姉ちゃん。弟に対する接し方も、板についてきました。

最近では、自分から「面倒見るよ~♪」と声をかけてくれるようになりました。

(ママより子守り上手♡)広汎性発達障害の娘のお姉さんっぷりに、ウルウルした話の画像

Upload By SAKURA

そんな2人の遊び風景を、いくつかご紹介したいと思います。

姉と弟…その1

(ママより子守り上手♡)広汎性発達障害の娘のお姉さんっぷりに、ウルウルした話の画像

Upload By SAKURA

姉と弟…その2

(ママより子守り上手♡)広汎性発達障害の娘のお姉さんっぷりに、ウルウルした話の画像

Upload By SAKURA

姉と弟…その3

(ママより子守り上手♡)広汎性発達障害の娘のお姉さんっぷりに、ウルウルした話の画像

Upload By SAKURA

弟に対して、寛大すぎる!

(ママより子守り上手♡)広汎性発達障害の娘のお姉さんっぷりに、ウルウルした話の画像

Upload By SAKURA

娘と比べ、わんぱくすぎる息子は、ちょっとばかし遊び方が激しい…。そんな息子の相手をする娘は、いつもやられっぱなし。

(ママより子守り上手♡)広汎性発達障害の娘のお姉さんっぷりに、ウルウルした話の画像

Upload By SAKURA

いくら相手が赤子といっても、あまりに寛大すぎる娘。頭が下がります。(私は、11か月の赤ちゃん相手でも、寛大でいられない。)

と、同時に優しい姉を持つ、このわんぱくすぎる息子のこれから…。ちょっと恐ろしいです(笑)

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup