「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?

Bu facebook
Bu twitter

発達ナビライターのラム*カナさん、萌えエピソード満載の育児漫画を初出版!

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

http://amzn.asia/3DMPVDm

『カラフル男子牧場 -ADHD長男とお調子者次男の兄弟物語-』 ラム*カナ

発達ナビの人気ライターでもあり、アメーバブログのブロガーとしてもご活躍中のラム*カナさん。

ご自身初めての著書である『カラフル男子牧場‐ADHD長男とお調子者次男の兄弟物語‐』を出版されました。ADHDがある兄・キョウタくんと、世渡り上手でちょっとお調子者な弟・アイキくんの珍エピソード・萌えエピソード満載の育児漫画です!

今回発達ナビ編集部では、書籍の出版を記念してラム*カナさんにインタビューを実施しました。キョウタくんのADHDならではの特性が活きたエピソードを面白おかしく描いているラム*カナさんの、明るさや育児に対する前向きさの源泉に迫ります。

発達障害の子どもを育てるのは、「大変だけど面白い!」その思いを発信するために始めたブログ

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

http://ameblo.jp/hunny-723/

『アホ男子牧場‐ADHD長男とお調子者次男の兄弟物語‐』

編集部(以下、編):このたびは書籍出版おめでとうございます!いつも発達ナビでも楽しいコラムを書いていただき、ありがとうございます。今日はよろしくお願いします。

ラム*カナさん(以下、ラ):ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。

:ラム*カナさんはアメーバブログのブロガーとして現在も活躍されていますが、そもそもブログを始めたきっかけは何だったのでしょうか。

:もともと、発達障害どうこうじゃなくて息子たちの面白い行動を「Facebook」にあげて、身近な人に発信していたんです。男子のアホな行動ってどうしてもマイナスに取られがちですが、こうとらえると面白いよっていうかんじで。そうすると結構みんなが「面白かった」みたいな話をしてくれるのがうれしくて。

それをいつかブログにしたら、もっと多くの人に読んでもらえるかな?という思いをずっと持っていたんです。そしてブログを始めるとき、テーマのひとつとして息子のADHDについても触れることで、同じように発達障害の子どもがいる親御さんにも、より興味を持ってもらえるかもと思いました。

:ラム*カナさんも、ブログに助けられた時期があったんでしょうか。

:そうですね。私も「だれか仲間はいないかな」という気持ちでいろんなブログを漁って読んでいた時期があって、その結果救われたり、元気をもらっていたりした経験がありました。

私自身もそうだったんですが、「うちの子、障害があるのかも…」という、モヤモヤした期間が一番苦しいと思うんです。そんなモヤモヤを抱えた方々に、「大丈夫だよ」って伝える意味でも、読んでもらえたらなと思って自分でもブログを始めました。発達障害のことだけでなく、男子育児に苦労されてるお母さんも多いので、大変だけど、面白いよねっていうのを、イラストを交えて発信できたらなと。

「息子がADHDで、ラッキーだった」今はそう思える

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

https://h-navi.jp/column/article/830

「発達障害かもしれない」葛藤する気持ちの末、相談に至るまで

:今では楽しいコラムをたくさん書いてくださっているラム*カナさんですが、「モヤモヤ」していた時期はあったんですね。

:やっぱり「発達”障害”」っていう名称もあって、最初はすんなり受け入れられなかったですね。発達障害かもしれないっていうときは、「神様、どうかうちの子が発達障害じゃありませんように」って祈ったこともありました。

はじめての子どもだったこともありますが、あの頃の自分はちょっと迷走してたと思います。よく考えれば、別に大したことじゃなかったのに、発達障害という名称の重さがそうさせてたんだなって。

:なるほど…

:でも、息子の行動が激しくて不安な時期がありつつも、「周りのみんなと同じように成長してほしい」と思ったことはなかったですね。

:そうだったんですか。

:たとえば、幼児向け番組の、みんなで歌って踊るコーナーでも、何人かぼーっと後ろで立ってる子がいるじゃないですか。私はそっちの子を見て「いいねいいね!」って思うんですよね(笑)。その子たちなりの自分を出してる気がして。

もともと他の子と違うっていうのは強みだと考えていたし、もしADHDだとしても、この特性は特性のまま少数派で面白いんだし、いいんじゃないかなって思ってました。ただ、どうしても「発達障害」という名称の重さに気持ちを引きずられて、迷いが生じていたんだと思います。

:キョウタくんにADHDの診断が正式についた後、今のように特性を笑いに変えられるようになるまで、どれくらい時間がかかったんですか?

:うーん。モヤモヤしてたのは半年くらいだと思うんです。もともとは「アホ男子最高!」と思っているタイプだったので(笑)。乗り越えたというか、もともとの考え方を思い出したという感じです。

よく考えれば、息子がADHDって診断されてすごいラッキーだったなと。ADHDの子育てができることはそんなにないことですし、とてもラッキーだったなって思います。そして実際、純粋に面白いんで(笑)、それを伝えたくて記事にしています。

みんなと違うからこそ、面白い!ADHDの特性こそが、息子の魅力

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

:お話を聞いていると、ラム*カナさんは「みんなと違ってもいいじゃん!」という考えを、子育てをする前からお持ちだったように感じるのですが…

:私、極度のあまのじゃくで、みんなが良いって思っているものに反発する性質がありまして…コンビニでレジのところにちょっとしたお菓子が置いてあると、「ここでこれを買ったら、お店の人にしめしめって思われるだろうな…」って考えちゃって買えなかったり。あと、私は左利きなんですけど、左利きはみんなと違っていいな、直さないようにしようと思ったりとか。

小さい頃は背が高いことや、親に言われても性格が直らないことに悩んだりしたんですけど、大人になって「みんなと違うことは悪いことじゃない」って気づきました。芸人さんみたいに自分の欠点にもなりうる部分を前面に出して笑いにつなげるのと同じように、みんなと違うところはウリになる部分だと思うようになって。

だから、「みんなと違うところこそが面白みだな」っていう考えは子どもを産む前から自分のどこかにあったものだと思います。

:書籍の中で、「ペアレントトレーニング」についてのページがありましたが、お子さんの「好ましい行動」を書きだすところで「ほかにもたくさんあって書ききれない」という言葉があったことを思い出しました。

ラム*カナさんの「みんなと違うところこそ面白み」という考えが、こんなところにも表れているような気がして。

・元気にあいさつできる
・小さい子にやさしく接することができる
・弟の着替えを手伝ってくれる
・自分が役に立つことはないかと常にアンテナを張っている
・少し苦手な食べ物でも残さず食べられる
・自分で工夫して遊び道具を作る
・家族思い
(他にもたくさんあってここに書ききれない)

【「ペアレントトレーニングとは」より】

http://amzn.asia/5bbwEO9

:とある育児番組で、「子どものいいところを20個書いてください」というアンケートがあったんですけど、「えーーっと…」って唸っている親御さんがすごく多いのを見たんです。その様子をみて、「絶対に私は、子どものいいところをすぐ言えるママになろう!」って思ってました。

実際、自分の子どもはかわいいですし、いくらでもいいところは見つけられたから、書ききれなかったです。その時のペアトレの授業では、プリントをはみ出す勢いでバーッて書きました。

:ほかのお母さんに結構びっくりされたのでは?

:発表する時間があったんですけど、時間が足りなくなりました(笑)。「ああ、終わりですか!もっとありますけど!」みたいな。

ADHDの兄と、定型発達の弟。兄弟それぞれにイイっ!!

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

:ADHDのないアイキくんとキョウタくんを比べてしまうことってないんでしょうか?「もっとキョウタもこうできたらいいのに…」とか。

まったくないですね。

:ですよね。一応聞いてみたんですけど、多分ないだろうなって思ってました(笑)。

:もちろん違いがたくさんあるし、比較することはあります。キョウタができなかったことがすんなりできるアイキにはただただ感動するし、すっごーーいって思います。でも一方で、普通の体力を持ってる弟と、尋常じゃない体力を持ってるお兄ちゃんとでは、やっぱりキョウタの体力に感動するし。私すごく得してるなって思いますね。

:兄弟それぞれのいいところが、両方楽しめる。

:そうそう。

:アイキが生まれたばっかりの時は、キョウタも2歳になりたてで、「弟」という存在の意味が分からなかったみたいで。かわいがるでもなんでもなく無関心だったんです。

ところが、アイキがちょっと移動できるようになったとたん、自分のテリトリーに入ってこられたストレスで手を出すようになって。それからというもの、弟に対するコミュニケーションが、100パーセント暴力になってしまって…。

触られれば「やめて!」。話しかけられれば「うるさい!」など、嫌悪感ばかり表していました。なんでこんなに弟の存在を受け入れられないんだろうって悩みました。しかも周りの男の子兄弟をもつママに聞いても「うちはそんなじゃなかった」と言う人ばっかりで…。

:そんな頃があったんですね。今の仲良しなエピソードからは信じられないです…

:でもちょうどそのころ、発達障害専門のお医者さんに見てもらうことがあったんです。そのときに悩みを話したら、「そういうもんだよ」って言ってもらえて。「『仲良くしなさい』じゃ意味が分かんないから、もしなにかいいことができたときに、それを褒めればいい」とアドバイスされて、なるほど!と思ったんです。

それからは、ちょっとでも優しくすれば褒めてあげるようにしました。例えば、弟が欲しいオモチャを自分が欲しくなっちゃって、いじわるな気持ちで違うオモチャを貸したときに「こっちは貸してあげられたね」って言ったり。弟に「うるさい!」って怒鳴ったときは「手じゃなくて口で自分の気持ちを伝えてあげられたね」とか…。

:普通だったら褒めないようなことでも、褒めるようにしたんですね。

:当時は褒めポイントを下げないと本当に褒めるところがなかったので(笑)。それからは、そういう成功体験が積み重なり本人の心が成長したのもあって、2~3年かかってようやく仲良く遊べる時間も増えてきました。

:今のお話を聞いたあとにこれを読むと、本当にじんときますね。

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

:そうなんです!このころは本当に弟に優しくしたことなんてなかったような時期だったので、本当びっくりしました。しかも、嘔吐物をキャッチしてあげることになんの迷いもなく行動に出たことも感動しました。そのときの弟に必要なものを自分で考えて用意してくれたり…このときの行動は、夫より何倍も早かったです(笑)。

このくらいのときに、「あ、この子はちゃんと観察力があるんだ」って気づきました。自分のことだけで精いっぱいという感じで生きているとばかり思っていたけど、すごく周りをみているんだなって。

:喧嘩もするけど、本当にお互いに支えあっている感じがします。

:キョウタはひとり遊びもできるんですけど、アイキはお兄ちゃんがいないとおもちゃとかでは遊ばないんですよ。だからなんとなくアイキはお兄ちゃんに遊んでもらっているんだなあって思っていたんです。

でもある日、キョウタが国語の授業でやったノートを見たら、そこには「自分の好きなことはなんですか」という質問に、「おとうととあそぶことがいちばんすきです」って書いてあって、あっ、そうなんだ!と思いました。確かに、キョウタがいちばん羽を伸ばしているのは弟と遊んでいるときだなと思ってはいたんですが、その質問でいちばんにそれが出てくるとは思わなかった。

ひとり遊びもできるキョウタだけど、弟がいたらもっと楽しい。弟がいないと、何時に帰ってくるのかなってずっと気にしているお兄ちゃん…。お互いが思いあっているんだなあって感じました。

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

https://h-navi.jp/column/article/35025784

「あれ、僕は次なにするんだっけ」我が家のADHDなお兄ちゃんを救う、小さなお助けマンは…

無理強いはしない、でも誘ってみる。待っていれば子どもはいつか成長する

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

https://h-navi.jp/column/article/35025626

まるで苦行?ADHD息子と国語の宿題に取り組んでみると…

:「障害のある子どもの育児」というどうしても重くなりがちなテーマを、これだけ笑いにできるっていうのがラム*カナさんの漫画の素敵なところだと思います。そう考えられるようになるまでに、発達支援センターの方々にお世話になったと書いてありましたが…

:担当してくれた先生が、長男のいいところをたくさん見つけてくれる先生だったんです。支援センターに通っていたころは、その先生と会うたびにキョウタのいいところや面白いところの言いあい合戦になってました(笑)。

「こんなおかしなことがあって!」とか「これもすごく面白かったよね~」とか。考え方がすごく似ていたってこともあったんですけど、キョウタのいいところを見つけてもらえると、私のことも認めてもらえたような気がしてうれしかったですね。「ママもがんばってるよね」と言ってくださったのは非常に励みになりました。

:そういう方との出会いも、息子さんのいいところにたくさん気がつくきっかけになったんですね。

:子どもには悪いところ、良いところ両方がもちろんありますけど、悪いところをなくそうとするより、良いところを伸ばせば悪いところはおのずと減ると思うんです。そういうことを改めて感じさせてくれたのは発達支援センターの方だったり、専門のお医者さんだったと思います。

例えば…キョウタはオムツがはずれたあと、おもらしはほとんどなかったんですが、うんちだけはおむつでしたがってたんですよ。

あるとき専門の先生に相談してみたら、

「強制的にトイレでやらせるのは絶対ダメだけど、誘うことはしてください。トイレに誘うだけ誘って、まずは1秒でもいいから便座に座らせて、座れたことを褒めてください。そのあとオムツでうんちをしたらそのときはそれで良し。その次は3秒座らせ、次は5秒…としていけば、おのずと嫌がらずトイレでできるようになってきますよ。」

と言われたんです。実際にそうしてみたら、本当に半年くらいでトイレでうんちできるようになって。

そのとき、この方法はなんでも使えるなと思ったんです。無理はさせず、何かさせたいことがあったら誘うことから促して、ハードルを低いところから始めてあげればいい。今は小学校に行ってますけど、細かいことは置いといて、無事帰ってきたら合格!です(笑)。

:あの「寝る前のひとこと」のコラムのお話ですよね。大好きです!泣けます。

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

https://h-navi.jp/column/article/35025723

「今日も無事に帰宅してくれた」その安堵を伝えたときに、思わず泣けた息子の言葉

::今は苦手なことでも、無理して克服させるわけではなく、本人がやりたくなるのを待つ、ということなんでしょうか?

:そうですね。もし字を書くのが嫌いで、やりたくなかったら今はいいと思っています。やりたくなったらその時期に頑張ればいい。

それでも前に比べたら文字はスムーズに書けるようになってるし、嫌がる度合いも減ってきたので、無理にやらせなくても変わっていくかな、待てばいいかなと思っています。1年生だしまだまだこれからだから、今はまだ焦ることはないかなと。

逆に掛け算や割り算は大好きなので、本当はそろばんなどの習い事をやってみたらいいのではと思ったりするんですが、今は弟と遊ぶことがなにより楽しいみたいなので、本人が数に関する習い事をしたいと言ったときがそのときなのかなと思っています。

「ウチの子ADHDでさ~」そんな会話が自然に生まれる雰囲気をつくりたい!

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

https://h-navi.jp/column/article/35025928

ADHD息子、神がかった記憶力の悪さに思わずズコーッ!発表会の当日に…

:これからふたりの息子さんにはどのように成長していってほしいと思っていますか?

:これは私が子育てするうえでの一番のコンセプトなんですけど、自分のことを好きな子になってほしいですね。勉強ができなくても、運動ができなくても、なにか特別得意なことがなくても…自分のことが好きであれば、「楽しさ」が根底にできるし、楽しく生活してもらうことが母としては一番うれしいです。

:この本を通して伝えたいメッセージなどがありましたら教えてください!

:書籍のあとがきにも書いたんですけど、気軽に「ウチの子ADHDでさ~」と言えるようになればいいなと思っていて。

:ほんと、そんな世の中にしたいですよね。

:私は今も、発達障害のことが明るい印象で伝わればいいなあという気持ちを込めて、発達障害になじみのない人にも「ウチの子ADHDなんだ~」ってさらっと言うようにしているんです。そういう会話をすると、「意外と深刻じゃないんだ…」と受け取ってもらえるかなあ、と。

あとこう話してみると、「実はうちの子も療育通っているんだ」という話にも発展することもあります。療育に通っていることを隠したいという人もいると思いますし、その気持ちすごく分かります。なので、いつか「ウチの子左利きなんだ~」「へ~そうなんだ~」という会話と同じように発達障害の話ができるように、私からだけでもそういう雰囲気を作れればと思っています。

キョウタが大きくなったら、療育に通っていたことを「ぼく、こんなところに通ってたんだ」と思うときがくるかもしれない。もし、「どうしてここに通っていたの?」と聞かれたときは、「キョウタが発達障害だからだよ」「ADHDだからだよ」ではなくて「良いところを伸ばすために通っていたんだよ」って言おうと思っています。

療育に通っている子たちもみんな、「障害を治すため」ではなくて、「その子のいいところが伸びるように」通っているということ。「障害」という言葉の重さを受け入れられない時期もあるかもしれないけど、療育に通うまでの敷居はそんなに高くないんだよ、ということも少しずつ発信できたらと思っています。

発達障害かどうかまだわからない……そんな状況のときに「グレーゾーン」と呼ぶことがあります。実際私も使っていた言葉ですが、ある日ふと思いました。

障害がなければ白なの?あると黒?どっちとも言えなければ灰色?
いやいやそうじゃない。そうじゃない。
子どもは色んな色を持っていて、とてもカラフル。
黒か白じゃない。黒と白の間に広がるキレイな色を、それぞれが持っている。
みんなが違っていいし、設定する合格点だってそれぞれでいい。
どんな色もキレイ!

【「あとがき」より】

http://amzn.asia/5bbwEO9

:最後に、読者の方々にメッセージをお願いします!

:本を読んで、クスッと笑ってくれる時間がちょっとでもあったらとてもうれしいです!ご自身やお子さんが「発達障害かも…」とモヤモヤしている人たちに前向きになってほしいなどということはおこがましくて言えませんが、読んでくださった方々が少しでもクスッとしていただけたら、それが最高にありがたいです。

でも実際は、ブログの読者の方からは「ブログを読んで前向きになれた!」という声をすっごくいただけまして…いやもうほんとありがたいです。「モヤモヤしているときにこのブログに出会えたことに感謝!」などのメッセージをいただけたりとか。ブログを書いてくれることに対してありがとうとか、出版おめでとうじゃなくて「出版ありがとう」とか。

そういう声をいただけることは素直にものすごくうれしくて、私のほうこそ「ありがとうございます!」って思います。ありがとうございます!!

:これからも色んな人にラムカナさんの漫画が届いて、元気が出たり、発達障害に対する考え方が以前より前向きになったりする人が少しでも増えればいいなと、本当に思います。

本日は素敵なお話をありがとうございました!

:ありがとうございました!

http://ameblo.jp/hunny-723/

『アホ男子牧場‐ADHD長男とお調子者次男の兄弟物語‐』

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

http://amzn.asia/3DMPVDm

『カラフル男子牧場 -ADHD長男とお調子者次男の兄弟物語-』 ラム*カナ

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup