プロが教える!「デニムジャケット」を長持ちさせる洗濯方法

プロが教える!「デニムジャケット」を長持ちさせる洗濯方法

Bu facebook
Bu twitter

プロが教える!「デニムジャケット」を長持ちさせる洗濯方法

LION お洗濯マイスター

山縣 義文やまがた よしふみ

プロが教える!「デニムジャケット」を長持ちさせる洗濯方法

程よくカジュアルになれる優秀アウター

いつものコーデを程よくカジュアルにしてくれるのが、デニムジャケットです。テーラードジャケットではちょっとカッチリし過ぎるかな…というシーンでデニムジャケットを羽織れば、親しみやすさがアップしたり、活動的でさわやかな印象がプラスされたりしますよね。

そんなアイテムを、こまめにお洗濯したいけれど、お洗濯すると型くずれしてしまいそうで怖かったり、ついほかの衣類といっしょに洗って色移りしてしまった、なんてことも……。型くずれを防ぎ、長くキレイに着続けるために知っておきたい、ちょっとしたお洗濯のコツがあります。

洗う前に洗濯表示を確認!

1. 洗濯表示をチェックしよう

洗う前に必ず取扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうかを確認しましょう。
※洗濯表示は2016年12月1日に改定されました。

新・洗濯表示に「洗濯おけ」や「手洗い」の記号がついている場合は、家庭で洗えます。従来の絵表示に「洗濯機」マークや「手洗い」マークがついている場合は、家庭で洗えます。
新・洗濯表示や従来の絵表示に「洗濯おけに×」が付いている場合は、家庭で洗えません。

洗濯表示に関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。
難しくない!新しい洗濯表示(洗濯マーク)を覚えて上手にお洗濯

要注意

衣類についているタグや、洗濯表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

 洗剤は、「おしゃれ着用洗剤(アクロン)」がおすすめです。また、防臭効果のある柔軟剤を使用すると、汗や食べ物のニオイの付着を防ぐだけでなく、肌触りもさらによくなります。

2. 目立つ汚れがあれば前処理をしましょう

ジャケットは袖口、エリなどが汚れがちです。汚れが気になる部分には、おしゃれ着用洗剤の原液をつけキャップの底で軽くたたいておくと、汚れが落ちやすくなります。

デニム素材は単独で洗うのが◯

3. 色移りすることがあるので洗濯機で洗う場合は単独で洗いましょう

デニム生地は濃色系のため、洗濯時にほかの衣類といっしょに洗うと色移りすることがあります。ほかの衣類とは別にして、単独で洗うようにしましょう。また、洗濯時の擦れなどによる傷みを防止するために、裏返して洗濯ネットに入れて洗いましょう。ボタンを外し、袖を前身頃の上に置き、内側に二つ折りにしてから洗濯ネットに入れましょう。

同様にデニム生地である「ジーンズ」の上手なお洗濯方法に関しては、こちらを参考にしてみてください。

 洗濯機では「手洗いコース」、または「ドライコース」でやさしく洗います。すすぎは2回、脱水は短時間で行うのがポイントです。

4. 手洗いの場合は、やさしく「押し洗い」で

手洗いする場合は、洗濯おけに水をはり、手洗い時の使用濃度のおしゃれ着用洗剤を溶かします。衣類が入る適当な洗濯おけがない場合は、洗面ボールもしくは、洗濯機の洗濯槽をおけがわりに使うのも良いでしょう。

その中にジャケットを裏返し、折り畳んで入れます。そして、やさしく両手で押しては持ち上げ、また押す「押し洗い」で洗います。軽く絞って水を取り替えてから、同様の操作で2回、すすぎを行います。

最後の脱水は洗濯機を使って、最短時間に設定して脱水します。

脱水後は形を整えて「陰干し」

5. 色あせを防ぐには「天日干し」ではなく「陰干し」

脱水後は、手のひらでたたくなどしてしわを伸ばし、形を整えます。

日光による色あせや変色を防ぐため、ボタンははずし、裏返したまま、厚みのあるハンガーにかけて日陰に干します。この時、ジャケットの肩幅に合った厚みのあるハンガーを選ぶことがポイントです。ハンガーがない場合はタオルを巻いて厚みを出しましょう。

なお、タンブラー乾燥は避けましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup