興味を活かした仕事についてほしい!子供が『好きなもの』に出会うために親ができること

興味を活かした仕事についてほしい!子供が『好きなもの』に出会うために親ができること

Bu facebook
Bu twitter
子供の興味開発

「子供の将来に望むことはなんですか?」と聞かれたら、どのように答えますか?最近は、「経済的・精神的にしっかり自立してほしい」「好きなことを見つけて一生懸命挑戦してほしい」という答えが多いそうです。好きなことで自立できれば、それは素晴らしいことですよね。

今回は、子供が一生を通して取り組める『好きなこと』を見つけるため、親ができることについて考えてみましょう。

時代の変化により『好きなこと』で『自立』してほしい親が急増!

その昔は、家業を継ぐのが当たり前。立派な跡継ぎを育てることが子育ての成功でした。それから時が流れ、職業を選択することが一般的になっても『一流大学を出て大企業に就職すること』が誰の目から見ても成功の証であり、それを目指して努力するよう子供を育てたものでした。

しかし今はどうでしょう。幼少期から本格的にスポーツに取り組み世界的に活躍するアスリートになった人や、学生時代からベンチャー企業を立ち上げる人、フリーランスで仕事もプライベートも満喫する人など、『成功』の定義はさまざまです。さらに、大企業に就職できても安泰とは言えない……という現実も目の当たりにすることも多く、『こうすれば幸せになれる』という確実な道が見つかりづらい時代です。

だからこそ現代の親は、子供に対して「心から打ち込める好きなことを見つけてほしい」、そして「その好きなことを活かして自立してほしい」と望んでいるようです。

では、子供が一生ものの『好きなこと』に出会うために親はどのようなサポートができるのでしょうか。

『好きなこと』を漠然と待つのではなく自分から見つけに行こう!

「子供が興味を持ったらなんでもやらせてあげたい」「興味を増やすようにさまざまな体験をさせている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、子供が興味を持つものがすぐに見つかるとは限りませんし、いろいろな体験をさせても子供の反応がいまいちだと、どうすればいいのかと困ってしまいます。 こんなとき、親がちょっとした工夫や努力をすれば、子供が興味を持って「これが好き」「もっとやりたい」とのめりこむ確率は高まるんです。そのポイントは、「すごい!」という驚きや感動をプラスすること。

例えば水族館に行ったとき、ただ漠然と「きれいだね」「いっぱいいるね」と言いながら見るだけではなく、「この魚はイソギンチャクに守ってもらってるんだよ」「この魚は3億個も卵を産むんだよ」など話をしてあげれば子供の記憶にもより深く残ります。ワークショップなどの体験も「楽しかった」で終わるのではなく、「この技術を使ったこんなお仕事があるんだよ」というところまで踏み込んで説明してあげれば興味も広がるでしょう。

驚きや感動を持ってたくさんの体験をすれば、一生続けられる好きなことを見つける機会がきっと訪れます。

自立できる子になるには幼児期の接し方がカギ!

好きなことを見つけられても、それに対してしっかり打ち込めるとは限りません。自分から好きなことへ積極的に打ち込むには、自立心を備えていることが大切です。子供の自立心を育てるためには、幼児期からの関わり方にポイントがあるといいます。

  • 子供のやりたいことが思う存分できるよう環境を整えてあげる
  • 知育玩具などで「できた!」という経験を重ね、自信をつけさせる
  • うまくできなかったときも努力を褒め、次のチャレンジへつなげる
  • 少し年上の子供と接する機会を持って「憧れの存在」を作る

など、過干渉にならないよう見守りながら、親の愛情をたっぷり注いで自信をつけさせてあげることが大切なんです。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。 甘えさせることが大切!『自立心』を育てるために赤ちゃん期からできること

子供が『好きなこと』を見つけてしっかり自立するためには、親の関わり方も大切です。「興味や能力を開発したいから……」と、お金をかけてさまざまな教室に通わせるのもいいですが、パパやママと一緒に楽しんだり驚いたりする体験は、子供たちの心に深く残るはず!大人も好奇心を忘れずに、何にでも興味を持つ姿を見せてあげましょう。

Photo/goodmoments/shutterstock 参照/ 東洋経済「能力ではなく『興味開発』こそ子育ての肝だ」

関連コラム

親の愛情不足?一人遊びが長い子供が心配になったら
お友達と会話できない?子供のコミュニケーション能力を伸ばすには
子供の学習に役立つ『NHK for School』を家庭で活用しよう!
励ましは逆効果?マイナス思考の子供をプラス思考に変えるの親の関わり方

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup